ページの先頭です

優駿POG対象馬の新規馬名決定

「優駿POGグランプリ2019-2020」対象馬で競走馬登録された馬をお知らせいたします。

014番モシーンの17(ディープインパクト)⇒モーソンピーク(美浦・国枝栄厩舎)

217番カレイメモワールの17(ゴールドシップ)⇒シュルシャガナ(栗東・石坂公一厩舎)

お悔やみ申し上げます

『優駿』3月号が一昨日、発売となりましたので、

今日は担当ページやらのご紹介をしようと考えていましたが...。

たいへんショッキングなニュースが飛び込んできましたので、そのあたりは来週以降にさせていただきます。

 

 

27日午前、後藤浩輝騎手が茨城県内の自宅で亡くなっているのが見つかったそうです。

まだ40歳......。

 

これまで2度、「後藤騎手ロングインタビュー」のページを担当しました。

ジョッキーとしてはもちろん、ひとりの人間としても、

とにかく「前を向いて」「将来を見据えて」、いろいろなことにチャレンジする方でした。

「将来の自分にプラスになることなら、たとえいまがたいへんになっても、やっておきたいんです」

そんな言葉が印象に残っています。

原因等が分かっていませんので不用意なことは言えませんが、

早すぎる死、ただただ残念というほかありません。

 

心よりお悔やみ申し上げます。

 

4746.JPG

【Kon】

謹賀新年

馬羊.jpg

あけましておめでとうございます

 

旧年中はひとかたならぬご愛顧を賜り、誠にありがとうございました

本年も引き続き『優駿』をご愛読いただきますよう、何卒お願い申し上げます

 

                                                                           『優駿』編集部

いざ、ドバイへ!

消費税アップを前にビールやらワインを買いだめしたつもりだったのに、

気がつくとみるみるなくなっていって、

けっきょく消費量がアップしただけになりそうなTBTです。

 

そんなわたしも、今日からお酒の飲めない地へ(外国人はその限りではないのですけど...)。

今夜、ドバイへ旅立ちます。

 

今年は8頭の日本馬がドバイに遠征。

昨日発売『優駿』4月号には、

「2014ドバイワールドCデー 観戦ガイド」が載っていますので、

ぜひ手に取ってご覧ください。

『優駿』の価格は3月31日までは700円4月1日以降は720円

ドバイワールドCデーは29日ですから、

その前にお求めいただければ700円です。

  

201404COVER.jpg

 

さて、その「観戦ガイド」の誌面は3月13日時点の情報で作成しました。

レースが近づくにつれて出走予定馬に動きがありましたので、

目立ったところをこの場でお伝えします。

 

ジャスタウェイ、ロゴタイプ、トウケイヘイローが出走予定のドバイデューティフリーは、

南アフリカのウェルキンゲトリクス、フランスのムシャウィッシュ

日本馬のライバルとして誌面で取り上げています。

そこに、さらに超強力なライバルとして、イギリスのザフューグが加わりました。

ザフューグは昨年、英オークス(芝12ハロン)と愛チャンピオンS(芝10ハロン)を制したあと、

ブリーダーズCターフ(芝12ハロン)、香港ヴァーズ(芝2400メートル)で連続2着。

これまでのレース選択から、距離2410メートルのシーマクラシックの有力馬として誌面で扱いました。

ドバイワールドCにも登録があり、そちらの有力馬の一頭にも数えられていましたが、

最終的にドバイデューティフリーにまわってきました。

距離短縮がどうでるかですが、強敵であることに違いありません。

 

13香港ザフューグ.JPG

 

昨年の香港ヴァーズ出走時の
ザフューグです。
1番人気でしたが、地元香港馬
ドミナントの2着に敗れました。

 

 

 

 

 

 

