ページの先頭です

『優駿』3月号本日発売!

 お待たせしました! 『優駿』3月号は本日発売!

「未来に語り継ぎたい名馬BEST100」の結果発表です!

優駿3月号表紙.jpg

 

 今月から付録としてオリジナル写真集がつきます!

「未来に語り継ぎたい名馬BEST100」でトップ10に選ばれた馬の写真集!

 第一弾は、栄えある第1位に輝いたディープインパクトです!

3月号ディープ写真集.jpg

 

 と、興奮のあまりいつもとは違う書き出しになったTBTです。

 !ばかりになってしまいました。

 

 その「未来に語り継ぎたい名馬BEST100」。

 順位についてはここであれこれ書くよりも、とにかく誌面で楽しんでいただきたいと思います。

 投票していただいた方もそうでない方も、競馬ファンならだれもが楽しめること請け合い。

 まさに[永久保存版]です。

 

 さて、先週までゲストの名前をもったいぶって隠していた「杉本清の競馬談議」は、

 特別編として池江泰郎元調教師と池江泰寿調教師が親子で登場します。

 池江泰郎元調教師は1位のディープインパクトを、

 池江泰寿調教師は2位のオルフェーヴルを管理。

 それぞれ、自身が管理した馬について思い出を語ってもらいました。

 杉本清さんもおっしゃっていたのですが、

 池江泰郎元調教師はディープインパクトのすばらしさを語り出すと、表情がほろっと変わるんです。

 特別な馬だったんだなということが、話しぶりからもうかがい知れました。

 名馬の側にいた当事者だからこそ伝えられることは少なくありません。

 こちらの鼎談もどうぞお楽しみください。

 

 【TBT】

あと1日!

『優駿』3月号の発売がいよいよ明日となりました。

 

発売前_優駿3月号.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 特集はファン投票企画「未来に語り継ぎたい名馬BEST100」の結果発表ですので、

こちらの内容は明日までお待ちください。

また3月号より付録が変わり、

「未来に語り継ぎたい名馬BEST100」で上位に入った馬の写真集になります。

3月号は第1位に輝いたあの馬の写真集。

編集部に見本誌が届いたのですが、

付録とは思えないほどクオリティの高いものです。

どうぞお楽しみに。


さて、私Mariaの担当ページから見どころのご紹介は連載から。

続・ファンにやさしい馬学講座」では毛色について取り上げてきましたが、

いよいよ白毛の話題です。

実は私自身、今回取材するまで知らなかったのですが、

白毛と芦毛は見た目は似ているものの、

遺伝子面では全く異なるというお話です。

最近、白毛の3歳牝馬ブチコが活躍しており、

なにかと注目されやすい白毛について、ぜひチェックしてください。

なお、ブチコの厩舎陣営のお話については

連載「トレセン・リポート」で取り上げています。

厩舎スタッフはブチコの見た目の美しさを保つため、

"あるもの"を他の馬よりも多く使っているそうです。

"あるもの"とは一体何でしょうか。

3月号でご確認ください。


最後にお知らせです。

『優駿』3月号の特集「未来に語り継ぎたい名馬BEST100」が

グリーンチャンネルにて番組タイトルもそのままで放送されます。

初回放送
3月4日(水)21:00~22:00

再放送
3月4日(水)25:30~26:30
3月5日(木)19:00~20:00
3月6日(金)16:00~17:00
3月11日(水)25:30~26:30
3月12日(木)26:00~27:00
3月18日(水)15:30~16:30
3月25日(水)20:00~21:00
3月26日(木)18:00~19:00

出演者
カンニング竹山、島田明宏、白川次郎、鈴木淑子、高橋源一郎
土屋伸之(ナイツ)、原良馬、松岡俊道、宮川一朗太
 (五十音順)


『優駿』3月号を手にしながら、

こちらもぜひご覧になってください。

 未来に語り継ぎたい名馬BEST100.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 【Maria】

 

あと2日で解禁

どうも。

先週のYamaのブログを踏まえて、

私的「未来に語り継ぎたい世界の名猫BEST100」

を考えようとしたものの、真っ先に脳内に浮かんだのが

「柴犬」

だったJigorouです。

動物違いだし、さらにこれでは「BEST100」ではなくて

「古今東西ゲーム 世界の犬種といえば?」なので、二重に間違っています。

ちなみに、家の近所に住んでいるネコは、いつもシャーシャー言って威嚇するので、なかなかフレンドリーになれません。品種は分かりません。ペルシャ猫じゃないのは確かです。

 

