ページの先頭です

今月の立ち読み

不滅のライバル物語

Prologue
対決までの蹄跡


マヤノトップガン

3歳秋に素質が開花し、3つのGIタイトルを獲得

 マヤノトップガンは95年の年度代表馬だが、10月までは11戦して、未勝利と条件戦を3勝しただけの馬だった。骨瘤でデビューが遅れ、ソエもあり最初の7戦はダート。ダービーの日にやっと2勝目を挙げ、秋に初めての重賞出走を果たすと神戸新聞杯、京都新聞杯と連続2着。勝ち切れないまでも素質が開花し始めた。

 菊花賞は牝馬ダンスパートナーが1番人気に。そんな混戦模様の「乱菊」を、マヤノトップガンは4コーナー先頭から堂々と押し切ってGI馬となる。続く有馬記念の走りはさらに積極的だった。逃げて、タイキブリザードやナリタブライアンの追撃を封じ込めてみせた。

 4歳初戦の阪神大賞典はナリタブライアンとの大激戦。アタマ差敗れたが「平成の名勝負」と称えられた。しかし続く天皇賞・春では折り合いを欠き5着。サクラローレルの台頭を許す。

 宝塚記念は温泉放牧で立て直した効果もあり、ナリタブライアンもサクラローレルも不在のメンバーに楽勝。王者の貫録を見せたのだった。


サクラローレル

重度の怪我から立ち直り、現役最強へ名乗り出る

 牧場時代は成長が遅く、評価も決して高くなかったサクラローレル。3歳1月のデビュー後は勝ったり負けたり。青葉賞3着でダービー出走権は得たが、本番は球節炎で回避。秋も菊花賞を目指すが、条件戦も勝ち切れず。3勝目はナリタブライアンが三冠を達成した2週間後だった。

 しかしサクラローレルはここから軌道に乗る。連勝でオープン入りすると、年明けの金杯・東も圧勝。目黒記念2着から天皇賞・春へ向かうが、栗東入り後、なんと両前脚を骨折してしまう。獣医師の診断は、競走能力喪失に近いというものだった。

 復帰は約1年1カ月後。小島太騎手が引退し横山典弘騎手に乗り替わったサクラローレルは、しかしその中山記念を勝ってしまう。ファンも関係者も、誰もが驚いた圧勝だった。

 そして迎えた96年天皇賞・春。単勝14.5倍と離れた3番人気ながらナリタブライアンとマヤノトップガンの「二強」を豪快に差し切り、GI初挑戦で初制覇を達成。現役最強馬の一角として、秋を迎えることとなった。


マーベラスサンデー

条件戦から6連勝、遅れて来た素質馬

 デビュー前から調教で古馬をちぎるなどして話題になっていた、サンデーサイレンス初年度産駒のマーベラスサンデー。しかし度重なる怪我や病気で、その出世はひどく遅れた。

 最初の躓きは2歳8月、調教での骨折だった。9月には重い疝痛で、480kgの馬体重が390kgにまで減った。九死に一生を得て、やっとデビューできたのは3歳2月。新馬、特別の2連勝を飾るが、続く毎日杯の追い切り後に再び骨折。さらに秋、治ったと思った矢先にまた別の箇所を骨折。結局、次にターフに戻ってきたのは4歳春のことだった。

 1年1カ月ぶりの明石特別は、不利もあり4着。しかしその次走から、破竹の快進撃は始まった。条件特別を2連勝後、エプソムC、札幌記念、朝日チャレンジCとGIII3連勝。そして秋、GII京都大賞典も完勝。すべて1番人気、すべて危なげのない走りでの6連勝だった。

 遅れて来た素質馬にして、この秋、最大の上がり馬が、天皇賞・秋でついにGI初挑戦の時を迎えることとなった。


(続きは、1月24日発売の『優駿』2月号でお読みください。)

ページ上部へ