ザフューグが抜けたドバイシーマクラシックは、

同じくドバイワールドCにも登録があったマジシャンが出走。

アイルランドのA.オブライエン厩舎が送り出す昨年の愛2000ギニー馬で、

昨年のブリーダーズCターフでは、ザフューグを破って勝利しています。

そのブリーダーズCターフで騎乗していたのが、

今回、ジャパンCに引き続いてジェンティルドンナに騎乗するR.ムーア騎手

ライバルを知っている鞍上というのは頼もしいです。

 

ホッコータルマエベルシャザールが出走するドバイワールドCには、

誌面でも簡単に触れたルーラーオブザワールドがエントリーしてきました。

こちらもA.オブライエン厩舎の管理馬で、昨年、3戦無敗で英ダービー馬となりました。

日本のファンにはニエル賞でキズナと競り合った馬としてなじみがありますね。

 

13凱旋門ルーラーオブザワールド.JPG

 

昨年の凱旋門賞出走時の
ルーラーオブザワールド。

結果は7着で、4着のキズナからも
約6馬身離されました。

 

 

 

 

 

 

ブライトラインが出走するゴドルフィンマイルはすでに出馬表が確定

そのほかのレースも、本日の夜(日本時間21時過ぎ)には決まるはずです。

 

いずれのレースも好メンバーで、熱い戦いが期待できそうです。

『優駿』4月号を片手にドバイからの朗報をお待ちください。

わたしも現地からこのブログ、ツイッター(@YUSHUN_Magazine)でリポートする予定です。

普段は更新のない土日にもブログをアップする(かもしれない)ので、どうぞお楽しみに。

なお、レースの模様はグリーンチャンネルでノースクランブル放送(無料放送)されます。


【TBT】

『優駿手帳 2014』

有馬記念のファン投票最終結果も発表となり、いよいよ2013年の競馬も佳境に差し掛かってきました。今年も1カ月を切りましたね。

『優駿』編集部も現在、1月号の制作に向けて「最後の直線」といったところ。

まさにラストスパートです。

  

さて、年の瀬になりますと書店や文房具店で来年の手帳が並びますが、

『優駿手帳 2014』(1,000円・税込)も、全国のJRA競馬場、ターフィーショップ、Gate J.などで発売中です。

  

※インターネットでの申込は、こちらから

http://shop.prc.jp/index.php?pg=detail&ct=g3cal&cd=05113&cm=&offset=
 

最大の特長は、ワイドサイズの「週間スケジュール」。競馬の成績も書き込めるし、

日記としても使用できます。

 

14優駿手帳.jpgのサムネール画像のサムネール画像

↑PRCロングセラー商品『優駿手帳2014』

 IMG_0169.JPG

↑ワイドな「週間スケジュール」

 

 

取り外し可能な「開催日割カード」も、コンパクトサイズで使いやすさ抜群。

会社の机に挟んでおけば、仕事の合間に週末の競馬の予定が立てられます。便利でしょ~。

 

P1100330.JPGのサムネール画像

↑取り外し可能な「日割カード」


P1100331.JPG

↑ビニールカバーなので表紙は着せ替えが可能です。

写真やイラストをカバーと手帳の間にさしこめばオリジナル表紙のできあがり。

あなたの好きな馬を表紙にしてみては?(写真は例です)。

 

 

競馬場巡りにも、この手帳は最適! 全国のJRA競馬場の地図やアクセス方法も記載しています。

手帳だから、旅の邪魔にもなりません。

IMG_0174.JPG

↑旅行にも便利 全国競馬場のアクセス方法を網羅

 

 

 

現役騎手や調教師、GⅠ勝ち馬など資料面も充実しており、

競馬場や居酒屋で「古今東西ダービー馬」など、ちょっとしたゲームができますよ。

 

IMG_0176.JPG

↑GⅠ勝ち馬、騎手、調教師などなど データも充実  

   

 

『優駿手帳』に来年の競馬の思い出を綴ってみてはいかがでしょうか。

【Jigoro】

ページ上部へ