話を変えます。

唐突ですが、2月25日(水)は『優駿』3月号の発売日です。

先日来お伝えしているように、今月号は

「未来に語り継ぎたい名馬BEST100」の結果発表号。

ここでランキングのフライング発表!・・・・とはいかないのでごめんなさい。

ぜひ本誌を見ていただいて、皆さん一人一人が思い描いたランキングと比べてどうなのかを味わっていただければと思います。

 

年度代表馬から未勝利馬まで。

中央所属馬も地方所属馬も。

戦前の馬も現役の馬も。

サラブレッドもアラブ系もばんえい馬も。

皆さんが語り継ぎたいと思う馬たちの名前を本当に多く頂戴いたしました。

果たしてどんなランキングとなったのか。あと2日お待ちください。

では、この辺で。

 

【Jigorou】

 

☆お知らせ☆

『優駿』の発売まであと2日あります。

ここでもう1回、前回(2010年)のランキングをチェックしてはいかがでしょうか。

こちらのサイトで前回のBEST100を映像と写真で振り返れます。

ツインターボ(85位)の動画はいつ見ても衝撃的なので、お仕事や学業に疲れたらどうぞ(笑)。

今週はフェブラリーSです。

 

2月22日はフェブラリーSや東京マラソンの開催日であり、

「猫の日」でもあることは先週のブログで触れましたが、

実は「忍者の日」でもあることをAsaから教わったYamaです。

 

ニンニンニンということですね。

この日は全国各地で忍者イベントが催されますし、

戦隊モノの新シリーズ「手裏剣戦隊ニンニンジャー」の放送開始日でもあります。

 

競馬の世界にもずばりニンジャという馬がいますが、

忍者の日に出走予定がないのは残念です。

 

ちなみに、2月22日の東京競馬では、新馬戦にネコパンチの妹ネコハッピーが登場予定。

猫の日ということで、ぜひ注目しましょう!

 

さて、本題に移りまして、

『優駿』3月号の発売日が近づいてまいりました。

ずいぶんと小俣資してしまいましたが、

いよいよ「未来に語り継ぎたい名馬BEST100」の投票結果発表です。

何となくの順位を予想してからページをめくっていただければ、

より楽しめると思いますので、もう少しだけお待ちください。

 

それに先立ち、

私的「未来に語り継ぎたい世界の名馬BEST100」を選んでみようと思い立ち、

昼休みにリスト作りを始めてみましたが、

20頭前後で時間切れ。

フランケルやラムタラ、サンデーサイレンス、セクレタリアトは外せないなと思いつつ、

もし皆さんにご投票いただいたら、どの馬が1位になるのか見当がつきません。

いつか企画として実現させてみたいものの、

マニアックすぎて投票数が集まらないでしょうか(苦笑)。

 

しつこいようですが、

「未来に語り継ぎたい名馬BEST100」の発表をお楽しみに!

発売まで、あと6日。

結果を眺めながら競馬仲間との飲み会なんかで肴にしていただければ嬉しいです。

 

その前に、今週末はGⅠのフェブラリーSが行われます。

コパノリッキーの連覇なるか焦点となっていますが、

個人的にはワイドバッハの追い込みに注目しています。

 

では、また。

【Yama】

あと1週間お待ちください!

 本日の東京は冷たい雨。どうせ降るなら雪がいいと思っているTBTです。
 いや、交通機関が乱れたり、いろいろ大変なのは困りますね。
 去年は雪のために東京競馬の開催中止が相次ぎました。
 今年は順調に開催されてなによりです。
 

 さて『優駿』3月号の発売まであと1週間となりました。
 いつもであれば担当ページや特集内容を先取りで紹介、となるわけですが、
 今月は事情が違います。
 なぜなら、大特集が「未来に語り継ぎたい名馬BEST100」の結果発表だから です。
 新たに付録となる写真集も、新連載も、連載「杉本清の競馬談義」も、
 「未来に語り継ぎたい名馬BEST100」に関連したものなので、
 その詳細を明かすことはまだできません。
 1位はどの馬なのか、みなさんが投票した馬は何位に入っているのか、
 すべては『優駿』3月号の発売、2月25日(水)までお待ちください。

 と、もったいつけてほぼ何のお知らせにもなっていないので、
 特集とは関係ない新連載からひとつご紹介します。
 3月号から、血統にまつわるモノクロ連載がスタートします。
 タイトルは「たぶん役立つ 血統仮説」。
 "解説"ではありません、"仮説"です。
 だから正しいかどうかはわかりません。
 だから役立つかどうかもわかりません。
 でも、"たぶん"役立つのではないかと思います。
 たとえ役立たなくても、血統をベースにして予想することの楽しさを伝えていければと思っています。
 初回のテーマは、日本のトップサイヤーとなったあの種牡馬。
 最後までもったいつけてすみません。


 【TBT】
 

ページ上部へ