ページの先頭です

強い、強すぎるぞ!

先週の当ブログで紹介しました、シーザスターズレイチェルアレクサンドラですが、

2頭とも無事に(?)、勝利を収める結果となりました。


シーザスターズは、愛ダービー馬フェイムアンドグローリーや

愛2000ギニー馬マスタークラフツマンらを寄せ付けずに快勝。

フェイムアンドグローリーを抜き去るときの脚はものすごかったですね。

いやいや、この馬、強すぎます。

 

某動画サイトでレース映像が観られるという噂も耳にしましたが、真相は???

仮に検索するなら「Sea the Stars Irish Champion Stakes」あたりでしょうか。

 

実は、次号で凱旋門賞の有力馬を紹介する記事を作っていますが、

その中で英レーシングポスト紙の記者にシーザスターズについての原稿を書いてもらいました。

He is a fantastic horse!

He is a  superstar!

彼からのメールには、毎回、シーザスターズを絶賛する言葉が...。

英愛の競馬サークルは彼の話題で持ちきりのようです。

 

 

一方のレイチェルアレクサンドラですが、古牡馬らを相手に果敢に逃げ、

最後の直線ではマッチョアゲイン(牡4、09スティーブンフォスターH・米GⅠの覇者)に捉まるかと思いきや、

最後の最後まで粘り通しての勝利。

これまでのパフォーマンスからすると「辛勝」という印象もあるかもしれませんが、

あれだけの速いペースで逃げて、しかも初めての古馬との闘いですし、

最後まで抜かせなかったことに価値があります。

いやいや、こちらもすごい3歳牝馬ですね。

 

映像は、 http://www.ntra.com/ のサイトから、

左上の「RACING」→「Video」、下にスクロールして「Woodward S.」をクリックしていけば観られると思います。

 

 

もうひとつ、嬉しいニュースがありました。

9月5日の新潟第5レース(芝マイル戦)で、メジロマックイーン産駒のメジロイングリッドが勝利しました。 

mejiroing.JPG

現2歳世代がマックイーン最後の産駒ですが、その数はわずかに2頭。

そのうちの1頭が新馬勝ちしたわけです。

 

9月号の「血が紡ぐサラブレッドの物語」で、親仔4代天皇賞制覇について紹介していますが、

最終世代2頭のうちのどちらかがこのドラマを紡ぐのか...。

"小説よりも奇なり"な結果を迎えるべく、ステージの幕が上がったのかもしれません。

 

こちらも今後、注目してみてください。

【Kon】

ページ上部へ