ページの先頭です

あの馬たちのレアな牧場ショットが......

 

「百聞は一見にしかず」には続きがあることを今日知ったYamaです。

 

百聞は一見にしかず。
百見は一考にしかず。
百考は一行にしかず。
百行は一果にしかず。

 

聞くこと<見ること
見ること<考えること
考えること<行動すること
ただ行動すること<成果を得ること

 

といった意味合いでしょうかね。勉強になりました。

 

といえば、『優駿』8月号の特集は「未来に語り継ぎたい名馬を訪ねて」です。

3月号の特集「未来に語り継ぎたい名馬BEST100」で

ランクインした名馬たちの競走馬引退後をリポートしています(一部を除く)。

 

元気にしている馬たちについては「探訪」し、

亡くなった馬たちについては「追想」というスタイルで、

牧場でのワンシーンをお届けしていますので、興味のある方はぜひお手に取ってみてください。

 

参考までに、この特集でYamaが「いいな!」と思った写真ベスト10を発表します(あくまでも個人の好みです)。

 

 1位 ダイワスカーレット母娘の微笑ましいツーショット(20ページ) 
 2位 チラつく雪とオグリキャップ(43ページ)
 3位 草を食むオルフェーヴル(14~15ページ)
 4位 アイルランドの青い空とウオッカ(18~19ページ)
 5位 かわいい瞳が印象的なハイセイコー(53ページ)
 6位 うたた寝をするオグリキャップ(44~45ページ)
 7位 放牧中のナリタブライアン(48ページ)
 8位 遠くを見つめるトウカイテイオー(50ページ)
 9位 雪の中を駆けるタニノチカラ(61ページ)
10位 砂浴びをするミスターシービー(54ページ)

 

この他にも、クリフジ、シンザン、トウメイ、ハイセイコーといった

往年の名馬たちのレアな牧場ショットも必見!

 

名馬たちの牧場での様子をながめているだけでも楽しい『優駿』8月号は、

いよいよ明後日の発売です。

どうぞお楽しみに!

web用COVER_201508.jpg 

では、また。

【Yama】

ページ上部へ