ページの先頭です

蘇る韋駄天!?

本日、香港のハッピーバレー競馬場では、国際騎手招待レースの

ロンジン・インターナショナルジョッキーズチャンピオンシップが行われ、

日本からは浜中俊騎手が参加します。

このニュースを見ていた隣席のAsaが気付いたのですが、

シリーズ第2戦、浜中騎手の騎乗馬はなんとツインターボ

まさか、あの"韋駄天"ツインターボが現役復帰か!? と一瞬思いましたが、

1998年に死亡していますので、同じ名前の馬ということになりますね。

この馬名、現地の表記では「神奇飛龍」になるようですが、

どんな脚質なのか、気になるところです。


日本のツインターボと言えば、典型的な逃げ馬として有名でしたが、

『優駿』12月号すごい逃げ切り&すごい追い込み BEST30」に、

もちろんランクインしています。

そのレースは付録のDVDにも収録されていますので、ぜひご覧ください。


『優駿』表紙_2013年12月号.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一方、上位にランク入りできなかったレースで、私Mariaのおすすめといえば、

ブエナビスタが勝った、2008年の阪神ジュベナイルフィリーズをあげます。 

 

ブエナビスタが勝ったレースは、

ブエナビスタ_08阪神JF.jpg今回のランキングでもいくつか登場しますが、

私はこのレースが特に印象に残っています。

後方からの競馬にもかかわらず、

直線だけで2馬身1/2差をつけて

差し切ったレースぶりに、

思わず「この馬、本当に2歳牝馬なの?」と

衝撃を受けました。

 

ブエナビスタDVD.jpg 

 

なおこのレース、

優駿特別編集

ブエナビスタ写真集&DVD

にて見ることができます。

 

 

 

 

 

現在受付中の「2013年優駿大賞」では、この『ブエナビスタ写真集&DVD』も

賞品として用意しておりますので、たくさんのご応募をお待ちしています。

2013YushunTaishou_banner.jpg

 

 

 

 

 

 

 

【Maria】

 

ページ上部へ