ページの先頭です

金曜ブログ「知っ得データ集」~有馬記念の巻

  金曜ブログ看板2.jpg  有馬記念前日の「豆し馬記念」が気になっているTBTです。

 「豆し馬記念」は、女性のための競馬サイト「UMAJO」で行われている企画。

 発走は12月21日(土)12:00。芝・右・2500mm(ミリメートル)が舞台のGⅠです。

 数日前までは"二強"の様相を呈していたのですが、さてどうなるのでしょうか。

 まだ参加できますので、興味のある方はこちらからどうぞ。

 

 さて、豆し馬記念が終わると、いよいよ有馬記念。

 「ねぇ、知っ得?」という感じで、今年最後の知っ得データ集にまいりましょう。

 枠順などはこちらでご確認ください。

 エイシンフラッシュの回避は残念ですが、

 テイエムイナズマが繰り上がりフルゲート16頭がそろいました。

 

 〈データ1〉
 ファン投票の順位が結果につながる?
 
 今年の有馬記念のファン投票は、オルフェーヴルが2年連続1位になりました。

 ファン投票順位別の有馬記念の勝利数をみると、1位馬が13勝でトップ。

 2位馬が10勝で2番目に多い勝利数。

 以下、3位馬2勝、4位馬7勝、5位馬3勝、6位馬5勝、7位馬1勝、

 8位馬2勝、9位馬2勝、10位馬2勝、その他10勝となっています。

 
 ファン投票トップ10以内では、オルフェーヴルの他に3位ゴールドシップが出走します。

 ファン投票トップ10以内の馬の出走が2頭となるのは初めて。

 もっとも少なかったのが84年の3頭ですが、

 そのときは、1~3着までをファン投票上位馬が独占しました。

 オルフェーヴル、ゴールドシップは期待に応えてくれるでしょうか。

  ●ファン投票10位以内の馬の出走が3頭以下だった有馬記念

年度

着順

馬名

人気

ファン投票

1984

①着

シンボリルドルフ

1

2位

 

2着

カツラギエース

3

3位

 

3着

ミスターシービー

2

1位

2013

オルフェーヴル

1位

ゴールドシップ

3位


 

 〈データ2〉
 "ドリームレース"と相性のいい騎手・種牡馬

 出走馬をファン投票で選出する"ドリームレース"として定着している、有馬記念と宝塚記念。

 この2つのレースで計5勝しているのが、オルフェーヴルに騎乗する池添謙一騎手で、

 有馬記念は一昨年のオルフェーヴルと、

 09年にオルフェーヴルの全兄ドリームジャーニーで勝利しています。

 今年勝利すれば、武豊騎手と並ぶ"ドリームレース"最多勝となります。

 

●"ドリームレース"最多勝騎手

騎手名

勝利数

レース名

勝利数

武 豊

6勝

宝塚記念

4

 

 

有馬記念

2

池添謙一

5勝

宝塚記念

3

有馬記念

2

野平祐二

4勝

宝塚記念

2

 

 

有馬記念

2

岡部幸雄

4勝

宝塚記念

1

 

 

有馬記念

3

田原成貴

4勝

宝塚記念

1

 

 

有馬記念

3

 

 

 種牡馬では、ステイゴールド産駒が"ドリームレース"7勝と好成績。

 有馬記念は3頭の産駒で3勝しています。

 今年は、一昨年の勝ち馬オルフェーヴルと、昨年の優勝馬ゴールドシップ

 中山巧者のナカヤマナイトの3頭が出走予定。

 ステイゴールドの産駒が勝てば、サンデーサイレンスと並ぶ"ドリームレース"最多勝となります。

 

●種牡馬の有馬記念勝利数(3勝以上)

種牡馬名

年度・勝ち馬名

サンデーサイレンス

2001 マンハッタンカフェ、04 ゼンノロブロイ、05 ハーツクライ

 

06 ディープインパクト、07 マツリダゴッホ

ヒンドスタン

1963 リユウフオーレル、64 ヤマトキヨウダイ、65 シンザン

ブライアンズタイム

1994 ナリタブライアン、95 マヤノトップガン、97 シルクジャスティス

ステイゴールド

2009 ドリームジャーニー、11 オルフェーヴル、12 ゴールドシップ

 さらに、オルフェーヴルが勝てば、同馬の母オリエンタルアートの産駒のGⅠ勝利数が、

 スカーレットブーケに並ぶ9勝の最多タイに。

 池添騎手&オルフェーヴル(父ステイゴールド、母オリエンタルアート)の勝利は、

 いろんな面で"記録的"なものとなります。
 

 
 〈データ3〉
 気になる乗り替わりの成績は?

 昨年の優勝馬ゴールドシップには、

 これまで11戦連続でコンビを組んでいた内田博幸騎手に替わって、R.ムーア騎手が騎乗します。

 R.ムーア騎手は今回がゴールドシップへの初騎乗("テン乗り")。

 "テン乗り"となった騎手の有馬記念制覇はこれまで8例あり、

 最近では2010年にM.デムーロ騎手がヴィクトワールピサで勝利しています。

●"テン乗り"となった騎手の有馬記念制覇

年度

騎手名

馬名

前走の騎手

1961

高松三太

ホマレボシ

八木沢勝美

1965

松本善登

シンザン

武田 博

1968

森安弘明

リュウズキ

加賀武見

1976

武 邦彦

トウショウボーイ

福永洋一

1979

大崎昭一

グリーングラス

岡部幸雄

1983

田原成貴

リードホーユー

田島良保

1988

岡部幸雄

オグリキャップ

河内 洋

2010

M.デムーロ

ヴィクトワールピサ

M.ギュイヨン

 また、ゴールドシップが勝つと、JRA史上7例目の異なる騎手での同一GⅠ連覇になります。

 今年のジャパンCをジェンティルドンナで制し、6例目をつくったのはR.ムーア騎手。

 初騎乗となるゴールドシップを連覇へと導くことができるでしょうか。

●異なる騎手での同一GⅠ競走連覇

レース名

馬名

年度

騎手名

安田記念

ヤマニンゼファー

1992

田中勝春

 

