ページの先頭です

特集も連載もDVDで!

 東京は急に涼しくなったのに、暑い頃と同じ格好で寝ているTBTです。

 風邪をひかないように注意しないといけません。

 27日の東京の最高気温は23.4度。

 10月上旬並みということですから、ちょうど凱旋門賞の頃の気温ですね。

 

 さて『優駿』9月号の発売から2日経ちましたが、みなさんはいかがお過ごしでしょうか。

 すでに9月号を手に取っていただいた方は、すっかり90年代気分かと思います。

 って、どんな気分なんでしょう。

 90年代前半と後半では、けっこう気分が違うような気もします。

 

 繰り返しお伝えしているように、

 9月号のメイン特集は「1990年代 名馬&名ホースマンの記憶」

 

YUSHUN_cover201409.jpg 

 

 わたしが担当したのは次のテーマです。

 「"御三家"と呼ばれた輸入種牡馬
  サンデーサイレンス ブライアンズタイム トニービン」

 「交流で輝いた星 ホクトベガ&ライデンリーダー」

 「坂路の申し子、現る ミホノブルボン」

 「飛躍的に向上したスプリンターの地位 サクラバクシンオー」

 「競走馬流通革命 第1回セレクトセール開催」

 

 どれもこれも興味深く読んでいただけるはずです。

 さらに、ここで取り上げたサクラバクシンオーは、連載「不滅のライバル物語」でも、

 ノースフライトとともに登場しています。

 特集も連載もDVDに連動しており、

 特集のほうではサクラバクシンオーが勝った93、94年のスプリンターズSを収録。

 連載では、ノースフライトと戦った94年の3つのレース、

 安田記念、スワンS、マイルチャンピオンシップを収録しています。

 特集だけではなく連載でも、90年代の競馬を味わってください。

 

 【TBT】

ページ上部へ