ページの先頭です

競馬場は動物たちのパラダイス!?

 

昨日のうちに決めておいたブログテーマを、すっかり失念してしまったYamaです。


最近は物忘れがひどいため、

なるべく忘れないうちに処理してしまうか、

あるいはすぐにメモを取るようにしているのですが、

そのいずれも怠ってしまうと上記のような事態を招いてしまうんですよね。

今日も一向に思い出せそうにないので、

テーマを変えて「今週の編集部」についてリポートします。

 

 

今週は12、13日が4月号の校了日でしたが、

直後の14日になってエイシンフラッシュのドバイワールドC参戦が発表となり、

急遽ページの差しかえが発生するも、

担当のMariaが慌てることなく対応し、5時間程度で差しかえ作業は完了し、

事無きを得ました。

あとは発売日まで何事も起こらないことを祈るのみ!

 

そして、校了後に控える次の大きな仕事といえば次号の企画会議ですが、

こちらは来週月曜日に開くことになっているので、

本日3月16日金曜日は作業的にも精神的にも比較的ラクな日なんです。

ただ、編集部では久しぶりに大規模な席替え作業が進行しているため、

私も今日から少しずつ机の上を整理し始めました。

 

しかし、いざ始めてみると、思いがけないモノが出てきたりして、作業が中断することしばし。

ぐりぐり◎の創刊2号(JRA全開催場全レース馬柱掲載の競馬新聞は当時は画期的でした)とか、

デビュー当時の広末涼子のクリアファイルとか、

西原理恵子のコミックス『鳥頭紀行』とか、

J-PHONEのカタログとか、仕事と関係のないものがほとんど(苦笑)。

  

さらに片付けを進めていくと、1冊の古いアルバムを発見しました。

フサイチペガサスが優勝した2000年ケンタッキーダービーの取材時に私が撮影した写真。

今から12年前の思い出が詰まったそのアルバムのページをめくってみると...。

 

芹沢鴨-Blog.jpg

作品名「芹沢鴨」

 

Stom Cat-Blog.jpg

作品名「Storm Cat」

 

ケンタッキーダービーの厩舎取材のはずなのに、写っているのはカルガモ

『優駿』といえばカルガモ、カルガモといえば『優駿』というほど、

競馬雑誌の中でもっともカルガモへ熱い視線を送っている本誌ではありますが、

いくら何でもこれはヒドイですね。

 

ひとことだけ言い訳をさせていただくと、

同行したプロのカメラマンに馬の撮影はお任せしていたので、

失礼のないよう、私は競馬場内厩舎地区の雑感をおさえていたんだと思います(きっと)。

 

でも、競馬雑誌のブログなのに馬の写真をお見せしないのもどうかと思い、

もう少し机を漁ってみたら、出てきましたよ、馬フォトが。

永田ラッパ.jpg

作品名「永田ラッパ」

 

2000年の凱旋門賞取材時に撮影した本馬場でのパレードの模様です。

青い空と白い雲、栗毛の馬の隊列がマッチングしていて、

個人的には気に入っている一枚です。

 

馬の写真は今日のところは他に見当たらないので、この一枚でご勘弁ください。

席替え作業は来週も続きますし、また何か面白いモノが出てきましたら、

ご報告させていただきますね。

 

では、また。

【Yama】

ページ上部へ