ページの先頭です

欧米で注目の3歳馬が土曜に出走予定

欧米でいま、最も注目されている馬といえば、

アイルランドのシーザスターズ Sea the Starsと、

アメリカのレイチェルアレクサンドラ Rachel Alexandraでしょう。

2頭とも、今週土曜(9月5日)に出走する予定です。

 

シーザスターズは鹿毛の3歳牡馬で、今年、ナシュワン以来20年ぶりに英二冠馬となりました。

二冠達成後は古馬混合のエクリプスS、さらに英インターナショナルSに勝利。

特筆すべきは、これまで倒してきた相手が、その後、次々とビッグレースを制していること。

マスタークラフツマンは愛2000ギニーとセントジュームズパレスSを、

フェイムアンドグローリーは愛ダービーを、リップヴァンウィンクルはサセックスSを、

そしてコンデュイットはキングジョージを勝利したんですから、

シーザスターズの戦績には文句のつけようがありません。

母は1993年の凱旋門賞を制し、同年のジャパンCにも出走したあのアーバンシーだけに、

日本の競馬ファンにも馴染みがあると思います。

 

同馬は愛チャンピオンSに出走して、フェイムアンドグローリーらと戦う予定です。

とはいえ、馬場状態が悪くなりそうなら出走回避もあり得ます

"出てくれば"大注目の一戦となるでしょう。

 

 

一方のレイチェルアレクサンドラは、鹿毛の3歳牝馬です。

ケンタッキーオークスで2着馬に20馬身1/4差をつけて勝利し、ファンの度肝を抜きました。

その後、カーリンなどで知られるJ.ジャクソン氏らへトレードされたこともあり、

勇躍、トリプルクラウンの第二戦となるプリークネスSに出走、ダービー馬らをおさえて快勝しました。

その後、ベルモントSは回避しましたが、3頭立てのマザーグースSを19馬身1/4差で勝利し、

さらにハスケル招待SではベルモントSの覇者サマーバードを6馬身ちぎって圧勝しました。

 

レイチェルアレクサンドラは3歳戦のトラヴァーズS(8月29日、勝ち馬サマーバード)ではなく、

歴戦の古馬が待つウッドワードSに出走することになりました。

牝馬路線が整備されているアメリカにあって、これだけ"挑戦"を続ける彼女の存在は稀有であります。

こちらのレースもぜひ注目してみてください。

【Kon】

ページ上部へ