ページの先頭です

金曜ブログ 「知っ得データ集」 ~ジャパンCの巻

金曜ブ~1.JPGのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像

 

みなさんこんにちは(or こんばんは or おはようございます)、Konです。

 

先週、東京競馬場に行ったら、このようなものを発見しました。

80th写真コンテスト引き.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この秋、東京競馬場80周年を記念したフォトコンテストが開催されましたが

(最終結果は『優駿』12月号の158ページに掲載しています)、

応募作を使用した80周年記念モニュメント「巨大モザイクアート」が作成されたんです。

それが、12月23日まで東京競馬場のイーストホール3階に展示されていました。

 

80th写真コンテストアップ.JPG 

 

近づいて見てみたら、岡部幸雄元騎手と、安藤勝己元騎手のイベント写真がありました。キズナの鞍上でバンザイをしている武豊騎手の写真もありますね。このようなバラバラな写真が、遠くから見ると東京競馬場に見える......実に不思議ですね。

 

 

 

 

 

ということで、今日は金曜日ですから「知っ得データ集」をいってみましょう。

今週はジャパンCが行われます 

例によって出馬表などは以下のサイトでご確認ください。

http://www.jra.go.jp/keiba/thisweek/2013/1124_1/syutsuba.html

 

 

★ジャパンC★ 

<データ1>

最も難解なGⅠレース!?

~1984年以降、1番人気馬の勝率は.172

 

ジャパンCって、日本の馬場への適性が分からない外国馬の参戦があるため、実力比較が難しいですよね。

それもあってか、グレード制が導入された1984年以降、

1番人気馬の勝率は、GⅠレースの中で最も低い「.172」となっています。

今年は、昨年の覇者ジェンティルドンナ、宝塚記念を勝利したゴールドシップあたりが

1番人気に推されることが予想されますが、果たして......。

 

●1番人気馬の勝率が低いGⅠレース

レース名

1番人気

勝率

1番人気

勝利数

1番人気

連対率

1番人気

連対数

ジャパンC

0.172

5勝

0.379

11

高松宮記念

0.222

4勝

0.389

7回

エリザベス女王杯

0.233

7勝

0.533

16

オークス

0.267

8勝

0.467

14

天皇賞()

0.267

8勝

0.533

16

※グレード制を導入した1984年以降。またはGⅠに格付け以降。

 

●ジャパンCの1番人気馬の勝利

年度

馬名

所属国

支持率

1985

シンボリルドルフ

37.0%

2000

テイエムオペラオー

50.5%

2004

ゼンノロブロイ

28.4%

2006

ディープインパクト

61.2%

2009

ウオッカ

22.2%

 

●ジャパンCの1番人気馬の成績(過去10年)

年度

馬名

着順

所属国

支持率

2003

シンボリクリスエス

3着

42.5%

2004

ゼンノロブロイ

①着

28.4%

2005

ゼンノロブロイ

3着

37.5%

2006

ディープインパクト

①着

61.2%

2007

メイショウサムソン

3着

45.2%

2008

ディープスカイ

2着

23.7%

2009

ウオッカ

①着

22.2%

2010

ブエナビスタ

2着

42.6%

2011

デインドリーム

6着

24.2%

2012

オルフェーヴル

2着

40.6%

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※ブエナビスタは1位入線後、2着に降着。

 

 

<データ2>

GⅠ5勝目を狙う日本馬2頭

~ジェンティルドンナ&ゴールドシップ

 

ジェンティルドンナゴールドシップは、ジャパンCでJRA・GⅠ5勝目を狙っています。

もし達成すると、グレード制が導入された1984年以降、11頭目の快挙です。

果たして、名馬たちと肩を並べることができるのでしょうか。

なお、ジェンティルドンナが勝利すると、牝馬としては5頭目のJRA・GⅠ5勝となります。

しかも、ジャパンCは過去32回行われましたが、連覇はもちろん2勝した馬は1頭もいません

初のジャパンC2勝馬となれるのでしょうか。

JRA・GⅠ競走最多勝馬(JRAのGⅠのみ:グレード制を導入した1984年以降)

勝利数

馬名

GⅠ勝ち鞍

7勝

シンボリルドルフ

1984 皐月賞、ダービー、菊花賞、有馬記念

 

 

 

1985 天皇賞()、ジャパンC、有馬記念

 

テイエムオペラオー

1999 皐月賞

 

 

 

2000 天皇賞()、宝塚記念、天皇賞()、ジャパンC、有馬記念

 

 

 

2001 天皇賞()

 

ディープインパクト

2005 皐月賞、ダービー、菊花賞

 

 

 

2006 天皇賞()、宝塚記念、ジャパンC、有馬記念

 

ウオッカ

2006 阪神JF2007 ダービー

 

 

 

2008 安田記念、天皇賞()

 

 

 

2009 Vマイル、安田記念、ジャパンC

6勝

ブエナビスタ

2008 阪神JF、2009 桜花賞、オークス

 

 

 

