ページの先頭です

森調教師+三浦騎手=ニューマーケット

三浦皇成騎手がイギリスで、初騎乗、初勝利を成し遂げ、さらに2つめの勝利を収めたそうです。

慣れない土地、環境で、いきなり結果を出すのは容易なことではありません。

今後の、さらなる活躍を楽しみにしています。

 

 

さて、三浦騎手が遠征しているイギリス・ニューマーケットですが、

シーキングザダイヤがジュライカップに出走したとき、取材に行きました。

 

まずは車で街のほうに突入しましたが、

「おおっ、トレセンをスケールアップしたような、壮大な馬の街!」という印象でした。

だって、「馬優先」(という意味だと思われる)看板が出ていたり、

車道(公道)を馬の集団が当たり前のように横切っていたりするんです。

当然、そのような場面では、車がストップしないといけません。

最初に遭遇したときには、よく分かっていなかっただけに、ドキドキしちゃいました。

 

続いて、いよいよ厩舎から調教場に足を踏み入れましたが......もんのすんごく広い!!!

だって、向こうの丘の様子なんて、裸眼ではイマイチ確認できないほど遠いんですから。

でも......肝心の馬が、見当たらないぞ?

なんて思いながらボケッとすること(?)10分、ようやく、はるか向こーーーうのほうに馬を発見しました。

Newmarket_Horse.JPG

それを皮切りに、各厩舎ごとに隊列を組んで、何度かこちらに馬がやってきました。

よかった、馬、いるんじゃん。

Newmarket.JPG

 

とにかく、ひと言で表現するのは難しいような、「馬ワールド」がそこには広がっていました。

 

実は、いまのところ"ニューマーケット体験"はそのときが唯一なんです。

ちなみに、シーキングザダイヤを管理していたのは、森秀行調教師でした。

     ※     ※     ※

すでにこのブログでAozoが紹介していますが、

次号(9月25日発売)の『優駿』で、森調教師のインタビューを掲載しています。

 

校正段階でその記事を読み、さらに三浦騎手の活躍を耳にしたとき、

心に、あのニューマーケットの情景が浮かんできたのでした。

【Kon】

ページ上部へ