ページの先頭です

京都に行ったらよく買うもの

いつもふざけたタイトルでスミマセン(汗)。

優駿スタッフは仕事柄、京都駅を頻繁に利用します。
京都競馬場へ取材に行く際も、栗東トレーニングセンターに潜入(スパイかっ)する時も
必ず経由する駅ですから。

取材を終えて帰る際、オイラはここでほぼ必ず買うお土産があります。

阿闇梨餅
(あじゃりもち、と読みます)

関西圏の方にとっては「何をいまさら~」と思うかもしれませんが、
今日はそれ以外の地区の方のために紹介します。

値段もお手頃! モチモチ感が「ハンパねぇ~」。

ここで阿闇梨餅に関するエピソードをひとつ。
岡部幸雄さんがまだ現役騎手だった頃(今から5~6年前くらい)、
当編集部Higeがご自宅にお邪魔して取材を行いました。
その帰り際、奥様から「これ本当に美味しいからお持ちになってください」と
阿闇梨餅をお土産にいただいたそうな。

ajarimochi.jpgかつての名手も堪能する京の銘菓、
ぜひ一度お試しあれ。
(「こら~! 和菓子じゃなくて『優駿』の宣伝をしろ~!」という声が遠くの方から・・・)

今月のオイラは関西圏での取材がなかったので、
つい先日、藤岡康太騎手の取材(京都)に行ったTBTに、編集部お土産用として買ってきてもらいました。
開封後すぐさま編集部員&バイトチームが群がり、
すぐに12、3個くらい入った箱がカラとなってしまいました。(と言いながら3つ食べました)

   

 

さて、遊んでばかりと思われそうなのでここで取材のご報告。
8月末都内某所にて「2009秋の見どころを斬る」と題して
合田直弘さん須田鷹雄さん細江純子さん辻三蔵さん
による座談会を行いました。

zadankai2009Autumn.jpg「ブエナビスタの凱旋門賞はどうなるか?」を
座談会のひとつ大きなテーマと見越していたんですが、
直前に遠征断念の決断。
正直「どないしよう・・・」とドキドキ・・・。

それでもさすがはみなさん"競馬のプロ"! 座談会での知識の引き出しの多さに感服。『優駿』10月号誌上では10ページにわたり展開していきます。

どうぞお楽しみに。

★オマケ★
(熊沢騎手ではありません)にご注意!
 今月9日、北海道新ひだか町でヒグマが現れ、ハンターの一人が襲われて重傷を負ったそうです。
これまで「ぜひ北海道へ」的な話をブログで展開してきた手前、こういった情報もお知らせしなくては。

http://www.uma-furusato.com/info.php?mid=1196&cid=2

競走馬のふるさと日高案内所 緑川所長からのメッセージ
「ちょっと怖がらせてしまうニュースでしたね。実際のほとんどは熊の方から逃げていきますから、声高に『注意してください!』というほどではありません。ただ、本州からこちらへいらっしゃる方で『実際に熊を見たい!』と言って、わざわざ山の奥へ入っていく方がたまにいらっしゃるんです。それだけは絶対にお止めください」

熊を見たいなら登別の方にクマ牧場があるので、どうぞそちらへお願いします。

【Aozo】

ページ上部へ