ページの先頭です

いよいよ、その日。

 

キリン午後の紅茶を午前中には絶対飲まないYamaです。

 

唐突この上ないイントロで恐縮ですが、

昨夜、優駿5月号の編集作業を終えたばかりで少し脱力気味なので、お許しを。

 

さて、明日4月17日は優駿特別編集「ウオッカ写真集&DVD」の発売日です。

すでに広告やターフィー通販クラブのウェブサイト等でご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、

簡単ながら中身をちょっとだけご紹介します。 

 

blog-vodka-外箱.jpg

これがパッケージ(外箱)です。

自画自賛になりますが、かっこいいですよね?

 

blog-daiwa scarlet-写真集.jpgblog-vodka-写真集.jpg

写真集の表紙。ダイワスカーレット(左)の表紙と雰囲気を似せてみました。

気になる中身ですが、仔馬時代から引退決定後のドバイでのオフショットまで、

あなたが知らないウオッカの素顔が盛りだくさんで、ファン垂涎の一冊となっています。

 

 

  blog-③Vodka_dvd_lavel.jpg 

DVDレーベル。本編は91分です。

 

 

blog-vodka-DVDケース.jpg

DVDケース。

写真は2008年天皇賞・秋の返し馬。

躍動感というか勢いがあります。

 

以上、駆け足で...。 

残念ながら、ここでは写真集の中ページまではお見せできませんが、

週末、全国のJRA競馬場、ウインズのターフィーショップ、PRコーナー、

Gate J.などにお出かけ予定の皆さん、ぜひ一度お手にとってみてください。

 

初回特典として、先着3000名様にはウオッカ・ネックストラップボールペンを差し上げています。

インターネット通販だけでも結構な数のご予約をいただきましたので、

ボールペンも欲しいという方は、お早めにどうぞ!

ウオッカ・ネックストラップボールペン①blog.jpg

このボールペン、ウオッカの勝負服をモチーフにしたデザインですからかなり目立ちます。

「ウオッカ写真集&DVD」の宣伝部長を自称する私は、

毎日、このボールペン(ただし試作品)を首から提げて仕事をしているのですが、

編集部に出入りする人たちから「それどうしたんですか?」なんて尋ねられことしばしば。

競馬場での使い勝手もよく、ライブ観戦派の皆さんにもぜひ入手していただきたい逸品です。

気が付いたらボールペンのPRに熱くなっていました。本末転倒ですね。 

 

さあ明後日は皐月賞。

当日の中山競馬場は好天に恵まれそうです。

ぜひ皆さんお誘いあわせの上、GⅠレースの興奮をご堪能ください。

幸運をお祈りいたします。

 

では、また。 

【Yama】

すべてのウオッカファンに贈ります

優駿特別編集「ウオッカのすべて」が、3月27日(土)から発売となります。

 

http://shop.prc.jp/yushun/index2.php

上記サイトで事前予約も受け付けており、

すでにたくさんのご予約をいただいているようです。

 

ウオッカ別冊.jpg

表紙は、故・今井壽惠さんの作品を使わせていただきました。

このカット、今年のJRA賞授賞式で初披露された、たいへん貴重なもの。

ウオッカの表情が非常に愛らしいですね。

ちなみに裏表紙には、Photostudの代表作のひとつであるダービー制覇時の作品を掲載しております。

 

気になる中身ですが、ウオッカの牧場時代の写真はもちろん、

出走した全26レースの写真、成績表、回顧文をまとめて掲載。

勝利したGⅠレースはページを多めに割いており、 『優駿』カメラマン撮影の厳選ベストショットを大きく使用しています。

も、もちろん、レース以外のイメージカットなどもありますよ。

もう、ウオッカファンには"マストアイテム"と断言しちゃいます。

売り切れないうちに、お早めにどうぞ。

 

なお、この本は書店では販売いたしませんので、上記ターフィー通販クラブもしくは、

全国のJRA競馬場、ウインズのターフィーショップ、PRコーナーでお買い求めください。

※ひとつ、裏情報も...。

例の"シリーズモノ"も発売されるという噂が......。

えっ、それじゃ、分からない?

週末には判明すると思いますし、来週にはこのブログでTBTあたりが紹介すると思われます。

ちなみに、その他のウオッカグッズも、続々と販売される予定だと聞いていますので、お楽しみに。

ターフィーショップのURL(マメに覗いてみてください)

http://shop.prc.jp/index.php

 

[気になる話題]

ウオッカは、3月15日の6時頃にアイルランドのダブリン港に着き、

8時半頃にキルデア近郊のギルタウンスタッドに到着(全て現地時間)。

イギリス・ニューマーケットを出発してから15時間以上の長時間輸送でしたが、

輸送中も飼葉を食べ、水も飲み、健康な状態で牧場に到着しているとのことです。

無事に到着したので、まずはひと安心ですね。
 
レイチェルアレクサンドラがアップルブロッサムHを回避、ゼニヤッタとの対決は(当面)ナシになってしまいました。

春のアメリカ競馬のハイライトと言われていましたので、非常に残念です。

秋のブリーダーズCクラシック(今年はチャーチルダウンズで開催)で対決が見られるのか...。

・いよいよドバイワールドCが近づいてきました。

ライフイズスウィートの故障・引退は残念でしたが、ジオポンティなどアメリカからも強豪が参戦。

レッドディザイアにとって壁はさらに高くなりますが、前哨戦からさらに前進が見込めれば...楽しみですね。

ブエナビスタローレルゲレイログロリアスノアの走りにも、当然、期待!

