ページの先頭です

『優駿』10月号のご紹介と「ベストレース」投票のお願い

昨夜は中秋の名月

皆さんがお住いの地域では月は見えましたでしょうか?

私・Jigorouも夜空を見上げてみましたが、

少し雲に隠れながらも大きな月が幻想的に浮かんでいて大変きれいでした。

見逃した方は、本日が「スーパームーン」なる月が大きく見える日だそうですので、

お時間があればぜひ。

 

余談ですが、

アポロ11号に乗り込んだアームストロング船長とオルドリン月着陸船操縦士が、

人類で初めてに降り立ったのは1969年7月20日のこと。

そしてこの日、中央競馬で行われた重賞・CBC賞で優勝したのはアトラス

ギリシャ神話で天空を支えているとされる巨人神と同じ名の馬でした。

以上、なんとなく天体につながりがあるようなないようなお話でした。

 

さて、前ふりが長すぎたので、一気にサイドチェンジ。

表紙のゴールドシップがネットで話題(ありがとうございます)となっている

『優駿』10月号の担当ページをご紹介させていただきます。

YUSHUN_Cover201510-1.jpg

まずはメイン企画の

[秋のGIシリーズ開幕直前特集]

関係者が語る 主役たちの真実

から。

秋のGⅠ戦線で主役となるであろう馬たちの関係者にお話をうかがってきました。

私が取材に同行したのは、

キズナ(佐々木晶三調教師)

ラブリーデイ(池江泰寿調教師)

ホッコータルマエ(西浦勝一調教師)

コパノリッキー(Dr.コパこと小林祥晃オーナー)

の4件。

指揮官が分析するラブリーデイ成長の理由と今後の展望とは?

G(Jpn)Ⅰ・10勝の大記録に挑むホッコータルマエが記録の先に見据えるものとは?

骨折から復帰するコパノリッキーはライバル・ホッコータルマエにどう立ち向かうのか?

残念ながらキズナは引退となってしまいましたが、他の馬たちは順調のようです。

こちらを読んでいただければ、秋のGⅠ戦線をさらに深く楽しめるはずです。


お次はこちら。

[特別企画]

 日本競馬史を彩った白き優駿たち

芦毛の名馬列伝

日本競馬で活躍した芦毛馬の中から10頭をピックアップ、「列伝」として紹介してみました。

どの馬をとりあげるか随分と悩みました。

ラインナップはこちら。

 

タマモクロス、オグリキャップ、ウィナーズサークル、

メジロマックイーン、ビワハヤヒデ、セイウンスカイ、

クロフネ、ヒシミラクル、アドマイヤコジーン、カレンチャン

 

「なんでこの馬が入っていないんだ」

というファンのみなさまからのお叱りの声に少々びくびくしておりますが、何卒ご容赦ください。

とはいえ、取り上げた10頭はいずれも劣らぬ名馬ばかり。

じっくり味わっていただけると嬉しいです。

ちなみに、芦毛馬は一般的に年齢を経るにつれ白くなっていきます。

今回は各馬のデビュー近辺の写真も掲載しましたので、

色の変化があったのかどうかも皆さんの目でご確認ください。

 

そして、「名馬」といえば、みなさんにお願いがございます。

『優駿』では現在、

「未来に語り継ぎたい名馬BEST100」に選ばれた名馬100頭の

「ベストレース」の投票を受付けています。

『優駿』3月号で発表した「未来に語り継ぎたい名馬 BEST100」。

 2015年度の年間キャンペーンとして取り上げてきましたが、

オーラス12月号で名馬100頭の「ベストレース」を皆様の投票により決定します!

100頭の名馬それぞれの「ベストレース」を選んでご投票ください。

下部のバナーをクリックすると、投票サイトへ移動します。

20150925バナー20150915名馬100ベストレース.jpg

1頭分からご投票いただけます。100頭分すべてご投票いただく必要はございません。

もちろん、100頭分のコンプリート投票も歓迎です。

 

なお、投票方法にはウェブとはがきの2種類があります。

詳細は、投票サイトもしくは下記の画像をご覧ください。

Yus1510_P001_Boshu_print-1240.jpgのサムネール画像

  
締め切りは10月15日(木)。

皆さんの投票をお待ちしております。

 

それでは、今回はこのへんで。

【Jigorou】

ページ上部へ