ページの先頭です

2人の"裕二"さん

先週は春のGⅠに向けて注目の前哨戦が行われましたが、

いずれも人気馬が敗れる波乱の結果となりました。

まず土曜日に阪神競馬場で行われたチューリップ賞

昨年の最優秀2歳牝馬のジョワドヴィーヴルが出走し、

単勝オッズ1.3倍という圧倒的な支持を受けながらも、

直線で弾けず、3着に終わりました。

また土曜日の中山競馬場ではオーシャンSが行われ、

昨年の最優秀短距離馬カレンチャンが登場したものの、

こちらも直線で伸びを欠き4着に敗退。

さらに日曜日に中山競馬場で行われた弥生賞では

2戦2勝のアダムスピークが出走してきましたが、

見せ場も作れず8着に敗れてしまいました。

先週は馬場コンディションにも恵まれなかったので

一概に敗因を言い切れませんが、この結果を受けて、

特に3歳牝馬路線はジョワドヴィーヴル断然ムードから一転、

どの馬にもチャンスがある印象になってきました。

この春は一体どんなドラマが見られるのでしょうか。


さて先週は5人の新人騎手がデビューを果たし、

さっそく中井裕二騎手がデビュー2戦目で初勝利をあげました。

中井騎手はデビュー戦になるはずの土曜・中京1レースでは出走取消でしたが、

そのアクシデントにもめげず、3着、1着となり、

日曜日も2着に入るなどしっかり成績を残しました。

今後もその手腕には注目したいところですね。

また他の新人騎手も焦ることなく一戦一戦大事に騎乗して

関係者やファンからの信頼を掴んで欲しいと思います。

なお5人の表情や詳しいプロフィールが知りたい方は

優駿』4月号に掲載されますNews & Topics騎手名鑑をご覧下さい。

ちなみに今年の新人騎手には"裕二"さんがお2人いますので、

声援を送ったり横断幕を作る際はお気を付け下さい。


【Maria】

 

ページ上部へ