ページの先頭です

金曜ブログ「知っ得データ集」~天皇賞・秋の巻

知っ得データ集.jpg

 

仕事中に眠くなったら、とりあえず顔を洗ってみるYamaです。

それでもダメなら目薬をさしますけど、どちらも効果は長続きしないですよね(あくまでも個人の感想)。

 

まだ追い込みの時期でもないのに睡眠不足の日々が続いている優駿チームは本日も全員残業中。

というのも、11月25日発売の12月号へ向けて一大プロジェクト(大袈裟ですね)を立ち上げ、

その準備に余念がないからなんです。

 

では、何を作っているか...。

隠す必要はないのですが、

本日発売の『優駿』11月号175ページヒントが載っていますので、

ぜひそちらをお確かめください。

追々当ブログでもお知らせすると思いますが、それまでのお楽しみということで、

いろいろ推理してみてください。

謎解きは読書のあとで、いや、天皇賞・秋のあとでも結構です。

 

ということで、今週末一番の注目レースは天皇賞・秋

 

府中の芝2000㍍で争われるGⅠ戦に出走するのはこちらの17頭です。

http://www.jra.go.jp/keiba/thisweek/2013/1027_1/ss.html

調教VTRなども視聴できるスペシャル出馬表でお楽しみください。

では、今週の知っ得データ集、さっそく行ってみましょう!

 

<データ1>
牝馬5頭目のJRA・GⅠ5勝なるか
昨年の年度代表馬ジェンティルドンナ

GⅠ4勝馬ジェンティルドンナ(牝4歳、栗東・石坂正厩舎)は、

宝塚記念(GⅠ)3着以来の実戦となります。

同馬は昨年の"牝馬三冠馬"で、

ジャパンC(GⅠ)ではオルフェーヴルをハナ差下し、

3歳牝馬初のジャパンC制覇を成し遂げました。

今年、ジェンティルドンナはドバイシーマクラシック(UAE)2着、

宝塚記念3着と勝ち星を挙げていませんが、

果たして5つ目のGⅠタイトルを手に入れることができるかどうか。

優勝ならば、JRA・GⅠ5勝はグレード制を導入した1984年以降11頭目で、

牝馬では5頭目となります。

なお、宝塚記念から天皇賞・秋に直行した馬では、

1984年以降、1988年タマモクロス、2010年ブエナビスタなど5頭が優勝しています。

 

JRA・GⅠ競走最多勝馬(JRAのGⅠのみ:グレード制を導入した1984年以降)

勝利数

馬名

GⅠ勝ち鞍

7勝

シンボリルドルフ

1984 皐月賞、ダービー、菊花賞、有馬記念

 

 

 

1985 天皇賞()、ジャパンC、有馬記念

 

テイエムオペラオー

1999 皐月賞

 

 

 

2000 天皇賞()、宝塚記念、天皇賞()、ジャパンC、有馬記念

 

 

 

2001 天皇賞()

 

ディープインパクト

2005 皐月賞、ダービー、菊花賞

 

 

 

2006 天皇賞()、宝塚記念、ジャパンC、有馬記念

 

ウオッカ

2006 阪神JF2007 ダービー

 

 

 

2008 安田記念、天皇賞()

 

 

 

2009 Vマイル、安田記念、ジャパンC

6勝

ブエナビスタ

2008 阪神JF、2009 桜花賞、オークス

 

 

 

2010 Vマイル、天皇賞(秋)、2011 ジャパンC

5勝

ナリタブライアン

1993 朝日杯3歳S

 

 

 

1994皐月賞、ダービー、菊花賞、有馬記念

 

メジロドーベル

1996 阪神3歳牝馬S、1997 オークス、秋華賞

 

 

 

199899 エリザベス女王杯

 

ダイワメジャー

2004 皐月賞、2006 天皇賞(秋)、マイルCS

 

 

 

2007 安田記念、マイルCS

 

アパパネ

2009 阪神JF2010 桜花賞、オークス、秋華賞

 

 

 

2011 Vマイル

 

オルフェーヴル

2011 皐月賞、ダービー、菊花賞、有馬記念

 

 

 

2012 宝塚記念

 

                 ●宝塚記念→天皇賞(秋)直行馬の成績(過去10)

年度

馬名

宝塚記念

 

天皇賞(秋)

人気

2003

シンボリクリスエス

5着

①着

1

 

ツルマルボーイ

2着

2着

5

2004

ツルマルボーイ

6着

4着

3

 

シルクフェイマス

2着

10

5

 

リンカーン

3着

12

4

2005

ハーツクライ

2着

6着

2

 

タップダンスシチー

7着

9着

6

 

アドマイヤグルーヴ

8着

17

17

2007

メイショウサムソン

2着

①着

1

アドマイヤムーン

①着

6着

2

 

シャドウゲイト

14

13

9

2008

アサクサキングス

5着

8着

6

2009

スクリーンヒーロー

5着

2着

7

 

