ページの先頭です

ワールドカップと日本のアスリート

冒頭からおそらくの話。

おそらく、昨日から今日にかけて日本でアップされたブログの多くが、

日本対コートジボワール戦について触れているのではないかと思います。

世間の動きを掴んでおくことは編集者として大切なこと。

私もワールドカップについて一言述べたいと思います。

 

来年の(ドバイ)ワールドカップはダートです。

くわしくはこちら→http://www.jairs.jp/contents/newsprot/2014/19/1.html

 

どうも。ここまでの試合感想が

「オランダ代表は前年大会の攻撃の要・

バレンティン選手(ヤクルトスワローズ)やジョーンズ選手(楽天ゴールデンイーグルス)を

招集しなくても得点能力があるんだなあ」

程度しか書けないJigorouです。

もちろん前年大会とは、第3回WBC(WORLD BASEBALL CLASSIC)のことです。

 

ブラジルの地で日本戦(もちろんサッカーの話)が行われたのは6月14日(現地時間)。

ちなみに、日本調教馬として唯一、同国へ遠征したハマテツソ

サンパウロ大賞を走ったのは今から47年前(1967年)5月14日なんです。

種目は違えども、日本スポーツはずっと世界で戦っていたんですね。

 

今月25日発売の『優駿』7月号では、

そんな世界で戦った

ジャスタウェイの帰国初戦・安田記念

についてのページを担当しました。残念ながら宝塚記念は回避となってしまいましたが、

それくらい消耗しながらも勝利をもぎ取った"世界トップランカー"の走りに迫りました。

レースを思い出しながら読んでいただけると幸いです。

 

というわけで、今回はこのへんで。

【Jigorou】

 

――今週のお題コーナー(回答編)――

もしかしたら、読者おきざりなのではという気がしてちょっと怖い

「今週のお題コーナー」の時間がやってまいりました。担当は引き続き私・Jigorouです。

お付き合いのほどを。

さて、東京都港区新橋にお勤めのYamaさんからいただいたお題は

「Jigorouが見たい夢の対決は?」

 

・・・競馬の夢の対決、全部言われてしまってますがな。


(気を取り直して)20年位前ですが、

パパパンチという馬とママノパンチという馬がいましてですね、

これにネコパンチを加えた「日本三大パンチ」でどれが強いかが夢の対決

・・・って1頭、重賞勝ち馬ですがな。すいません。

 

"対決"で思い出したのですが、

「マジンガーZ対デビルマン」という映画がありましてですね、

「二大ヒーローが戦うんだ、これは夢の対決だ!」

と思ってわくわくして観たんですが、協力して敵と戦うという話でした。

だから「タイトルの"対"はなんだ」という話です。

それだけです。すいません。

 

あと、元プロレスラーの前田日明さんが格闘家を志したのは、

テレビでウルトラマンがゼットンに敗れるのを見て、その仇を討つためだという話がありますが、

本当に戦ったらどうだったんでしょうか? 

ゼットンにキャプチュードは効くんでしょうか? 

これは夢の対決でしょうか? 

まったく現実味がありませんね。すいません。

 

そういえば、英国・ロイヤルアスコットのゴールドカップ(現地19日)に

有力馬の1頭として出走予定なのが

元・イングランド代表のマイケル・オーウェンさんが所有するブラウンパンサー。

適距離などの問題もありますが、

世界のどこかで元・メジャーリーガーの佐々木主浩さん

馬主のGⅠ馬・ヴィルシーナと対決するようなことがあれば、

これはサッカー対野球・元スーパースター同士の夢の対決だなあと思いました。

 

・・・こんなんでました。

なんとか綺麗にまとまったところで退散。

ページ上部へ