ページの先頭です

取材ネタからクイズです

 3月11日が特別な日となり4年が経ちました。

 昨年の菊花賞馬トーホウジャッカルが生まれてちょうど4年。

 今日ではないですが、ヴィクトワールピサがドバイワールドCを勝ってから4年。

 オルフェーヴルの三冠達成から4年。

 いろいろな4年がありますが、

 とにもかくにも競馬が続いていることを嬉しく思うTBTです。

 

 さて、先週のブログで京都へ取材に行ったと書きましたが、

 4月号(3月25日発売)の「杉本清の競馬談議」の収録でした。

 ゲストは2月末をもって調教師を定年引退した白井寿昭元調教師

 2月28日(土)に最後の出走馬を送ってから3日後ということで、

 まだ調教師を引退したという実感はないというなかでの取材でした。

 話題の中心は、やはり管理したGⅠ馬について。

 レースでの思い出だけではなく、その馬を見つけ出してきたところまで話は遡りました。

 血統にこだわりをもつ白井元調教師は、

 昔の馬でもその馬の血統的バックボーンをすらすらと語ります。

 60年代から70年代にかけて活躍したネヴァービートから、

 自らは3頭の産駒をGⅠ馬に育て上げたサンデーサイレンス、

 外国産馬アグネスデジタルの血統まで話は尽きません。

 ちなみに、いま注目しているのは、

 ハービンジャーとサンデーサイレンスのニックス(血統的相性の良さ)だそうです。

  もちろん血統の話ではありません。

 調教師人生を振り返るなかでいろいろな話題が出てきました。

 そんなかから突然ですがクイズです。


 白井元調教師の重賞初制覇となった80年小倉記念、

 優勝馬の鞍上はだれだったでしょうか?

 

 調べればすぐにわかると思いますが、ちょっとだけでも考えてみてください。

 ヒント、現在調教師。

 騎手としてはGⅠを勝っていませんが、調教師としては多くのGⅠ勝ちがあります。

 そしてこの方も来年、定年引退となります。

 あらためて話を聞いて、わたしは不思議な感じがしました。

 答えは3月25日発売の4月号に載っています。

 

  【TBT】

 

 ~おまけの付録コーナー~

 二度言いっぽいコーナーが本日もやってまいりました。

 わたしが「未来に語り継ぎたい名付録」は、

 「小学○年生」などに付いていた日光写真です。

 あまりうまくいった記憶はないんですけど、なんか好きでした。いまでもあるんでしょうか。

 
 あと、買ってはいないのですが、

 結婚情報誌の付録に「婚姻届」(実際に使える)ってすごいですよね。

 たぶん語り継がれるはずです。

 『優駿』に実際に使えるマークカードを付けても...。あ、足りてますか。

 ならば、券売機に入れてみるまで買い目がわからない『優駿』特製おみくじマークカードとか。

 あ、おみくじ馬券を買いますか。

 

 

ページ上部へ