サクラメガワンダー

2着

13

9

2010

ブエナビスタ

2着

①着

1

ジャガーメイル

8着

18

5

2011

ブエナビスタ

2着

4着

1

トゥザグローリー

13

5着

10

エイシンフラッシュ

3着

6着

3

2012

ルーラーシップ

2着

3着

2

アーネストリー

7着

11

13

トゥザグローリー

12

18

11

 

 

<データ2>
史上2頭目の天皇賞・秋2勝目なるか
エイシンフラッシュ&トーセンジョーダン

昨年の覇者エイシンフラッシュ(牡6歳、栗東・藤原英昭厩舎)と

一昨年の勝ち馬トーセンジョーダン(牡7歳、栗東・池江泰寿厩舎)が、

天皇賞2勝目を狙います。

天皇賞を2勝以上した馬はこれまで8頭いますが、

秋の天皇賞を2勝した馬はシンボリクリスエス(2002・03年)1頭だけです。

エイシンフラッシュは2010年のダービー馬で、

今年6歳を迎えましたが、秋初戦の毎日王冠(GⅡ)を優勝。

一方、トーセンジョーダンは今年2戦目で札幌記念(GⅡ)13着からの参戦となります。

果たして2頭は史上2頭目の天皇賞・秋2勝目を挙げることができるかどうか。

なお、エイシンフラッシュが勝てば、ダービー馬の6歳時のGⅠ制覇は史上初となります。

 

                   ●天皇賞()連覇を狙った馬

年度

馬名

着順

人気

1986

ギャロップダイナ

4着

7

1997

バブルガムフェロー

2着

1

2001

テイエムオペラオー

2着

1

2003

シンボリクリスエス

①着

1

2005

ゼンノロブロイ

2着

1

2007

ダイワメジャー

9着

3

2009

ウオッカ

3着

1

2011

ブエナビスタ

4着

1

2012

トーセンジョーダン

13

7

                    ※天皇賞馬の天皇賞再挑戦が可能となった1981年以降。

 

 


<データ3>
今年のサマー2000王者トウケイヘイロー
現在、芝2000㍍重賞を3連勝中!

トウケイヘイロー(牡4歳、栗東・清水久詞厩舎)は、

現在、鳴尾記念(GⅢ)→函館記念(GⅢ)→札幌記念(GⅡ)と芝2000㍍の重賞を3連勝しています。

同馬は、天皇賞・秋と同距離の芝2000㍍戦で3戦3勝、

今年のサマー2000シリーズのチャンピオンにも輝きましたが、

果たして重賞4連勝でGⅠ制覇を遂げることができるかどうか。

なお、トウケイヘイローのGⅠ出走は、

2011年朝日杯フューチュリティS(4着)以来1年10カ月ぶりとなります。

また、トウケイヘイローは8月18日の札幌記念以来の実戦となります。

なお、札幌記念から天皇賞・秋に直行した馬は、

札幌記念がGⅡとなった1997年以降8頭おり、

1997年エアグルーヴ、2005年ヘヴンリーロマンス、2011年トーセンジョーダンの3頭が優勝しています。

JRA重賞3連勝以上馬の天皇賞(秋)成績

年度

馬名

着順

○連勝中

連勝の内訳

1985

シンボリルドルフ

2着

3連勝中

有馬記念→日経賞→天皇賞(春)→宝塚記念(出走取消)

1988

タマモクロス

①着

5連勝中

鳴尾記念→京都金杯→阪神大賞典→天皇賞(春)→宝塚記念

オグリキャップ

2着

6連勝中

ペガサスS→毎日杯→京都4歳特別→NZT4S→高松宮杯→毎日王冠

1989

オグリキャップ

2着

3連勝中

有馬記念→オールカマー→毎日王冠

1994

ビワハヤヒデ

5着

4連勝中

京都記念→天皇賞(春)→宝塚記念→オールカマー

1995

ナリタブライアン

12

3連勝中

菊花賞→有馬記念→阪神大賞典

1996

サクラローレル

3着

3連勝中

中山記念→天皇賞(春)→オールカマー

マーベラスサンデー

4着

4連勝中

エプソムC→札幌記念→朝日CC→京都大賞典

1998

サイレンススズカ

中止

5連勝中

中山記念→小倉大賞典→金鯱賞→宝塚記念→毎日王冠

2000

テイエムオペラオー

①着

5連勝中

京都記念→阪神大賞典→天皇賞(春)→宝塚記念→京都大賞典

トゥナンテ

3着

3連勝中

愛知杯→北九州記念→毎日王冠

2008

ディープスカイ

3着

4連勝中

毎日杯→NHKマイルC→ダービー→神戸新聞杯

2012

カレンブラックヒル

5着

3連勝中

ニュージーランドT→NHKマイルC→毎日王冠

※天皇賞(秋)の距離が2000㍍となった1984年以降

 

上位人気3頭のデータでまとめてみました。

先週の菊花賞は1番人気のエピファネイアが制しましたが、

今週のGⅠは果たして?

天皇賞・秋は、10月27日(日)の15時40分発走です!

 

では、また。

【Yama】

ページ上部へ