ページの先頭です

金曜ブログ「知っ得データ集」~秋の東京&京都開幕の巻

  金曜ブ~1.JPGのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像 今週の競馬の話題はなんといっても凱旋門賞。

 なんですが、国内の競馬だって盛りだくさん。

 今週から開催が東京と京都に移り、開幕週からさっそく3つの重賞レースが行われます。

 5日(土)は京都競馬場で今年最初の2歳GⅡ戦デイリー杯2歳S

 6日(日)は、東京、京都それぞれで、この先のGⅠ戦線につながる重要なレース、

 毎日王冠京都大賞典が行われます。

 では、いってみましょう。

 「知っ得データ集」~秋の東京&京都開幕の巻。

 各重賞レースの枠順などはこちらからどうぞ。

 

 〈データ1〉デイリー杯2歳S
 今年の2歳重賞は牝馬が4連勝中

 これまでに4つの重賞が行われた今年の2歳戦線。

 距離が1800㍍になってから初めて牝馬が勝った札幌2歳Sなど、

 勝ち馬はすべて牝馬です。

2013JRA2歳重賞勝ち馬の父親

月日

レース名

勝ち馬名

父名

721

函館2歳S

クリスマス

バゴ

825

新潟2歳S

ハープスター

ディープインパクト

831

札幌2歳S

レッドリヴェール

ステイゴールド

9 1

小倉2歳S

ホウライアキコ

ヨハネスブルグ

 
 重賞ではありませんが、先週行われたオープン特別の芙蓉Sを勝ったのも

 牝馬のマーブルカテドラルでした。

 デイリー杯2歳Sにはプライマリーコードホウライアキコモズハツコイの3頭の牝馬がエントリー。

 このうち、ホウライアキコは小倉2歳Sの優勝馬で、新種牡馬ヨハネスブルグの産駒。

 "牝馬優勢"の傾向、2連勝での重賞制覇という自身の勢い、

 そして9月末時点でJRA2歳リーディングトップに立っている

 父ヨハネスブルグの活力に乗って重賞連勝となるでしょうか。

●小倉2歳S勝ち馬のデイリー杯2歳S成績

年度

馬名

着順

人気

1981

ホクトマツシマ

3着

1

1982

ダイゼンキング

2着

2

1984

ダイナシュペール

3着

2

1986

サンキンハヤテ

3着

2

1988

ダンデイアポロ

10

2

1990

テイエムリズム

5着

7

1994

エイシンサンサン

4着

4

1996

ゴッドスピード

13

9

2003

メイショウボーラー

①着

1

2007

マルブツイースター

11

4

2012

マイネルエテルネル

3着

2

 


 〈データ2〉京都大賞典
 人気の面でも注目のゴールドシップ

 宝塚記念で"三強対決"を制し、上半期のチャンピオンに輝いたゴールドシップ

 京都大賞典に登場します。

 ゴールドシップの今年初戦は阪神大賞典で、

 そのときの単勝支持率78.0%はJRA重賞史上4位でした(グレード制導入後)。

 京都大賞典の単勝支持率歴代1位は、ゴールドシップの母の父メジロマックイーン。

 ゴールドシップの秋初戦は、その走りは当然のこと、人気の面で祖父を超えるかにも注目です。

 ちなみに、ご存じのとおり、凱旋門賞に出走するオルフェーヴルの母の父もメジロマックイーン。

 今週は、地方大井で行われたダートグレード競走の東京盃で、

 同じく母の父メジロマックイーンのタイセイレジェンドが勝利しました。

 地方で、中央で、そしてフランスで。

 母の父メジロマックイーンの連鎖は続くのでしょうか。

JRA重賞での単勝支持率

単勝

支持率

年度

レース名

グレード

馬名

着順

出走

頭数

単勝オッズ

81.4%

2011

チューリップ賞

G

レーヴディソール

①着

12

110

79.0%

2005

菊花賞

G

ディープインパクト

①着

16

100

78.5%

2005

神戸新聞杯

G

ディープインパクト

①着

13

110

78.0%

2013

阪神大賞典

G

ゴールドシップ

①着

9

110

77.9%

1994

京都新聞杯

G

ナリタブライアン

2着

10

(100)

75.9%

2012

阪神大賞典

G

オルフェーヴル

2着

12

110円)

75.3%

2006

天皇賞(春)

G

ディープインパクト

①着

17

110

75.2%

1995

阪神大賞典

G

ナリタブライアン

①着

11

100

75.2%

2006

宝塚記念

G

ディープインパクト

①着

13

110

※グレード制を導入した1984年以降。

 

●京都大賞典での単勝支持率上位5頭

年度

馬名

着順

支持率

1991

メジロマックイーン

①着

71.8%

1990

スーパークリーク

①着

70.4%

1996

マーベラスサンデー

①着

63.9%

1993

メジロマックイーン

①着

63.4%

1970

スピードシンボリ

7着

59.9%

 


 〈データ3〉毎日王冠
 天皇賞連覇に向けて好発進となるか

 毎日王冠には、2010年のダービー馬で、昨年の天皇賞・秋優勝馬のエイシンフラッシュが出走します。

 昨年は毎日王冠9着をステップに天皇賞・秋を制したエイシンフラッシュですが、

 実は、毎日王冠に優勝したダービー馬というのは、

 1957年ハクチカラただ一頭しかいません。

 一方で、天皇賞・秋優勝馬の毎日王冠の成績は次のとおり。

●天皇賞・秋優勝馬の毎日王冠成績

年度

馬名

着順

人気

1997

バブルガムフェロー

①着

1

2007

ダイワメジャー

3着

1

2009

ウオッカ

2着

1

※天皇賞・秋の距離が2000㍍となった1984年以降。

※表中の3頭は、すべて、前年の天皇賞秋優勝馬。

 

 サンプル数は少ないですが、安定した成績を残しています。

 今年のエイシンフラッシュは、どんなステップで天皇賞・秋へと向かうのか。

 ダービー馬の走りに注目です。

 

 デイリー杯2歳Sは、5日(土)15:35発走。

 京都大賞典は、6日(日)15:35発走。

 毎日王冠は、6日(日)15:45発走。

 そして凱旋門賞は、日本時間6日(日)23:15(現地時間16:15)発走予定です。

 凱旋門賞情報は、ただいま発売中の『優駿』10月号をどうぞ。

 こちらの特設サイトでも一部の記事をご覧になれます。

 

凱旋門賞まであと2日。

 

 【TBT】

ページ上部へ