ページの先頭です

編集部員のGⅠリポート⑧ 府中名物・カルガモ親子編

 

オークスが行われた昨日は初夏の陽気に恵まれ、

ビール片手に競馬を楽しまれているファンの皆さんが羨ましくてならなかったYamaです。

今は競馬のベストシーズンですからね。

 

そして来週はいよいよ日本ダービー。

天気予報によるとダービーデーも好天が期待できそうですので、

皆さん心ゆくまで競馬をお楽しみください。

その前に、本日はオークスデーの東京競馬場の様子をリポートします。

 

blog開門.jpg

開門時間は8時20分でした。

 

blog観客席.jpg

早くからたくさんの方が詰めかけて、場内は賑やか。

 

昨日はスケジュールが立て込んでいたので、

朝のうちにカルガモを求めて競馬博物館へ。

『優駿』といえばカルガモ、カルガモといえば『優駿』といっても過言ではないということは、 

「馬七鴨三」(2011年2月25日)をはじめ、

「編集部員のGⅠリポート⑩ 鴨、府中にいる。編」(2013年6月3日)、

「編集部員のGⅠリポート⑱ 紅葉で高揚の1日編」(2013年11月25日)、

「編集部員のGⅠリポート⑦ またもや逃げ切り編」(2014年5月19日)など、

競馬雑誌のブログなのに、何かにつけてカルガモリポートをお届けしていることからも明らかですよね。

 

そして、府中名物・カルガモ親子の最新ショットがこちら!

blogカルガモ親子.jpg

TBT調べによると、

ヴィクトリアマイルが行われた5月18日の目撃例は日本庭園の親ガモ一羽のみ。

ところが昨日は、生まれたばかりの"ちびっこ"たちを確認することに成功しました。

カルガモ親子は本当にかわいいので、

ぜひ皆さんも見に行ってみてください。

本音を言えばもっとゆっくり観察していたかったのですが、

仕事優先主義で後ろ髪をひかれながら博物館をあとにしました。

 

blogチャッピーとエミ.jpg

そしてフジビュースタンドに向かって歩いていると、東京競馬場のアイドルことチャッピーとエミに遭遇。

この2頭、実は未来からタイムスリップしてきたポニーだってことをご存じですか?

2頭の活躍ぶりは『チャッピーとエミの大冒険』という3D映像に収められているので、

またいつか競馬博物館の全周映像でリバイバル上映してほしいです。

 

そして、このあとは打ち合わせや挨拶回りが続き、

ほぼレースも見ないまま、オークスを迎えました。

結果はご存じの通り、ヌーヴォレコルトが優勝。

ハープスターの追い込みは惜しくも届きませんでした。

blogヌーヴォレコルト.jpg

ディープインパクトを破ったのがハーツクライなら、

ディープインパクト産駒を破ったのもハーツクライ産駒。

競馬はやっぱり血のドラマですね。

 

<お知らせ>

『優駿』では俳句と川柳のコンテストを実施しています。

ウェブでも受け付けていますが、

東京競馬場の中央インフォメーションに応募箱を設置していますので、

皆さんもぜひご参加ください。

ターフィーの隣にあるのが応募箱です。

blog川柳投函箱.jpg

 

では、また。

【Yama】

ページ上部へ