ページの先頭です

10月号、本日発売!


さて来週はいよいよスプリンターズSです。

秋のGⅠが始まったと思ったら、あっという間に年末になっていたなんてことはありませんか。

時間は加速も減速もしないでしょうから、競馬ファン特有の感覚かもしれませんし、

早く感じられるということは、それだけ充実した時間を送れているという証でもあります。

そんな素晴らしい季節を前にして、

今回のブログは『優駿』最新号に関する話題を中心に、秋のお知らせスペシャルとしてお届けします。

 
☆お知らせ1☆

本日は、『優駿』10月号の発売日です。

詳細はトップページの表紙画像をクリックしてご覧いただくこととして、

ここでは個人的に選んだ「10月号の注目ページ」を紹介します。

水曜日担当Konの企画に似ていますが、決してパクリではありませんから(ホントか)。
 
◎36ページ(故・今井壽惠氏が撮影したナリタブライアンのポートレート)

 ※切り取って部屋に飾りたいくらい素敵な写真です。

◎66~67ページ(ゆうしゅんPOGノート 「飛躍が期待できる素質馬トップ5」)

 ※須田鷹雄氏をはじめとする目利き3名が、今後が楽しみな2歳馬を5頭挙げてもらいました。POGファンにオススメ。

◎116~117ページ(ワールドレーシングニュース シーザスターズの魅力)

 ※数十年に一度の名馬の登場に、ヨーロッパでは日本でいうディープ・フィーバー並みに盛り上がっているようです。

◎136~137ページ(まれに天使のいる場所)

 ※タイトル通り、まれにしか天使はいませんが、今回はいます。ファンキーなイラストにも注目!

◎153ページ(Photostud ブエナビスタ)

 ※オークスのゴール前。「どこから撮ったの?」というアングルの妙と、四肢を目一杯に伸ばして駆ける姿に惚れ惚れするはず。

 
 
☆お知らせ2☆

本日午後3時より「2009優駿エッセイ賞」の最終選考会を行います。

予備選考会を通過した16作品から入賞作品を決定しますが、

各選考委員の事前評価を見る限り、かなりの混戦模様です。

はたしてグランプリの栄光は誰の手に?

結果については、10月24日(土)発売の本誌11月号にて発表しますので、どうぞお楽しみに!
 
 
☆お知らせ3☆

東京競馬場内のJRA競馬博物館で開催されている

「競馬に携わる人たち パート10 レーシングプログラム・競馬雑誌編」が、

10月4日(日)をもって終了します。

『優駿』ができあがるまでの制作工程なども紹介されていますので、

興味のある方はお早めにどうぞ。
 
 
☆お知らせ4☆

街中の"競馬情報発信基地"「Gate J.」(東京・新橋)の完成まであと3週間と迫ってきました。

なぜここで「Gate J.」の話題なのかというと、優駿編集部と同じビルの1階にできるからなんです。

最近は大型テレビジョンなども搬入され、オープン間近なのが実感できます。

新橋周辺で働く皆さんも、そうじゃない方もはぜひ足を運んでみてくださいね。

10月16日(金)オープンです。

http://www.gatej.jp/
 

以上、お知らせでした。
 
最後に、次週10月2日(金)のYama担当ブログ予告を。

凱旋門賞直前スペシャルとして、

「ディープ・フィーバーから3年。パリの思い出ショット集」をお届けする予定です。

本当は10月1日向きのネタですが(苦笑)。

では。

【Yama】

ページ上部へ