ページの先頭です

好例の(?)恒例

先月、軽くお休み宣言をして様子をうかがいましたが、「世間が許さない」(?)ということで、

発売日直前の水曜恒例、「優駿の最新号をチラ見!」をいってみたいと思います。

 

メイン特集は「第142回天皇賞・秋」の直前情報です。

ドリームジャーニーロジユニヴァースら、何頭かの有力馬が回避してしまったのは残念ですが、

2000㍍のレースは、世界的に見ても、最も好メンバーが集まる舞台です。

必ずや、我々を熱くしてくれるレースが繰り広げられるでしょう。

ということで、レースの前に『優駿』をご覧いただき、ワクワク感を増幅させてください。

 

続いては、「第89回凱旋門賞詳報」。

ご存知の通り、日本のナカヤマフェスタが惜しくも2着に敗れました。

本文にもありますが、さらに次のステージへとつなげていただき、

来年以降、最高にHOTな結果をもたらしてくれることを願っています。

もちろん、3歳クラシックホースであるヴィクトワールピサの挑戦も、ナイストライでした。

計14ページにわたり詳報していますので、読み応えありますよ。

 

 

ということで、これまた恒例の、担当ページからいくつか。

 

表紙

優駿2010.11表紙.jpg 

「うん、ナカヤマ、いい感じだぞ」

「伸びてる!」

「おっ、先頭に立つか!!」

「マジで勝っちゃうぞ!!!」

「えっ、なんだ、内の馬は......」

「差せーーーーー!!!!」

「うわーーーー」

「..................うーん............惜しかった.........」

という、あの日、あの瞬間の"思い"がよみがえるカット、というのをコンセプトに作りました。

表紙はタテ長にできる写真、という縛りがあり、レース写真は難しい面もありますが、いかがでしょう?

よく見ると、後ろで大声をあげている観客が見えますが、彼がレースの熱さを表現してくれています。

 

2010ブリーダーズC直前情報

→このブログでも何度か紹介しましたが、エスポワールシチーレッドディザイアがアメリカ・ブリーダーズCに参戦予定です。

日本馬のこと、そのライバル馬たちのこと、今年の見所、さらにブリーダーズCの歴史なども載せています。

現地時間の11月5日にレッドディザイアのフィリー&メアターフが、

同6日にエスポワールシチーのクラシックが行われます。

ぜひこの特集を読んでいただき、レースを楽しみにしていてください。

なお、このブログで、現地からリポートをお届けする予定です(詳細は後日)。

 

ダジャレの教室

→担当外ですが、(これまた恒例の)今月のダジャレ・オブ・ザ・マンスは......

松フォワ賞

なんか、和のテイストと仏の華やかさが、別次元で融合しているような、していないような、

アンバランスなんだけど、ギリギリの線で綱渡りをしているような、やっぱり落ちかけているような、

そんな不思議な感覚に陥る作品です。

雲の峰 いくつ崩れて 巴里の山

「山」は「いただき」と読みかえてください。

おそまつ。 

【Kon】

ページ上部へ