 

1993

柴田善臣

マイルCS

タイキシャトル

1997

横山典弘

 

 

1998

岡部幸雄

天皇賞・秋

シンボリクリスエス

2002

岡部幸雄

 

 

2003

.ペリエ

安田記念

ウオッカ

2008

岩田康誠

 

 

2009

武豊

高松宮記念

キンシャサノキセキ

2010

四位洋文

 

 

2011

U.リスポリ

ジャパンC

ジェンティルドンナ

2012

岩田康誠

2013

R.ムーア

※グレード制を導入した1984年以降。連覇に限る。


 
 一方、内田博幸騎手トーセンジョーダンに騎乗し、

 騎手としての連覇に挑みます。

 有馬記念を連覇した騎手はこれまで5人。

 そのうち、高松三太騎手、O.ペリエ騎手の2人が異なる馬で連覇しています。

 

●騎手の有馬記念連覇

騎手名

年度

馬名

高松三太

1960

スターロツチ

 

1961

ホマレボシ

野平祐二

1969

スピードシンボリ

 

1970

スピードシンボリ

岡部幸雄

1984

シンボリルドルフ

 

1985

シンボリルドルフ

的場 均

1998

グラスワンダー

 

1999

グラスワンダー

.ペリエ

2002

シンボリクリスエス

 

2003

シンボリクリスエス

 

2004

ゼンノロブロイ



 〈データ4〉
 1、2着が決まる謎のデータ!?

 1年の総決算となる有馬記念。

 ここからは"2013年"にまつわるデータを紹介していきましょう。

 

 ~謎のデータその1~

 今年、2013年は巳年

 巳年の有馬記念は過去に4回ありますが、すべてGⅠ(級)勝ち馬が勝利しています。

●巳年の有馬記念優勝馬

年度

馬名

性齢

レース前のGⅠ級勝ち鞍

1965

シンザン

牡4

皐月賞、ダービー、菊花賞、宝塚記念、天皇賞・秋

1977

テンポイント

牡4

天皇賞・春

1989

イナリワン

牡5

天皇賞・春、宝塚記念

2001

マンハッタンカフェ

牡3

菊花賞


 今年の出走馬のなかでGⅠ馬は、

 オルフェーヴル、ゴールドシップ、トーセンジョーダンの3頭。

 過去4回同様、このなかから勝ち馬が出るのでしょうか。

 

 ~謎のデータその2~

 元ビートルズのポール・マッカートニーが来日公演を行ったのはまだ記憶に新しいところ。

 今回は11年ぶりの来日となりましたが、

 過去、ポール・マッカートニーが日本でソロ公演を行ったことは3度あり、

 その年の有馬記念では、3歳馬と5歳馬がワンツー・フィニッシュを決めています。

●ポール・マッカートニーが

日本でソロ公演を行った年の有馬記念

年度

着順

馬名

性齢

1990

①着

オグリキャップ

牡5

2着

メジロライアン

牡3

1993

①着

トウカイテイオー

牡5

 

2着

ビワハヤヒデ

牡3

2002

①着

シンボリクリスエス

牡3

 

2着

タップダンスシチー

牡5

 

 ~謎のデータその3~

 今年の話題のひとつに

 「富士山―信仰の対象と芸術の源泉」が世界遺産(文化遺産)に認定

 されたことがあげられます。

 過去10年、日本で世界遺産(文化遺産)が認定された年は3回ありますが、

 その年の有馬記念は9番人気馬が必ず3着以内に入っています。

 どの馬が9番人気になるのか、締め切り直前まで目が離せません。

 

●日本で世界遺産(文化遺産)が認定された年の有馬記念(過去10年)

年度

着順

馬名

人気

認定された文化遺産

2004

①着

ゼンノロブロイ

1

紀伊山地の霊場と参詣道

 

2着

タップダンスシチー

3

 

 

3着

シルクフェイマス

9

 

2007

①着

マツリダゴッホ

9

石見銀山遺跡とその文化的景観

 

2着

ダイワスカーレット

5

 

 

3着

ダイワメジャー

6

 

2011

①着

オルフェーヴル

1

平泉-仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群-

 

2着

エイシンフラッシュ

7

 

3着

トゥザグローリー

9

 

 ここで、謎のデータ1~3をまとめると、

 ①勝つのはGⅠ馬
 ②3歳馬と5歳馬がワンツー・フィニッシュ
  3歳のGⅠ馬は不出走。5歳のGⅠ馬はオルフェーヴルのみなので、
  オルフェーヴルが1着→3歳馬が2着。
  3歳馬は、タマモベストプレイ、ラブリーデイ、テイエムイナズマの3頭。
 ③このうちのどれかが9番人気なら...。
 
 とまあ、こんなデータもありますよということで、

 いろんな角度から有馬記念を楽しんでください。

 『優駿』1月号の有馬記念特集もどうぞよろしく。

 

 有馬記念は12月22日(日)中山第10レース

 15時25分発走です!

 

 【TBT】

ページ上部へ