ページの先頭です

金曜ブログ「知っ得データ集」~新潟2歳S&キーンランドC&エルムSの巻

毎日暑い日が続いていますが、夏競馬もあと2週。

この夏の成績はいかがでしょうか。

今週は新潟2歳SキーンランドCエルムS

豪華三本立ての「知っ得データ集」になります。

知っ得データ集.jpg 


 

 

 

 

 

まずは新潟2歳Sから。

<データ1>新潟デビュー組 vs 他場デビュー組

昔は新潟デビュー馬同士の争いがほとんどでしたが、

過去10年では、他場デビュー組が5勝と拮抗しています。

●他場デビュー馬の新潟2歳S制覇

年度

馬名

デビュー戦

1988

マイネルムート

美浦・栗田博憲

710日・札幌・①着

1990

ビッグファイト

美浦・境勝太郎

715日・札幌・①着

1993

エクセレンスロビン

栗東・山内研二

613日・札幌・①着

1998

ロサード

栗東・橋口弘次郎

718日・阪神・①着

2002

ワナ

栗東・音無秀孝

616日・阪神・①着

2004

マイネルレコルト

美浦・堀井雅広

620日・福島・①着

2007

エフティマイア

美浦・矢野進

624日・福島・①着

2008

セイウンワンダー

栗東・領家政蔵

621日・阪神・2着

2009

シンメイフジ

栗東・安田隆行

7 5 日・阪神・①着

2012

ザラストロ

美浦・武藤善則

623日・福島・3着

※中山で開催された1996年パーソナリティワンは新潟デビュー、2000年ダイワルージュは福島デビュー。

 

ただし他場デビュー組でも、2戦目以降で新潟を経験している馬が多く、

他場デビューでしかも初の新潟コースという馬の優勝は、

過去10年では2008年のセイウンワンダーしかありません。

 

<データ2>前哨戦・ダリア賞組の成績は?

新潟2歳Sの前哨戦として長く行われているダリア賞ですが、

ダリア賞勝ち馬の新潟2歳Sでの成績はご覧のとおり。

●ダリア賞勝ち馬の新潟2歳S成績

年度

馬名

着順

人気

1995

マイネオリーブ

2着

2

1996

シンコウスプレンダ

2着

1

1997

タマルファイター

2着

3

1999

ユウマ

3着

3

2002

マルロス

3着

1

2003

ダイワバンディット

①着

1

2004

マイネルレコルト

①着

1

2005

コスモミール

3着

3

2006

マイネルレーニア

3着

1

2009

プリンセスメモリー

11

5

2010

エーシンブラン

4着

4

1997年ダリア賞①着同着のタヤスアゲインは出走せず

 

2004年のマイネルレコルトを最後に優勝はなく、

人気になりそうな1頭、マキャヴィティにとっては

いやなジンクスですが、跳ね返すことができるでしょうか。

 


次にキーンランドC

今年で8回目という歴史の浅い重賞レースですが、

今年初めて函館で行われることになりました。

<データ3>函館スプリントS組が活躍!

昨年を除く6回で、函館スプリントS優勝馬が

3着以内に入るという結果が出ています。

●函館スプリントS勝ち馬のキーンランドC成績

年度

馬名

着順

人気

2006

ビーナスライン

3着

2

2007

アグネスラズベリ

2着

2

2008

キンシャサノキセキ

3着

1

2009

グランプリエンゼル

3着

1

2010

ワンカラット

①着

2

2011

カレンチャン

①着

1

2012

ドリームバレンチノ

7着

2

 

今年の函館スプリントS優勝馬パドトロワ

キーンランドC連覇を狙うわけでもありますが、

中間に新潟のアイビスサマーダッシュに出走していますので、

このデータにあてはまるのか、見守りたいところですね。

 

<データ4>なるか5連勝

今年のキーンランドCの注目はやはり、4連勝中のストレイトガール。

連勝を続けられるでしょうか。

●ストレイトガールの連勝

年度

月日

競馬場

レース名

距離

着順

人気

2013

623

函館

3歳以上500万下

1200

①着

1

713

函館スポニチ賞(1000万下)

①着

1

720

函館日刊スポーツ杯(1600万下)

①着

2

 

811

UHB

①着

2

 

条件戦から5連勝でのJRA・芝重賞初制覇となれば、2011年の福島記念を制した

アドマイヤコスモス以来のこと(地方競馬時代をふくめると7連勝)。

アドマイヤコスモスがこの5連勝を半年かけて達成したのに対し、

ストレイトガールが勝利すれば2カ月での達成になります。

 

最後にエルムSです。

<データ5>4度目の正直は?

エーシンモアオバーはこのレースに4年連続での参戦となります。

エーシンモアオバーのエルムSでの成績
2010年 3着 1番人気
2011年 3着 3番人気
2012年 4着 4番人気

またエーシンモアオバーは北海道シリーズでの活躍が顕著です。
札幌ダート[4-2-2-2]
函館ダート[3-0-0-3]

地方交流重賞での勝利はあるものの、JRA重賞勝ちがないだけに

待望のタイトルを獲得できるのか注目です。


<データ6>勢いには逆らえない!?

過去の実績馬か、前走勝利をあげ勢いのある馬か、

いつも気になるポイントですよね。

エルムSでは過去10年間の勝ち馬のうち、

4頭が前走で勝利をあげていました。

●エルムS勝ち馬の前走成績

年度

馬名

着順

人気

2003

アドマイヤドン

11

2

2004

パーソナルラッシュ

3着

4

2005

パーソナルラッシュ

①着

3

2006

ヒシアトラス

5着

2

2007

メイショウトウコン

除外

2008

フェラーリピサ

2着

1

2009

マチカネニホンバレ

10

1

2010

クリールパッション

①着

3

2011

ランフォルセ

①着

1

2012

ローマンレジェンド

①着

1


今回の出走メンバーのうち、前走で勝利をあげていたのは

ダノンゴールドブライトラインフリートストリートの3頭。

しかもこの3頭は前々走でも勝利をあげており、

連勝中の勢いがあります。

この勢いに乗って、重賞タイトルを手にできるでしょうか。

 

今週の重賞レースは3レースとも人気面では混戦ムードでありますので、

高配当も期待できそうですね。

今週の競馬もどうぞお楽しみに!

 

【Maria】

 

ページ上部へ