ページの先頭です

金曜ブログ 「知っ得データ集」 ~菊花賞の巻

金曜ブ~1.JPGのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像

みなさんこんにちは(or こんばんは or おはようございます)、Konです。

本来のローテーションでは先週が担当でしたが、肩に違和感を覚えたため(!?)、

登板を回避、謎の助っ人外国人本格派直球投手の「Jigoro」に代わりをお願いしてしまいました。

 ※ちなみに、Jigoroは日本人で、あくまで例えです。

肩もなんとか治りましたので、今週から復帰いたします。 

 

ということで、今週は京都競馬場で菊花賞(GⅠ、芝3000㍍)が行われます。

例によって、出走馬等は以下のJRAサイトでご確認ください。

http://www.jra.go.jp/keiba/thisweek/2013/1020_1/syutsuba.html

 

 

2012菊花賞4角.jpg

去年はゴールドシップが勝利しましたね。 

 

 

★菊花賞★ 

<データ1>

クラシックホースが不在だと「春のクラシック不出走馬」?

 

今年は皐月賞馬ロゴタイプが不出走、

ダービー馬キズナは凱旋門賞(4着)に出走したため、

クラシックホース不在の菊花賞となります。

クラシック馬不在の年は2010年以来3年ぶり17回目となりますが、

過去16回の勝ち馬を見ると、

「春のクラシック不出走馬」が6度優勝しており、

現在は2004年デルタブルース、2008年オウケンブルースリ

2010年ビッグウィークと3回連続で勝利しています。

 

対象馬は以下の11頭。

①ケイアイチョウサン
②ネコタイショウ
④フルーキー
⑥ヤマイチパートナー
⑩バンデ
⑬ダービーフィズ
⑭サトノノブレス
⑮ユールシンギング
⑯アドマイヤスピカ
⑰ラストインパクト
⑱マジェスティハーツ

最後の一冠を制すのはどの馬でしょうか。

 

●皐月賞馬&ダービー馬不在の菊花賞

年度

菊花賞優勝馬

人気

皐月賞

ダービー

出走しなかった皐月賞馬、ダービー馬

1939

マルタケ

1

6着

皐)ロツクパーク、ダ)クモハタ

1947

ブラウニー

1

3着

皐)トキツカゼ、ダ)マツミドリ

1948

ニユーフオード

1

皐)ヒデヒカリ、ダ)ミハルオー

1951

トラツクオー

5

8着

15

皐・ダ)トキノミノル

1952

セントオー

1

12

皐・ダ)クリノハナ

1957

ラプソデー

3

6着

皐)カズヨシ、ダ)ヒカルメイジ

1961

アズマテンラン

3

8着

18

皐)シンツバメ、ダ)ハクシヨウ

1971

ニホンピロムーテー

1

10

8着

皐・ダ)ヒカルイマイ

1975

コクサイプリンス

4

皐・ダ)カブラヤオー

1981

ミナガワマンナ

14

12

8着

皐・ダ)カツトップエース

1990

メジロマックイーン

4

皐)ハクタイセイ、ダ)アイネスフウジン

1991

レオダーバン

3

2着

皐・ダ)トウカイテイオー

1997

マチカネフクキタル

3

7着

皐・ダ)サニーブライアン

2004

デルタブルース

8

皐)ダイワメジャー、ダ)キングカメハメハ

2008

オウケンブルースリ

1

皐)キャプテントゥーレ、ダ)ディープスカイ

2010

ビッグウィーク

7

皐)ヴィクトワールピサ、ダ)エイシンフラッシュ

 

<データ2>

大器エピファネイアのラストクラシックはいかに!?

 

エピファネイア(牡、栗東・角居勝彦厩舎)が、クラシック制覇を目指します。

同馬は皐月賞でロゴタイプの2着(半馬身差)、

続くダービーでキズナの2着(半馬身差)と、ともに涙を呑みました。

そして、皐月賞とダービーでともに2着の馬は、

菊花賞で8戦4勝(勝率.500)の成績を残していますが、

そのうち神戸新聞杯を制した1965年ダイコーター、1993年ビワハヤヒデは、

見事に菊花賞馬に輝いています。

ご存知の通り、エピファネイアは神戸新聞杯を完勝しましたから期待が膨らみます。

また、ダービー2着馬は3歳秋以降、成長するケースが多く、

グレード制を導入した1984年以降、16頭がダービー後にGⅠを優勝。

秋の飛躍を楽しみにしましょう!