2010 Vマイル、天皇賞(秋)、2011 ジャパンC

5勝

ナリタブライアン

1993 朝日杯3歳S

 

 

 

1994皐月賞、ダービー、菊花賞、有馬記念

 

メジロドーベル

1996 阪神3歳牝馬S、1997 オークス、秋華賞

 

 

 

199899 エリザベス女王杯

 

ダイワメジャー

2004 皐月賞、2006 天皇賞(秋)、マイルCS

 

 

 

2007 安田記念、マイルCS

 

アパパネ

2009 阪神JF2010 桜花賞、オークス、秋華賞

 

 

 

2011 Vマイル

 

オルフェーヴル

2011 皐月賞、ダービー、菊花賞、有馬記念

 

 

 

2012 宝塚記念

 

●ジャパンC2勝目を狙った馬

年度

馬名(優勝年)

国名

着順

人気

1983

ハーフアイスト(82年)

4着

7

1989

ペイザバトラー(88年)

3着

6

2001

テイエムオペラオー(00年)

2着

1

2002

ジャングルポケット(01年)

5着

3

2005

ゼンノロブロイ(04年)

3着

1

タップダンスシチー(03年)

10

7

2009

スクリーンヒーロー(08年)

13

4

2011

ローズキングダム(10年)

9着

9

2012

ローズキングダム(10年)

16

9

 

 

<データ3>

東京競馬場の高額賞金GⅠ3勝目なるか

~エイシンフラッシュ 

 

エイシンフラッシュにとっては4度目のジャパンC参戦となりますが、

同馬は2010年日本ダービー、2012年天皇賞・秋と、

東京競馬場で行われる高額賞金のGⅠレースを2勝しています。

東京競馬場が得意に映るエイシンフラッシュが、ジャパンCも勝利するのか、注目されます。

 

●東京のGⅠレースを3競走以上制した馬

馬名

フェブラ

リーS

Vマイル

オークス

ダービー

安田記念

天皇賞(秋)

ジャパンC

スペシャルウィーク

 

 

 

1998

 

1999

1999

アグネスデジタル

2002

 

 

 

2003

2001

 

ブエナビスタ

 

2010

2009

 

 

2010

2011

ウオッカ

 

2009

 

2007

200809

2008

2009

※グレード制を導入した1984年以降。

 

●エイシンフラッシュの東京での成績

年度

レース名

距離

騎手名

着順

人気

2010

ダービー

2400

内田博幸

①着

7

 

ジャパンC

8着

5

2011

天皇賞(秋)

2000

C.ルメール

6着

3

 

ジャパンC

2400

池添謙一

8着

5

2012

毎日王冠

1800

内田博幸

9着

2

 

天皇賞(秋)

2000

M.デムーロ

①着

5

 

ジャパンC

2400

C.ルメール

9着

5

2013

毎日王冠

1800

福永祐一

①着

4

 

天皇賞(秋)

2000

M.デムーロ

3着

3

 

 

<データ4>

日本馬が7連勝中

~今年は外国馬は3頭が出走予定 

 

近年、ジャパンCといえば日本馬が圧倒している印象がありますが、

果たして、2006年から昨年まで日本馬が7連勝中なんです。

調教国別の勝利数でも、断然トップの18勝を挙げています。

今年の外国調教馬は、GⅠ3勝馬のドゥーナデンジョシュアツリー

そして英国のアスコットゴールドC2着という実績もあるシメノンの3頭ですが、どうなるでしょうか。

 

ちなみに、今年のジャパンCは「第33回」ですが、

回数がゾロ目の年は、第11回(1着ゴールデンフェザント、2着マジックナイト)、

第22回(1着ファルブラヴ、2着サラファン)とも、外国馬がワンツーを決めています。

そんな"法則"は継続されるのでしょうか。

 

●ジャパンCの国別出走頭数と成績(過去10年)

年度

日本

香港

2003

9

 

4

 

1

3

 

 

 

1

2004

11(1)

 

 

 

2

2

1

 

 

 

2005

12(1)

 

2

 

3

1

 

 

 

 

2006

9(1)

 

 

 

1

1

 

 

 

 

2007

14(1)

 

1

 

2

 

 

1

 

 

2008

14(1)

 

 

 

3

 

 

 

 

 

2009

13(1)

 

3

 

2

 

 

 

 

 

2010

10

 

 

1

1

4

1

 

1

 

2011

12

 

1

 

 

2

 

1

 

 

2012

12

 

 

 

4

1

 

 

 

 

※日本馬の( )内は、地方所属馬の頭数。

 

●ジャパンC国別勝利数

18

4

4

1

1

1

1

1

1

 

 

 

たいへん楽しみなジャパンCは、11月24日日曜の15時55分発走です。

なお、同レースは東京競馬の最終レース(第11競走)になりますのでご注意ください。

 

P.S. 東京競馬場に行かれる方は、ぜひモザイクアートをご覧になってみてください。

本当に不思議ですから! 

【Kon】 

 

 

ページ上部へ