ページの先頭です

今日は『優駿』4月号の発売日です!

 アルビアーノと聞いて、編集部の近くにある焼肉屋を連想したTBTです。

 ためしに「あるびあーの」とひらがなで検索してみてください。

 そんなこんなで先週末は焼肉を食べようと街に繰り出したもののどこも満杯。

 けっきょく韓国料理屋に行きましたが、そこには焼肉らしきメニューはありませんでした。

 

 焼肉はさておき今日は『優駿』4月号の発売日です!

 特集は今週末に迫ったドバイワールドCデーと、

 先週、前哨戦も行われたオーストラリアのザチャンピオンシップスの直前情報。

 そして、クラシックの開幕戦、桜花賞&皐月賞プレビューです。

  『優駿』表紙2015年4月号.jpgのサムネール画像のサムネール画像

 

 直近に迫ったドバイについてはJRAのサイトなどでも日本馬の状況が伝えられており、

 各馬順調に調整が進められているようです。

 編集部からはJigorouが今夜ドバイへと旅立ちます。

 現地からのリポートも、本誌と合わせてお楽しみください。

 

 さて、先週も書きましたように、わたしは桜花賞&皐月賞プレビューを担当しました。

 その先週のブログで注目しているとお伝えした

 アダムスブリッジ、ポルトドートウィユ、ブラックバゴは優先出走権獲得ならず。

 アダムスブリッジは皐月賞有力馬紹介のなかで、

 ポルトドートウィユ、ブラックバゴは、

 市丸博司さん、須田鷹雄さん、津田照之さんによる、

 「徹底討論 3人の論客がクラシック戦線を斬る!」

 のなかで注目馬としてあげている馬なのですが......。

 

 若葉Sで皐月賞の優先出走権を得たのは、

 1勝馬のレッドソロモンワンダーアツレッタの2頭。

 スプリングSでは、キタサンブラックリアルスティールダノンプラチナ

 の3頭が皐月賞への切符を手にしました。

 このうち、重賞勝ちのあるリアルスティール、ダノンプラチナについては誌面で取り上げていますが、

 レッドソロモン、ワンダーアツレッタ、キタサンブラックはカバーしきれていません。
 
 早い時点で注目されていた馬が脱落することもあれば、

 突如として新たなスター候補が現れる。

 これぞ混戦クラシックの醍醐味!

 ということで、刻々と変化する状況とあわせながら誌面を楽しんでいただけばと思います。


 今週は毎日杯もありますし、牡馬戦線は皐月賞の出走権争いも含めてまだ混沌としています。

 毎日杯にはアッシュゴールドなどが出走予定。

 ここで名乗りを上げるのはどの馬なのか目が離せません。

 

 一方、牝馬の争いは、

 ルージュバックを抜けた存在と見ることもできますが、

 2月のクイーンC優勝馬キャットコインも3戦3勝。

 そして、フィリーズレビューを勝ったクイーンズリングも、

 フラワーCを勝ったアルビアーノも無傷の3連勝です。

 阪神ジュベナイルフィリーズ勝ち馬のショウナンアデラが戦線を離脱したこともあいまって、

 こちらも勢力図が変わってきているように思います。


 
 そんななかで『優駿』4月号ではルージュバックにスポットをあて、

 管理する大竹正博調教師、ここまで3戦の手綱をとった戸崎圭太騎手に取材しています。 

 タイトルはズバリ「ルージュバックの強さに迫る」

 陣営はどんな手応えを感じているのか、必読です。


 
 付録は、「未来に語り継ぎたい名馬BEST100」第2位の

 オルフェーヴルの写真集

  オルフェーヴル写真集.jpg

 

 本日発売の『優駿』4月号、どうぞお手に取ってください。

  【TBT】



 ~お知らせ~

 「未来に語り継ぎたい名馬BEST100」に選ばれた馬たちの、

 代表的なレース映像や写真が楽しめるサイトがオープンしました。

 こちらからどうぞ。

  yushun2015banner.jpg
 

ページ上部へ