ページの先頭です

GⅠ並みの盛り上がりでした!

先週日曜日、大阪杯の取材で阪神競馬場まで行ってきました。

阪神競馬場.JPG 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天気は良かったものの風が強くて寒い一日でしたが、

昨年のクラシックを賑わせた

キズナエピファネイアメイショウマンボの3頭が顔を揃えたことで、

大勢のお客様が詰め掛けていました。

特にキズナとエピファネイアは昨年の日本ダービーで熱戦を演じて以来の対戦。

またキズナにとっては国内で走るのもその時以来となり、

パドックに登場した時には、前のレースも見ずに待ち構えていたファンの方々が

一斉にシャッターを切っていました。

なお、キズナの当日の馬体重は498キロ

前走・フランスでは計量がないので比較できませんが、

日本ダービー時と比べると20キロも増えていたことになり、

ずいぶん成長していることが数字からも分かりました。

 

キズナ_パドック.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レース前のファンファーレも陸上自衛隊による生演奏で、

お客様による手拍子もGⅠ時のよう。

まさにGⅠの雰囲気のまま、今年の大阪杯は行われました。

結果はもうご存知の通り、最後方からレースを進めたキズナが、

余裕の手応えで差し切り優勝しました。

大阪杯_レース.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キズナ_レース後.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レース後、武豊騎手、佐々木晶三調教師ともに

今後に向けての手応えを感じとっていた様子でした。 


武豊騎手.jpg  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

佐々木晶三調教師.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キズナは次走、天皇賞・春に向かうようですが、

今年は阪神大賞典で復活したゴールドシップ

日経賞を快勝したウインバリアシオンなども出走を予定しており、

例年以上に楽しみな天皇賞・春になりそうです。

キズナ_引き馬.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【Maria】

 

ドバイから帰ってきました。

 ドバイから日本に帰ってきて、桜が咲いていることに驚いたTBTです。

 季節の移り変わりは早いですね。

 ドバイの気候は3月くらいまでは比較的過ごしやすく、

 わたしが滞在していた期間も日中でも外を歩けましたし、

 競馬が始まる時間帯は、熱さを感じることなく快適に過ごせました。

 毎年ドバイに来ている方に聞くと、今年は例年よりも涼しかったということです。

 

 さて、ジャスタウェイとジェンティルドンナの勝利に沸いた今年のドバイワールドCデー。

 詳報は次の5月号でお伝えします。

 DVDにはレース映像も収録予定なのでお楽しみに。


 
 明日は、ジェンティルドンナの関係者に取材。

 というわけで、慌ただしく退散させていただきます。

 

~おまけ~

 世界一高い超高層ビル「ブルジュ・ハリファ」。
 メイダン競馬場からも見えました。
 お決まりですので、近くまで行って撮影してきました。

 
ブルジュハリファ.JPG 

  

【TBT】

編集部員のGⅠリポート② タフな1日編

春のGⅠシリーズの開幕を告げる高松宮記念が終了しました。

 

昨日はあいにく悪天候で、競馬場にいらっしゃったお客さんの数がかなり少なかったんですが、

レース自体、そしてレース後の競馬場はかなり熱かったです。

優駿公式ツイッターで当日も呟きましたが、勝ったコパノリチャードは本当に強かった!

鞍上のミルコ・デムーロ騎手も好騎乗だったと思います。

 

ということで、高松宮記念のページ担当である私Konが、

当ブログ恒例となりました「編集部員のGⅠリポート」をいってみたいと思います。

 

 

14宮桜.JPG

 

 

 

中京競馬場の桜は、良い感じの"咲きはじめ"でしたが、雨に濡れて心なしかショボンとしているように見えました。 

 

14宮屋台.JPG 

 

 

 

 

ピザ、やきそば、からあげなど、美味しそうな屋台があったんですが、時間帯によってはご覧のような強い雨が降っていて......。スタッフにとっては災難でした。

 

 

 

 

14宮ベストホース大賞.JPG

こちらは、ペガサススタンド横の広場にある、「中京競馬場60周年記念 思い出のベストホース大賞」に選出されたサイレンススズカをモチーフとしたモニュメント。昨年11月30日に完成披露式が行われたばかりなので、初めて生で見ました。

  

14宮ペガスター.JPG

 

 

 

 

 

ぺっ、ぺっ、ぺぺぺのぺ

 

ペガスターだペガ~。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

14宮ペガスター説明.JPG 

 

   

 

もし、もしですよ。

ペガスターってなんだ?

