ページの先頭です

秋の競馬シーズン本格化

 10月1週目はロンシャンに行っていたため、

 自分にとっては先週の3日間開催が"秋の東京・京都の開幕週"となりました。

 昨日のブログでお伝えしたように、秋華賞取材へはMariaが。

 わたしはGI開催場ではなく、東京競馬場の様子を探ってきました。


 
 今年は東京競馬場開設80周年ということもあり、場内では様々なイベントが開催されています。

 開設80周年記念の特別企画展として行われているのが、

 「大人の遊びとしての競馬―寺山修司と虫明亜呂無の世界」

 イベントスペース以外でも、ターフビジョンで寺山修司氏が出演したJRAのCFが流れています。

 

寺山&虫明.jpg 今年は没後30年ということで、関連イベントが各ジャンルで開かれている寺山修司氏。

 『優駿』でも5月号で[没後30年企画]を行いました。

 イベントブースには、寺山氏、虫明氏の記事を紹介した『優駿』も置いてありましたので、

 そちらもどうぞご覧ください。

 なお、イベントのアンケートに答えると、記念グッズがもらえます。

 天皇賞・秋当日は、特製クリアファイルのプレゼントもあるそうです。

 東京競馬場へ行かれた際には、こちらのイベントにも足を運んでみてください。

 

 さて、今週もGⅠ開催は京都競馬場ですが、

 東京競馬場も天皇賞・秋、ジャパンCの垂れ幕があちこちにかかっていて、

 本格的な秋競馬シーズンを感じられました。

 数あるGIのなかでも、天皇賞・秋からジャパンC、そして有馬記念と続く

 芝中長距離のトップホースたちが集うシリーズは、秋競馬のハイライトといえるでしょう。

 『優駿』11月号では、そんな一連のレースを「チャンピオンロード」と銘打ち

 [秋のGⅠ特集]
 天皇賞・秋、ジャパンC、その先の有馬記念まで
 チャンピオンロードをとことん楽しむ

 といった企画をご用意しています。

 11月号の発売は天皇賞・秋の2日前、10月25日(金)。

 天皇賞・秋からとことん楽めるよう、

 『優駿』11月号はぜひ、発売と同時にお手にとってください。


 【TBT】

ページ上部へ