ページの先頭です

2013凱旋門賞リポート~その3 藤岡佑介騎手編

せっかくフランス取材に来ましたので、今回は凱旋門賞以外のネタも紹介しましょう。


今年、フランスで武者修行をしている藤岡佑介騎手。
3日(木)に、コンピエーニュ競馬場で2鞍、騎乗しました。

Compiegne.jpg

これがコンピエーニュのゴール版です。
こじんまりしていますが、とても綺麗で気持ちのよい競馬場です。


騎乗された2鞍はともに、フランスで開業されている日本人調教師・小林智さんの管理馬でした。
結果は、以下の通りです。
第4R(一般レース) 芝2000㍍ Sakura Mambo 2着/18頭
第7R(一般レース) 芝1600㍍ Great Ray 4着/14頭

KobayashiSan.jpg




こちらは第7Rのパドックです。
真ん中が小林智調教師、右が藤岡騎手です。









FujiokaKishu131003.jpg





外から追い込んできて4着でした。

せっかくなら2着となった第4Rの写真を載せるべきでしょうが......。すみません、写真がないんです。





FujiokaKishuAfter131003.jpg










藤岡騎手の元気な姿を生で見ることができて、うれしかったです。
さらなる飛躍を期待したいですね。













さらに、4日(金)には、サンクルー競馬場の第1レースでGeneralという馬に騎乗して5着でした。



ちなみに、上記でご紹介した3頭は、すべて父がグレイトジャーニー。
そうです、日本で重賞を2勝した、あのグレイトジャーニーです。
そして、同馬の現役時代の馬主&生産牧場はノースヒルズマネジメントじゃないですか!
キズナとの繋がり(?)が感じられ、なぜか嬉しかったです。



ということで、今回は藤岡騎手のフランスでの様子をお届けしました。

【Kon】

ページ上部へ