ページの先頭です

そりゃ全部です

『優駿』10月号の発売まで、あと2日となりました。

ということで、恒例(?)の、私の独断で決めるオススメ記事紹介~。

 

今月号でオススメのページといえば、そりゃ「全部」です。

以上、よろしくお願いします。

 

......それでは物足りないという人のために、

自分の担当ページの中からいくつか、コーナー紹介をしてみましょう。

 

フランスで調教師となったひとりの日本人ホースマン

ワールドレーシングニュース内に「ワールドレーシングコラム」というコーナーがありますが、

ここ何年か、寄稿いただいている小林智さんが、去年、フランスで調教師試験に合格しました。

そして、今年の春、厩舎を開業したんです。

そんな小林さんのこれまでのホースマン人生から、調教師として歩き始めた現在に至るまでをまとめています。

応援したいホースマンですし、ぜひ皆さんにも彼のことを知ってほしいと思います。

 

この秋達成されるか!? 中央競馬の注目記録集

何年か前、「優駿レコードブック」という、中央競馬の記録集を掲載したことがありました。

そのときに、読者の皆さんから届いたハガキを拝見したところ、

思っていた以上にご好評いただいたな、という印象でした。

だからというわけでもありませんが、今回、記録集を作ってみました。

それも、「今秋に達成されるかもしれない」記録に特化して、まとめてみたわけです。

ウオッカの記録、ブエナビスタの記録、武豊騎手の記録、池江泰郎調教師の記録、etc.

これを知った上で秋競馬を見れば、面白さが増すことは間違いありません。

 

英レーシングポスト紙記者が斬る シーザスターズの魅力

前にこのブログでもちょこっと紹介しましたが、

レーポスの記者であるニコラス・ゴッドフリー氏にシーザスターズについてまとめてもらいました。

なかなか熱い内容になっています。ぜひご一読ください。

ちなみに、彼のあだ名は「ニック」なんですが、普段は「肉」と呼んでいます。

 

ダジャレの教室」(コーナー自体は担当外ですが)

ウマいこと言いくルメール

たとえアガ・カーン氏とイザコザが起きてもすぐに解決

 

 

長くなるので、今回はここまで。

ということで、『優駿』10月号もお楽しみに!

【Kon】

ページ上部へ