ページの先頭です

2人の"裕二"さん

先週は春のGⅠに向けて注目の前哨戦が行われましたが、

いずれも人気馬が敗れる波乱の結果となりました。

まず土曜日に阪神競馬場で行われたチューリップ賞

昨年の最優秀2歳牝馬のジョワドヴィーヴルが出走し、

単勝オッズ1.3倍という圧倒的な支持を受けながらも、

直線で弾けず、3着に終わりました。

また土曜日の中山競馬場ではオーシャンSが行われ、

昨年の最優秀短距離馬カレンチャンが登場したものの、

こちらも直線で伸びを欠き4着に敗退。

さらに日曜日に中山競馬場で行われた弥生賞では

2戦2勝のアダムスピークが出走してきましたが、

見せ場も作れず8着に敗れてしまいました。

先週は馬場コンディションにも恵まれなかったので

一概に敗因を言い切れませんが、この結果を受けて、

特に3歳牝馬路線はジョワドヴィーヴル断然ムードから一転、

どの馬にもチャンスがある印象になってきました。

この春は一体どんなドラマが見られるのでしょうか。


さて先週は5人の新人騎手がデビューを果たし、

さっそく中井裕二騎手がデビュー2戦目で初勝利をあげました。

中井騎手はデビュー戦になるはずの土曜・中京1レースでは出走取消でしたが、

そのアクシデントにもめげず、3着、1着となり、

日曜日も2着に入るなどしっかり成績を残しました。

今後もその手腕には注目したいところですね。

また他の新人騎手も焦ることなく一戦一戦大事に騎乗して

関係者やファンからの信頼を掴んで欲しいと思います。

なお5人の表情や詳しいプロフィールが知りたい方は

優駿』4月号に掲載されますNews & Topics騎手名鑑をご覧下さい。

ちなみに今年の新人騎手には"裕二"さんがお2人いますので、

声援を送ったり横断幕を作る際はお気を付け下さい。


【Maria】

 

『優駿』4月号 本日発売。


『優駿』4月号は、予定通り本日より発売を開始いたします。
なお、交通事情等により一部地域では発売およびお届けが遅れる場合がございます。
何卒ご理解下さいますよう、お願い申し上げます。

<本誌特集>
桜花賞&皐月賞直前企画
3歳最高峰開幕の二大決戦をまるごと大特集
極上クラシックを味わい尽くせ!
2011年クラシックロードの流れを追う
夢舞台を目指す優駿たち、それぞれの物語
種牡馬ディープインパクトを分析する!
特別アンケート 2011春のクラシック「よげんの書」
クラシック史に刻まれた珠玉の激闘集 

[その他特集・連載]
発売直前 WIN5買い方ガイド
特別対談 池江泰郎×池江泰寿
生誕50年記念企画 語り継がれる馬シンザン
杉本清の競馬談義 福永祐一騎手
2011年JRA全騎手・調教師名鑑
優駿激闘譜 ダイワスカーレット
名馬図鑑 ウオッカ
 

<YUSHUN DVD COLLECTION>
ディープインパクト産駒の全勝利レース(~2月末)
優駿激闘譜 ダイワスカーレット
2月の重賞プレイバック(2月の全重賞をノーカット収録) 
 ほか

*詳細は、http://www.prcenter.jp/yushun/detail_yusyun.htmlをご覧ください。

 

ゆうしゅんPOGページの更新スケジュール

年末年始の優駿オフィシャルウェブサイト、

ゆうしゅんPOGページの更新スケジュールをお知らせいたします。

 

年内の最終更新:12月24日(金)

年初の更新:1月7日(金)

 

年初の更新で2010年の中間結果を掲載いたします。

最新号の発売日=大物取材

明日25日(木)は『優駿』12月号発売日です。

メイン特集は、今年で30周年をむかえるジャパンCについて。
過去に活躍した日本馬をはじめ、強豪外国馬、そして来日した外国人騎手なども紹介しています。
もちろん、今年の有力馬も取りあげていますので、ぜひ、発売日に購入していただき、
ワクワク感満点で週末をおむかえください!


ということで明日は、12月号の発売日なわけですが、
すでに次号用の企画が進んでおり、某"大物"の方のインタビュー取材が入っています。

[ヒント]
・かなり旬(注意:小栗旬氏ではない)
・ものすごい実績
・ジェントルマン
・『優駿』12月号で詳報している、あるレースの"主役"だった


さぁ、誰でしょう?
12月号をご覧いただければわかると思います(たぶん)。

答&取材の模様は、いずれこのブログで紹介しましょう。
若干、緊張していますが、それ以上に楽しみです。

【Kon】


好例の(?)恒例

先月、軽くお休み宣言をして様子をうかがいましたが、「世間が許さない」(?)ということで、

発売日直前の水曜恒例、「優駿の最新号をチラ見!」をいってみたいと思います。

 

メイン特集は「第142回天皇賞・秋」の直前情報です。

ドリームジャーニーロジユニヴァースら、何頭かの有力馬が回避してしまったのは残念ですが、

2000㍍のレースは、世界的に見ても、最も好メンバーが集まる舞台です。

必ずや、我々を熱くしてくれるレースが繰り広げられるでしょう。

ということで、レースの前に『優駿』をご覧いただき、ワクワク感を増幅させてください。

 

続いては、「第89回凱旋門賞詳報」。

ご存知の通り、日本のナカヤマフェスタが惜しくも2着に敗れました。

本文にもありますが、さらに次のステージへとつなげていただき、

来年以降、最高にHOTな結果をもたらしてくれることを願っています。

もちろん、3歳クラシックホースであるヴィクトワールピサの挑戦も、ナイストライでした。

計14ページにわたり詳報していますので、読み応えありますよ。

 

 

ということで、これまた恒例の、担当ページからいくつか。

 

表紙

優駿2010.11表紙.jpg 

「うん、ナカヤマ、いい感じだぞ」

「伸びてる!」

「おっ、先頭に立つか!!」

「マジで勝っちゃうぞ!!!」

「えっ、なんだ、内の馬は......」

「差せーーーーー!!!!」

「うわーーーー」

「..................うーん............惜しかった.........」

という、あの日、あの瞬間の"思い"がよみがえるカット、というのをコンセプトに作りました。

表紙はタテ長にできる写真、という縛りがあり、レース写真は難しい面もありますが、いかがでしょう?

よく見ると、後ろで大声をあげている観客が見えますが、彼がレースの熱さを表現してくれています。

 

2010ブリーダーズC直前情報

→このブログでも何度か紹介しましたが、エスポワールシチーレッドディザイアがアメリカ・ブリーダーズCに参戦予定です。

日本馬のこと、そのライバル馬たちのこと、今年の見所、さらにブリーダーズCの歴史なども載せています。

現地時間の11月5日にレッドディザイアのフィリー&メアターフが、

同6日にエスポワールシチーのクラシックが行われます。

ぜひこの特集を読んでいただき、レースを楽しみにしていてください。

なお、このブログで、現地からリポートをお届けする予定です(詳細は後日)。

 

ダジャレの教室

→担当外ですが、(これまた恒例の)今月のダジャレ・オブ・ザ・マンスは......

松フォワ賞

なんか、和のテイストと仏の華やかさが、別次元で融合しているような、していないような、

アンバランスなんだけど、ギリギリの線で綱渡りをしているような、やっぱり落ちかけているような、

そんな不思議な感覚に陥る作品です。

雲の峰 いくつ崩れて 巴里の山

「山」は「いただき」と読みかえてください。

おそまつ。 

【Kon】

ページ上部へ