ページの先頭です

『優駿』4月号の発売日まであと1日、ディープインパクトの誕生日までもあと1日

先週はGⅠに向けて大事なステップレースが東西で行われました。

日曜日、中山のスプリングSキタサンブラック

阪神の阪神大賞典ゴールドシップ

土曜日、中山のフラワーCアルビアーノが勝ちました。

それぞれこの後は目標のGⅠレースに向かうと思いますが、

桜花賞路線では、このアルビアーノが無傷の3戦3勝ですが、

ルージュバックキャットコインクイーンズリングの3頭も

同じく重賞勝ちを含む3戦3勝。

他にも重賞2勝をマークしているココロノアイもいますので、

2歳女王のショウナンアデラの戦線離脱は残念ですが、

ハイレベルな戦いになりそうです。

『優駿』4月号では、桜花賞出走予定馬の顔触れや、ステップレース考察、

過去、五強で争われた桜花賞の読み物など、

内容が充実していますので、どうぞお楽しみに。

 

『優駿』表紙2015年4月号.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また先週は、オーストラリアのGⅠに日本馬3頭が出走し、

リアルインパクトジョージライダーS優勝

トーセンスターダムランヴェットS2着に入りました。

それぞれこの後に目標となるGⅠ・ドンカスターマイル

クイーンエリザベスSを控えていますが、

今回の遠征で、まずは好スタートを切ったと言えるのではないでしょうか。

ただ読者のみなさんにとって、オーストラリア競馬はあまりなじみがないかと思います。

ドンカスターマイルとクイーンエリザベスSはどんなレースなのか、

相手関係、勝算などについても『優駿』4月号でフォローしていますので、

しっかりチェックしてください。

『優駿』4月号は明日発売。

3月号「未来に語り継ぎたい名馬BEST100」で

堂々の1位に輝いたディープインパクト、13歳の誕生日も明日になります。


【Maria】

ページ上部へ