ページの先頭です

今月の立ち読み

不滅のライバル物語

Prologue
対決までの蹄跡


ウオッカ

規格外の能力を見せつけ2歳女王に

 調教で古馬のオープン馬に食らいつくなど抜群の動きで、厩舎では早くから大きな期待をかけられていたウオッカだが、世間の評価は最初からそこまで高かったわけではない。10月末の新馬は2番人気。押し出される形で逃げて3馬身半突き放したが、次の黄菊賞も、重賞やオープンで好走してきた牡馬が揃い、やはり2番人気にとどまった。しかもレースでは先を見据え、前に馬を置いて我慢させることを優先させた結果、マイネルソリストに逃げ切られ2着と敗れてしまう。

 1勝馬のため抽選を潜り抜けて出走した阪神ジュベナイルフィリーズは、ファンタジーSを2歳JRAレコードで圧勝した大本命馬アストンマーチャンがいたこともあり、4番人気。しかしウオッカは、コース改修直後の阪神でその規格外の能力をついに解放する。直線、3番手から抜け出して後続を引き離すアストンマーチャンにただ1頭、外から迫り、ねじ伏せるように差し切ってしまったのだ。勝ちタイムは2歳JRAレコードだった。

 年明け初戦はエルフィンS。1頭だけ斤量が2kg重かったが、軽く仕掛けただけで4、5番手から突き抜けて3馬身差。堂々たる2歳女王として断然人気に応え、万全の態勢でチューリップ賞から桜花賞へと進むこととなった。


ダイワスカーレット

牝馬離れした能力の高さを示す

 牧場時代から並外れた動きで評判になっていた、皐月賞馬ダイワメジャーの半妹。デビュー戦は、奇しくもその3歳上の兄が出走するマイルチャンピオンシップと同日の、京都競馬場が舞台となった。

 芝2000mの新馬に登場したダイワスカーレットは2番手から勝負所で早々と先頭に立ち、楽々と押し切り勝ち。兄妹の同日同場勝利は大きな話題となった。

 2戦目は中京2歳S。京都2歳Sを逃げ切ったゴールドキリシマを軽く捻り、アドマイヤジャパンの半弟という良血でこれも評判馬のアドマイヤオーラの追撃を余裕で抑えると、そのスケールの大きな走りは2週前にGIを勝ったウオッカに勝るとも劣らないとの評価を得る。

 年明けのシンザン記念はスローペースの瞬発力勝負となり、アドマイヤオーラと馬体を併せて伸びたものの追い比べで競り負け、初の敗戦。前日の雪で緩んだ馬場も向かなかったが、しかしアドマイヤオーラも、3着に降したローレルゲレイロも、牡馬クラシックの有力馬。ダイワスカーレットが牝馬離れした能力の持ち主であることは、もはや明らかだった。

 ここまでの3戦は、すべて牡馬との混合戦。そんなダイワスカーレットがチューリップ賞で、ついに初めて牝馬同士の戦いに参入することとなった。


(続きは、10月25日発売の『優駿』11月号でお読みください。)

ページ上部へ