ページの先頭です

今月の立ち読み

不滅のライバル物語

Prologue
対決までの蹄跡


オグリキャップ

同世代も古馬も一蹴し、中央入り後は無傷の6連勝

 笠松で12戦10勝の実績を引っ提げ、この年の春に中央入りしたオグリキャップは、しかしクラシック登録がないため皐月賞やダービーには出られず、GIIIとGIIを舞台に快進撃を繰り広げていた。

 中央入り初戦のペガサスSは3馬身差快勝。毎日杯では重馬場を克服し、直後に皐月賞を制するヤエノムテキらを一蹴した。続く京都4歳(※当時の表記)特別も5馬身差圧勝。当時は東京で行われていたニュージーランドTに至っては圧巻の7馬身差で、勝ちタイムは約1カ月前の安田記念におけるニッポーテイオーのそれを0秒2上回っていた。

 古馬との初対戦となった7月の高松宮杯も、GI戦線の常連ランドヒリュウをあっさり差しきってレコード勝ち。そして秋、オグリキャップはついに中長距離GI戦線に殴り込むこととなった。

 約3カ月の休養を挟んで出走したのは天皇賞・秋の前哨戦、毎日王冠だった。女傑ダイナアクトレスや古豪シリウスシンボリ、安田記念馬フレッシュボイスなど超一流馬が揃う中、ここも外から豪快に差しきりメジロラモーヌが持っていた重賞6連勝の最多記録に並んだオグリキャップ。いまだ底知れぬ「芦毛の怪物」が、戦後初の3歳馬による天皇賞制覇を目指し、ついに大舞台のゲートに入った。


タマモクロス

最下級条件からGI初制覇まで連勝街道を突き進む

 3歳秋まで8戦して1勝。最下級条件の、それもダート戦を勝ちきれずにいたタマモクロスが突然、連勝街道を走り始めたのは、この前年の10月のことだった。

 ソエが解消したこともあり久しぶりに芝のレースを使われると、いきなり7馬身差の圧勝。続く藤森特別も8馬身差でぶっちぎると、格上挑戦で臨んだGII鳴尾記念も最後方から差して6馬身差、レコードの圧勝。年明けの金杯・西は最内を突き抜けて勝利し、阪神大賞典では前が詰まる大ピンチを底力で1着同着に持ち込んでみせた。GI初挑戦の天皇賞・春も1番人気に応えて3馬身差完勝。宝塚記念も2馬身半差で制し、重賞5連勝を含む破竹の7連勝を達成すると、もうその実力を疑う者はいなくなっていた。

 宝塚記念で快足馬ニッポーテイオーを降したことでスピード競馬への適性に自信を持った陣営は、カイバ食いが悪く体調の維持が難しい面を考慮し、秋は前哨戦を使わずに天皇賞へ向かうことを決めた。放牧には出ず、札幌と函館の競馬場で調教を積んで夏を越したタマモクロスに、状態面の不安はなかった。史上初の春秋天皇賞連覇へ向け、もはや相手らしい相手も見当たらなかった。

 唯一、いまだ底を見せていない怪物3歳馬、オグリキャップを除いては。


(続きは、4月25日発売の『優駿』5月号でお読みください。また、付録のDVDには88年天皇賞・春、88年ジャパンC、88年有馬記念のレース映像が収録されています。)

ページ上部へ