という人がいるとまずいので、プロフィールを撮影しておきました。

ぜひ覚えておいてくださいペガ~。

 

 

 

 

14宮記念ターフィー神社.JPG 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらはターフィー神社から。

左下にあるサインは、「ドアラ」でしょうか?

アルファベットを読むと、「ドアラ」ですよね?

サインがあるとは知らなかった......。

 

 

 

 

 

14宮パドック.JPG 

 

 

14宮レイ掛ける.JPGパドック。

このころには雨は上がってました。

ホッとしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レースは終了して、コパノリチャードが優勝のレイをかけられているところ。

重賞馬からGⅠ馬になったわけで、馬の持つ雰囲気も重厚な感じに変わっていました(ホントか!?)。

 

 

 

14宮口取り.JPG  

 

口取り写真って、皆さんが晴れやかな表情をしているのがいいですよね。

 

 

 

 

 

 

 

14宮オーナー調教師騎手.JPG

 

右から、オーナーのDr.コパさん、ミルコ・デムーロ騎手、宮徹調教師。 

ちなみに、今年のJRAGⅠを勝っているオーナーは、Dr.コパさんしかいません! 

オーナーの囲み会見もありましたが、最も印象に残った言葉は、

風水、効くな!

でした。 

 

 

 

 

 

 

 

14宮表彰式.JPG

 

 

高松宮記念は、グローバルスプリントチャレンジの構成レースです。残念ながら外国からの参戦はありませんでしたが、コパノリチャードが遠征をする可能性はあるのでしょうか??? 

 

 

 

 

 

 

 

ということで、駆け足で中京競馬場の様子を振り返ってみました。

最後に感想を述べるとすれば、GⅠレースは「晴・良」でやってほしいな、と。

ダートコースは水が浮いて、芝もかなりグチャグチャでしたからね。

しかも、かなり風が強かったので、馬はもちろん、関係者もたいへんだったと思います。

本当にお疲れ様でした。

 

ファンの皆様にとっても、馬場が悪すぎて、予想するのもたいへんだったでしょうから、なかなかタフな1日でしたよね。

ただ、コパノリチャードが直線で見せてくれた力強い走りは、それらを忘れさせてくれる、素晴らしいものだったと思います。

今週末の大阪杯にはキズナエピファネイアメイショウマンボが登場。

そして来週末はクラシック第一弾の桜花賞で、ハープスターレッドリヴェールなどが出走予定です。

 

春競馬、真っ盛り!

ますます盛り上がっていきましょう!

 

※先週金曜に予告(?)した、記念イヤーを迎える面白い「物」「人」「ネタ」ですが、

金曜ブログでご紹介することになりました。

金曜ブログまで「あと4日」。

【Kon】

日本の競馬は土曜日のレースがすべて終わり、
これからは明日30日(日)に向けて検討を開始といったところでしょうか。
ドバイワールドCデー当日を迎えたドバイでは、
地元有力紙の「GULF NEWS」がドバイワールドCデーの展望を伝えています。
日本馬が出走する各レースは何が有力とされているのか、その紙面を紹介していきましょう。

枠順などはこちらからご確認ください。
ゴドルフィンマイル
ドバイデューティフリー
ドバイシーマクラシック
ドバイワールドC


まず第2レース、17:10(日本時間 22:10)発走予定のゴドルフィンマイル
大きく写真が掲載されているのは、地元チーム・ゴドルフィンのシュルクです。

Mile.JPG


ほかに有力馬としてあげられているのは、南アフリカのソフトフォーリングレイン
同じく南アフリカのヴァラエイティクラブなど。
出走馬、短評と★の数で評価されているのですが、
★5つはシュルクのみで、ソフトフォーリングレイン、ヴァラエイティクラブほか6頭が★4つで続いています。
日本のブライトラインは★2つ。
強敵相手にどこまでやれるかという評価になっています。


続いて第7レースのドバイデューティフリー
発走予定時刻は20:39(日本時間 25:39)です。

トップで紹介されているのは、イギリスのザフューグ
そしてジャスタウェイも★5つで高い評価を受けています。

Duty Free.JPG

JUST A WAY GULF.JPG

イギリスのダンクも★5つの評価。
南アフリカのウェルキンゲトリクスと、フランスのムシャウィッシュが★4つで続いています。
トウケイヘイローは★2つ、ロゴタイプは★3つです。
ともに、中山記念でジャスタウェイに負けているのがどうかといった評価。
ジャスタウェイを一番手にあげている記者もおり、期待はふくらみます。

