ページの先頭です

編集部員のGⅠリポート21 夢が広がる2歳戦編

ということで、すっかり恒例となりました「GⅠデーの競馬場リポート」をいってみましょう。

今回は、朝日杯フューチュリティSが行われた阪神競馬場の様子です。

いつものように、写真中心でお届けします。

 ※急ぐのにはそれなりにワケがありますので、そこは目を瞑ってください。

 

 

Tenshi.jpg

 

 

 

 

 

阪神競馬場に着いて、イベント広場の方に行ってみると、なんとそこに天使が!

天使爛漫天使でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

TurfyShippo.jpg

 

 

 

もうすぐクリスマスということで、場内はクリスマスムードが漂っていました。ターフィーもサンタさんルック。

竹野内豊さんのCMで観たような尻尾だったので思わず撮っちゃいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Santa.jpg

 

 

ちなみに。

阪神第12レース、クリスマスキャロル賞の表彰式。

サンタさんがいっぱいいました!

 

 

 

 

 

 

KakeiSan.jpg

 

 

 

 

こちらは、お昼に行われていたイベントです。モニターに映っているのは筧利夫さんです(わかりますか?)。

もっと近くで撮れって言われそうですが、筧さんと飛行機がなんか美しかったもので......。

 

 

 

 

 

 

 

 

AshGold.jpg

 

 

 さて、朝日杯フューチュリティS。パドックでかなり注目されていたアッシュゴールドは、残念ながら8着でした。終始、チャカチャカしていましたし、来年に向け、さらなる気性の成長を期待したいと思います。

 

 

 

Danon.jpg 

 

 

 

 

 

勝ったのは1番人気のダノンプラチナ。先週に続いて、「ディープインパクト産駒」「関東馬」「蛯名正義騎手」によるGⅠ制覇でした。

それにしてもディープインパクト産駒は京都・阪神のマイル戦に強いですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

TokeiDai.jpg 

 

 

 

 

 

最後になりましたが、阪神競馬場の某所にある時計は、『優駿』の広告が付いています。

なんか、阪神の、この時計あたりの雰囲気が好きなんですよね~。

「優駿愛」ってやつでしょうか(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

ということで、Bダッシュ(by スーパーマリオ)でお届けしましたが、

2歳GⅠというのは良いですね。

クラシックへ向けて、楽しみが広がりますから。

この日、出走した馬の中からクラシックホースは現れるのか!?

その答えは、来年、出ます。

 

 

そして来週は、中央競馬の総決算である有馬記念が中山競馬場で行われます。

素晴らしいレースになることを期待しましょう! 

【Kon】

ページ上部へ