ページの先頭です

栗東、京都、また京都。

 先週は木曜日に栗東、いったん東京に戻って中1日で京都と、

 東海道新幹線を満喫したTBTです。

 移動が多いとリニアモーターカーが早くできないものかと思わなくもないですが、

 朝早いときなどは、ひと眠りして気が付いたら京都、なんてこともあるので、

 新幹線ぐらいのスピードでいいのかもしれません。


 
 で、栗東、京都で何をしていたのかというと、

 栗東では松田国英調教師、京都競馬場では谷潔調教師に取材してきました。

 谷調教師はトーホウジャッカルで菊花賞を勝ったばかりですが、

 松田調教師はなぜ? と思う方もいるでしょう。

 ヒントは先週のわたしのブログにあります。

 といってもわかりにくいので繰り返しますと、

 次の12月号では「チャンピオンズC直前特集」を担当しており、

 そのなかの特別読物として、

 「松田国英調教師に聞く 一流ダートホースの鍛え方」

 という企画を進めています。

 チャンピオンズCの前身であるジャパンCダートを、

 昨年はベルシャザールで、2001年にはクロフネで優勝している松田調教師。

 ダート馬に関する興味深いお話をいろいろと伺ってきました。

 そのクロフネのジャパンCダートといえば、驚異的なレコード&圧勝で度肝を抜きましたが、

 レース映像は、昨日のブログでMariaが紹介していた、

 12月号のDVD「とにかくすごいレースBEST50」に収められています。

 さらに、ダートでの「とにかくすごいレース」といえば、ブロードアピール

 「とにかくすごいレースBEST50」には、

 ブロードアピールが「すごい追い込み」を決めた

 2000年根岸S、2002年ガーネットSも収録しています。

 このブロードアピールも松田厩舎の管理馬です。

 取材では、あの驚異的な追い込みの話も出てきました。

 そのあたりも含めて、DVD連動特集ではないと思いきや実はDVD企画とつながっている

 「松田国英調教師に聞く 一流ダートホースの鍛え方」を楽しんでいただければと思います。

 12月号の発売までしばしお待ちください。


 
 さて、今週はエリザベス女王杯。

 当日の京都競馬場からは、わたしがツイッターでつぶやく予定です。

 前日の土曜日のデイリー杯2歳Sには、

 オルフェーヴルの弟アッシュゴールドが出走を予定しています。

 もしかすると、その模様もお伝えできるかもしれません。

 というわけで、また京都。

 

 【TBT】

ページ上部へ