・はじめて、某ライターさんからダジャレのメールがきました。

(おそらく)来週、このブログで紹介したいと思っています。

【Kon】

『優駿』3月号は明日発売

お待たせしました。

『優駿』3月号は、明日発売です。

 

今月号は、Asaがこのブログでも紹介しておりますとおり、

「決定! 大接戦のGⅠ ベスト100」がメイン特集となっております。

DVDに、その全100レースのゴール前映像が収録されていますので、ぜひ自宅でご堪能ください。

 

担当ページからいつくか紹介しますと...

・「ウオッカ 3度目のドバイへ」

→すでにドバイ入りし調整を続けているウオッカ

メイダンの馬場で追い切りをしたというニュースも入ってきましたね。

今回は管理する角居勝彦調教師に話をうかがいながら、3度目のドバイ挑戦についてまとめています。

3月4日の前哨戦を前に、ぜひご一読いただきたいと思います。

 

・ノンフィクション「カンパニーを産んだ、2頭の"礎"」

→8歳にして初めてGⅠ勝利を収めたカンパニー。

一種の"奇跡"によってこの馬が誕生したわけですが、それは決して偶然ではなく、

近藤英子オーナーの競馬に対する思いと、ある調教師の存在によってもたらされたものでした。 

そのあたりの"ドラマ"についてまとめています。

こちらも、かなりオススメの内容となっています。

 

[今月のダジャレ]

熟考に熟考を重ねましたが、今月のダジャレ・オブ・ザ・マンスは該当ナシとさせていただきます。

求む、熱きダジャレ!

【Kon】

まだ極秘のプロジェクト

今日は、1月25日に発売される『優駿』2月号の、校了作業をしています。

毎月ご好評いただいております「今月のオススメ企画!」は、来週水曜の当ブログで。

しばしお待ちください。

 

たまには、このブログならではの、極秘に進行している"裏ネタ"をご紹介しましょう。

※ここで見た内容は、まだ口外してはいけませんよ

 

『優駿』に掲載されたカットを中心に、毎月数点、写真を額装して販売する計画があります。

その名も「優駿フォトコレクション」。

"優駿カメラマン"が撮影したハイクオリティな写真を自宅に飾りたい、というご要望は、

これまでも編集部にたくさん寄せられていました。

今回、満を持して実現に至ったというわけです。

 

初回は、1月23日から「ターフィー通販クラブ」で受注が開始される予定です(あくまでも予定ですからね)。

本来は2月号の掲載カットを中心に、となるところですが、

初回ですから特別に、1月号&2月号の2号分から計10点、一挙に販売しちゃいます(くどいですが予定ですよ)。

そう、1月号といえば、ウオッカが勝利したジャパンCのカットが......。

 

パソコンからは↓

http://shop.prc.jp/

携帯からは↓

http://shop.prc.jp/mob

1月23日(土)、上記サイト(ターフィー通販クラブ)は要チェック!

もちろん、『優駿』2月号でも詳細をお伝えする予定です。

【Kon】 

来たれ、道場へ!

 

BLOGichimaru.jpg

                                    パソコン競馬ライターの市丸博司さん。

                         編集部のHigeに瓜二つ。

 

 

どうも。金曜ブログ担当のYamaです。

いきなり市丸さんのドデカ写真から入ったのには、理由があります。

今日は、市丸さんが公式ブログを担当されている「IPAT馬券道場」をご紹介するからなのです。

 

ご存じない方のために簡単に説明しますと、

「IPAT馬券道場」とは、JRAの年間13開催で昇段を続け、名人位を目指していただくコンテスト。

実際にIPAT方式で馬券を購入していただき、その払戻金額が条件を満たすと昇段が決まります。

初段、2段......と昇段を続け、1年の全13開催のうち10回クリアすると、
 
栄えある名人位の獲得となるわけですが、
 
たとえ名人位まで達することができなくても、
 
まずは初段賞として「ファイテン」のブレスがもらえるほか、昇段ごとに特典もあり、
 
1年を通じて楽しめるはず。
 
 
BlogHP賞品.jpg
 
 
 
皆さんご参加いただいていますか。
 
まずは即PATあるいはA-PATへの登録が必要ですが、
 
詳しくはこちらから。
 
 
 
市丸さんのブログはこちらから。
 
 
ぜひ、この機会にチャレンジを!
【Yama】 
 
 
 

ページ上部へ