ページの先頭です

凄十ならぬ「凄三十」!

クリスマスが近づくと、稲垣潤一の「クリスマスキャロルの頃には」を口ずさんでしまうAsaです。

歌詞はハッピーなものではないんですが、ついサビの部分を・・・。

 

blog_kikansha.JPG

ということで街中イルミネーションできらびやかになってきました。

新橋のSL広場もご覧の通り機関車が電飾だらけになっています。

 

優駿12月号の特集「すごい逃げ切り&すごい追い込みBEST30」

ご覧いただけましたでしょうか?

昨日のTBTはランキング31以下からすごい追い込みを紹介しましたが、

私はそれの逃げ切り編を紹介したいと思います。

第60位タイの2005年フェブラリーS、逃げ切ったのはメイショウボーラーです。

メイショウボーラーは前走の根岸Sも逃げ切りましたが、

後続を引き付けての逃げで、直線で突き放すというレースでした。

ところが、フェブラリーSではスタートからどんどん後続を引き離していききました。

1000㍍通過は57秒8。かなりのハイペースだったのですが、

ゴールまで先頭を譲りませんでした。

短距離戦での大逃げ、しかもゴールまで残ってしまうところにすごさを感じましたよ。

 

12月号を手にとっていただき、 

凄十(※)ならぬ「凄三十」のレースを是非ご堪能してください。

※凄十はスポーツ新聞の広告に時々出てきます。

 

編集部内も次号の準備で慌ただしくなってきました。

そうです。次号は有馬記念直前号になります。

発売は12月14日(土)と通常よりも大分早まっておりますのでご注意ください。

そして有馬記念になくてはならないファン投票も是非お願いいたします。

PCトップ画面_720-243_1025.jpg

画像をクリックすると投票フォームのページに移ります。

 

そして、2013年優駿大賞も投票の受付を開始しました!

2013年の競馬シーンで皆さんの印象に残った

「ホース・オブ・ザ・イヤー」「ジョッキー・オブ・ザ・イヤー」「レース・オブ・ザ・イヤー」

を決定します。

タブレット端末など、豪華賞品のプレゼントがありますので、こちらも投票お願いいたします!

2013YushunTaishou_banner.jpg

 【Asa】

ページ上部へ