 

●皐月賞&ダービー2着馬の菊花賞成績

年度

馬名

着順

人気

神戸新聞杯

1951

イツセイ

3着

1

創設以前

1952

タカハタ

1955

カミサカエ

1956

キタノオー

①着

1

1958

カツラシユウホウ

2着

2

1963

グレートヨルカ

①着

3

1965

ダイコーター

①着

1

①着

1968

タケシバオー

1982

ワカテンザン

7着

2

1983

メジロモンスニー

3着

1993

ビワハヤヒデ

①着

1

①着

2001

ダンツフレーム

5着

2

4着

 

●神戸新聞杯勝ち馬の菊花賞成績(過去10)

年度

馬名

着順

人気

2003

ゼンノロブロイ

4着

2

2004

キングカメハメハ

2005

ディープインパクト

①着

1

2006

ドリームパスポート

2着

2

2007

ドリームジャーニー

5着

2

2008

ディープスカイ

2009

イコピコ

4着

2

2010

ローズキングダム

2着

1

2011

オルフェーヴル

①着

1

2012

ゴールドシップ

①着

1

 

 

<データ3>

産駒が菊花賞を連勝中のステイゴールド!

 

菊花賞はステイゴールド産駒に要注目です。

同産駒は菊花賞で、2011年オルフェーヴル2012年ゴールドシップと連勝しており、

今年も制すれば、史上初の同一種牡馬産駒による菊花賞3連覇となります。

今回の出走馬でステイゴールド産駒を探すと......

ラジオNIKKEI賞(GⅢ)勝ち馬ケイアイチョウサンがいました。

同産駒は、今年も阪神大賞典(ゴールドシップ)、

天皇賞・春(フェノーメノ)と芝3000㍍以上の重賞を2勝していますが、

果たして、史上初の大記録を成し遂げることができるかどうか。

 

●ステイゴールド産駒の菊花賞成績

年度

馬名

着順

人気

2007

ドリームジャーニー

5着

2

2008

シゲルフセルト

14

14

2009

ナカヤマフェスタ

12

4

2011

オルフェーヴル

①着

1

フェイトフルウォー

7着

4

2012

ゴールドシップ

①着

1

フェデラルホール

8着

4

 

 

<データ4>

神戸新聞杯3着馬は好成績!

 

ディープインパクト産駒サトノノブレス(牡、栗東・池江泰寿厩舎)は、

神戸新聞杯(GⅡ)で3着に入り、菊花賞の優先出走権を手にしました。

神戸新聞杯3着馬は、過去10年間の菊花賞で3勝、3着3回の成績を残しており、

複勝率はなんと.600をマークしています。

これは注目ですね。

なお、サトノノブレスをはじめ、ディープインパクト産駒4頭出走しますが、

菊花賞を勝つと「クラシック完全制覇に王手」がかかります。

  ※現在未勝利のクラシック=皐月賞、菊花賞

 

●神戸新聞杯3着馬の菊花賞成績(過去10)

年度

馬名

着順

人気

2003

ネオユニヴァース

3着

1

2004

ハーツクライ

7着

1

2005

ローゼンクロイツ

3着

3

2006

★ソングオブウインド

①着

8

2007

ヴィクトリー

16

3

2008

★オウケンブルースリ

①着

1

2009

セイウンワンダー

3着

6

2010

★ビッグウィーク

①着

7

2011

★フレールジャック

10

5

2012

★マウントシャスタ

9着

2

★=春のクラシック不出走馬。

 

●ディープインパクト産駒の菊花賞成績

年度

馬名

着順

人気

2011

トーセンラー

3着

3

 

フレールジャック

10

5

2012

ベールドインパクト

4着

10

ロードアクレイム

6着

3

ダノンジェラート

7着

12

マウントシャスタ

9着

2

エタンダール

10

8

ニューダイナスティ

11

13

アーデント

13

16

 

 

 

ということで、菊花賞10月20日(日)15時40分に発走予定です。

伝統の長距離GⅠ、そして三冠最後の戦いを楽しみにしましょう!

【Kon】

ページ上部へ