TIPS.JPG



第8レースのドバイシーマクラシックマジシャンがトップ記事。
こちらは21:17(日本時間 26:17)発走予定です。

Sheema Classic.JPG

マジシャンは出走馬中唯一の★5つ評価。
これにジェンティルドンナと、フランスのシリュスデゼーグルが続いています。
ジェンティルドンナは枠順がどうかも、有力馬1頭という短評。
大外に入ったシリュスデゼーグルも、唯一の懸念材料は枠順という短評が書かれているのですが、
外枠は不利とされているのでしょうか。

ともあれ、石坂正調教師のコメントも掲載されており、ジェンティルドンナに対する注目度は高いです。
(ちなみに、デューティフリーのページにも石坂調教師のジェンティルドンナに関するコメントが掲載されていました。間違ってしまったのでしょうか)
もう1頭の日本馬デニムアンドルビーは★3つの評価となっています。


メインの第9レース、ドバイワールドCはさすがに扱いが大きいです。
22:05(日本時間 27:05)発走予定のこちらのレースは、
地元UEAのプリンスビショップがトップの扱いです。

WorldCup.JPG

ただ、★の数ではイギリスのルーラーオブザワールドのみが★5つで、
プリンスビショップは★4つとなっています。
日本馬はホッコータルマエが★4つ、ベルシャザールが★2つでした。


ドバイワールドCデー。
開幕までもうすぐです。

【TBT】







ドバイリポート~2日目~

ドバイ滞在2日目を迎えたTBTです。
今日も昨日とほぼ同じ時間にメイダン競馬場に到着しました。
到着したときはまだ暗かったのですが、次第に空が白みはじめ、
今日はきれいな日の出を競馬場で見ることができました。

0328夜明け.JPG

さて、本番を明日に控えた最終調整日、日本馬は8頭すべてが馬場入りしました。
順を追って紹介していきましょう。

まず、日本馬のなかでは最初に馬場入りしたベルシャザール(前)とウケイヘイロー

0328ベルシャザール_トウケイヘイロー.JPG

昨日に引き続き2頭ほぼ同時刻に馬場入りし、
タペタコースを周回したあとは、ゲート裏でスクーリング。
それが終わると2頭そろって厩舎地区に帰っていきました。
松田国英調教師の話では、ベルシャザールは筋肉にハリが出て目つきもよく、
ちょうどいい調整ができたということでした。

ここからは一気にいきます。
それぞれ、出走するレースによって調教ゼッケンの色が分かれていることにご注目。
ワールドCは白地に赤文字、シーマクラシックは緑地に白文字、
デューティフリーは黄色に黒文字、ゴドルフィンマイルは青地に白文字です。

まず、シーマクラシックに出走のデニムアンドルビー

0328デニムアンドルビー.JPG


ワールドCに出走のホッコータルマエ

0328ホッコータルマエ.JPG


デューティフリーに出走のジャスタウェイ(前)と、
ゴドルフィンマイルに出走のブライトライン

0328ジャスタウェイ_ブライトライン.JPG

そして、デューティフリーに出走のロゴタイプ

0328ロゴタイプ.JPG


ジェンティルドンナは、ただ1頭芝コースに入りました。
あまりはっきり写っていないですけど、こちらがその様子です。

0328ジェンティルドンナ.JPG

「落ち着きがあって覇気がある。去年よりいいと感じている」
とは石坂正調教師の弁。期待しましょう。


こちらは囲み取材に応じる福永祐一騎手です。
レースではジャスタウェイとブライトラインに騎乗します。

0328福永騎手.JPG

ジャスタウェイは本日ゲート入りの練習をしていました。
こちらがその様子。

0328ジャスタウェイ_ゲート.JPG

このことについて質問がおよぶと、ゲートの中で人に慣れる練習をしていたとか。
今回、ゲートボーイをジャスタウェイにつける予定とのこと。
ゲートボーイとは、ゲート入りした馬を落ち着かせるために付き添う人のことです。


ここまで日本馬の話題ばかりでしたので、最後に今日の調教風景で気になった外国勢をご紹介します。

0328オブライエン.JPG

左回りのメイダン競馬場を、隊列を組んで右回りに進むこの集団。
アイルランドのA.オブライエン厩舎の6頭です。
ひとつの厩舎から6頭もの出走馬を送ること自体がすごいですし、
独特の調整方法も興味深いところ。
ちなみに、先頭を務めていたのは、ワールドCに出走するルーラーオブザワールドでした。


ドバイワールドCデーはいよいよ明日。
日本馬にご声援を!

【TBT】










ページ上部へ