ページの先頭です

馬産地の観光シーズン到来

7月23日のブログでTBTからお褒めの言葉(?)をいただいた編集部の観光大臣ことAozoです。

さて、私も先週「ホースメンズトレジャーズ」の3件の取材で北海道に行ってきました。
浦河のガーベラパークスタッドの本巣ご夫妻、写真家の内藤律子さん、平取のサイレンススズカの故郷、稲原牧場さん。どの方々もご多忙のなか、たくさんの時間を割いてご協力していただきました。本当にありがとうございました。
誌面では9月号から順次紹介していきますので、どうぞお楽しみに。

取材余話はまた後日にするとして、今回はTBTの話にも出た新冠「レ・コードの湯」について少し語ってみたいと思います。

馬産地北海道はとても広く、早来、鵡川、門別、平取、新冠、静内、浦河、様似など多くの町があり、それぞれに違った"町の風情"があります。
なかでも、個人的に一番のお気に入りは新冠。
理由をうまく表現するのが難しいのですが、とにかくフィーリングが合うんです。
きっと自分の前世は新冠生まれの牛だったのでしょう。
晴れた日のサラブレッド銀座や新冠展望台は絶景です。

その新冠の静内寄りにあるのが「レ・コードの湯」というホテル&温泉施設です。
宿泊はもちろんのこと入浴だけの利用も可能で、夕方は地元の方々もたくさんいらっしゃいます。
またここは競馬関係者もよく利用するようです。
実際この温泉に入ったとき、隣で体を洗っていた方をよくよく見ると、騎手時代にダービーも制したことのある調教師だった、なんてこともありました。

意外にも馬産地にはけっこう温泉があります。もちろん"馬の温泉"ではなく、ヒトが入る温泉ですよ。門別にも静内にも三石にもあったりします。今や夏休みシーズンに突入。このお休みを使って馬産地見学へ、という方もいらっしゃるかと思います。見学プランの中に組み入れてみてはいかがでしょうか。

レコードの湯1.JPG レ・コードの湯。目の前には太平洋が!

【Aozo】

ページ上部へ