ページの先頭です

「第80回日本ダービー」が大盛り上がり中!

ダービー」は、競馬業界にとって特別なレースですよね。

特に今年は、記念すべき「第80回」ということで、例年以上に盛り上がりそうです。

 

『優駿』6月号も、日本ダービー直前発売号ということで大特集を組みました。

ダービーに向けての特集ですので、発売を通常より7日早い、今週土曜(5月18日)に変更し、

本番までの1週間、より皆さんにワクワクしていただきたいと思っております。

なるべく早めにご入手いただければ幸いです。

 

2013_06.jpg

『優駿』6月号の発売は5月18日(土)、第80回日本ダービーは5月26日(日)です。

 

ということで恒例の、担当ページの中からいくつか見どころを紹介したいと思います。

 

・スペシャル対談 ミルコ・デムーロ×クリスチャン・デムーロ

→そうです、デムーロ兄弟の対談です。

王者ロゴタイプは、兄のミルコ騎手で朝日杯フューチュリティSや皐月賞を勝ちましたが、

ダービー本番では弟のクリスチャン騎手が手綱をとることとなりました。

ロゴタイプについて、そしてダービーについて、お二人で興味深い話をいっぱいしてくださいました。

これは必読ですよ!

 

・逆転を狙う騎手&調教師 悲願の初勝利への思いに迫る

→JRAを代表する騎手&調教師の、福永祐一騎手と藤沢和雄調教師。

これまで、数々の重賞、国内外のGⅠなどを勝利されていますが、日本ダービーは未勝利です。

今年はチャンス十分の有力馬で臨む予定ということもあり、ダービーにかける思いに迫ってみました。

これを読むと、お二人には「ぜひ勝っていただきたい!」と思ってしまいます。

こちらもぜひ皆さんに読んでいただいた上でダービーデーを迎えていただきたいです。

 

・追悼企画 エアグルーヴよ安らかに...

→4月23日に死亡したエアグルーヴの生涯を振り返る企画です。

彼女の生涯を振り返るときに、管理していた伊藤雄二元調教師の存在は欠かせません。

そこで今回は、伊藤雄二元調教師に話を伺いながら、同馬についてまとめてみました。

改めて振り返ると、すごい牝馬でしたよね。

そして、競走成績はもちろん、繁殖としても立派な成績を収めています。

日本競馬における"宝"を失ったような気分ですが、娘や息子たちがこの血統をさらに広げてくれるはずです。

これからもこの血統を見守っていきましょう。

 

・海外ビッグレース

→この号では、ケンタッキーダービー(米)、英2000ギニークイーン・エリザベスⅡ世C(香港)など、

海外ビッグレースの結果も詳報しています。

日本とはまた違った雰囲気の写真ですので、そちらもぜひご注目ください。

 

 

なお、優駿にDVDが付録でついてから、今回で通算100号なんです。

そして、ダービーも記念の第80回ということで、スペシャルコンテンツを収録しました。

伝説の名馬・名シーンがよみがえる 日本ダービー・ヒストリー

いずれこのブログでも担当者が紹介すると思いますが、力作、いや超力作ですよ。

ちなみに、貴重な第1回(優勝馬=ワカタカ)のレース映像も見られます。

 

 

ということで、第80回日本ダービー直前号の『優駿』6月号5月18日(土)発売です。

 

 

~おまけ~

山手線.JPG 

 

今日、山手線に乗ったら、こんなラッピングが!

左はタニノギムレット、真ん中はミスターシービーですよね。

すごく目立っていましたし、ナイスな試みだと思いました。 

 

 

 

 

山手線オルフェ.JPG

 

 

 

その中から、オルフェーヴルのものをアップで撮ってみました。

あのダービーは本当に強かったですよね。

なお、撮影するときに電車の中の人にジロジロ見られて、少し恥ずかしかったです...。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

有楽町ウオッカ.jpg

 

 

 

こちらは昨晩、有楽町駅前で撮影したもの。

ウオッカ像!?

準備中のようでしたが、今後、記念撮影とかもできるようになるのでしょうか?

 

 

 

 

 

ダービーを前にして、街中が「ダービー色」に染まると超ワクワクしますね。

今後も、様々なイベントが用意されているようです。

詳細は http://80derby.jp/ をご覧ください。

来週、六本木で行われるイベントが、個人的にはすごく楽しみです! 

【Kon】

ページ上部へ