ページの先頭です

愛されホース

いやいや、ジャパンCはいいレースでしたね。

 

特に印象に残っているシーンが2つ。

ひとつは、ゴールしたあと、

向正面あたりで、サラリンクスに騎乗していたC.スミヨン騎手がブエナビスタを撫でたシーン。

もうひとつは、ウイニングランでスタンド前に戻ってきて、

担当厩務員の山口慶次さんがブエナビスタを迎え、岩田康誠騎手とともに男泣きしたシーン。

ブエナビスタは、関係者の皆さんに、本当に愛されているんだなと思わずにはいられませんでした。

 

次走は有馬記念、そこが引退レースになる予定です。

三冠馬オルフェーヴルとの「夢の対決」が実現するとなれば、真の意味で2011年のハイライトとなります。

どちらが強いのでしょうか。どちらが中山2500mを上手に走れるのでしょうか。

もう、いまから楽しみでなりません。

 

もちろん、次号の『優駿』は、有馬記念直前号ということで、この2頭を大きく取りあげます。

発売日は通常よりも早い12月17日(土)となっています。

オリジナルの2012年カレンダーも付いていますので、お忘れなく!

 

......なんて書きましたが、12月号も発売して間もないですよね(笑)。

こちらは「三冠馬」誕生の様子を余すところなくお伝えしていますので、永久保存版ですよ。 

世界とつながる日本」という企画も、知っていて損はないネタが詰まっています。

こちらは"今すぐ"お買い求めいただけますので、よろしくお願いします。

 

2011有馬記念ファン投票バナー01.pngのサムネール画像

さて、有馬記念のファン投票は、もうすぐ締め切りです。

まだ投票がお済でない方は、一刻もはやくポチッとしてきてください。

個人的には、干支ターフィーが欲しいです。

知り合いに辰年生まれの方がいますので、当たったらプレゼントしようと思います。

 

【Kon】

今週はジャパンCダートです。

一昨年、前年の覇者が対峙する、というよりも、南部杯の再戦、という感じでしょうか?

南部杯1着のトランセンド、2着のダノンカモン、4着のエスポワールシチーが

それぞれ次走は別のレースを走って、再びジャパンCダートの舞台に上がってきました。

トランセンドはJBCクラシックで2着、ダノンカモンは武蔵野Sで2着、

エスポワールシチーはみやこSで1着と、上昇度ではエスポワールシチーにありそうな感じもします。

でもトランセンドもドバイワールドCを見据えているでしょうから、まだ上積みはあるはずです。

実績馬2頭の争いとなるのでしょうか?

うーん...、牝馬のダートナンバーワン・ツーも出走していますし、悩みますね。

 

そして、この週はワールドスーパージョッキーズシリーズが行われます。

初参加の騎手が多いので、どんなレースになるのかも見所のひとつじゃないでしょうか。

 

いや~今日は不思議な1日でした。

とある事情で、とある人物になりきる必要があったのですが、

難しいですね。意味不明で申し訳ありませんが、役を演じるのは難しい、ということです。

そして、デザイナーさんへ原稿の交換のお使いをアルバイトさんに頼んだのですが、

なぜか受け取るものがないまま編集部に戻ってきました。

どのデザイナーさんにお渡ししたのか全く分からずじまい。

デザイナーさんに電話しても、まだお使いさんがこない、と半怒り気味でしたし、

アルバイトさんは確かに渡したと言いますし...。真相は藪の中にしまっておきましょう。

 

【Asa】

ゆうしゅんPOG対象馬の新規馬名決定

「ゆうしゅんPOGノート選手権2011~2012」対象馬で競走馬登録された馬をお知らせいたします。

031番ディクシージャズの09→レッドヴォーグ(栗東・矢作芳人厩舎)

064番トウヨウテーストの09→ルクール(美浦・伊藤伸一厩舎)

103番マックスロゼの09→マックスロノ(美浦・高柳瑞樹厩舎)

110番トウカイパステルの09→トウカイプライド(栗東・田所秀孝厩舎)

114番マダニナの09→ヤマニンファラオ(栗東・河内洋厩舎)

137番エイシンサンサンの09→エーシングルーオン(栗東・坂口正則厩舎)

167番ベルクラシックの09→リアルクラシック(栗東・平田修厩舎)

185番ヴェルヴェットクイーンの09→カリズマ(栗東・中竹和也厩舎)

 

汚名返上に懸けた強い想い

昨日は東京競馬場ジャパンCを観戦・取材してきました。 

ジャパンC_ターフビジョン.JPG 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年一番の入場人員となる103,816人がいらっしゃった場内は、

お客様の熱気に包まれ、大変な盛り上がりをみせていました。

特に今年のジャパンCは凱旋門賞1・2着馬の参戦、

さらにヴィクトワールピサの復帰など、

戦前から話題の多かったことも盛り上がった一因でしたよね。

 

ジャパンC_デインドリーム.JPG

ジャパンC_シャレータ.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャパンC_ヴィクトワールピサ.JPG ジャパンC_ブエナビスタ.JPG 

 

 

 

 

 

 

 

 

結果はご存じの通りブエナビスタが勝利を収め、

見事、昨年の汚名を返上した形となりました。 


ジャパンC_レース後.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レース後の会見で                     

ジャパンC_松田博資調教師.JPG管理する松田博資調教師は        

「海外馬は分からないが、

天皇賞の結果から日本馬には

負ける気がしなかった」とおっしゃり、

昨年の降着について改めて尋ねられると、

「スミヨン(騎手)には悪いことをしたなと思う...」

と語ると涙ぐみ、言葉を詰まらせていました。


 

私が天皇賞・秋の前に松田調教師に栗東トレセンで

ブエナビスタについてお話を伺った際には、

「これだけの栄誉をもたらしてくれたんだから、

とにかく(この秋も)無事に走ってくれれば、それで十分」

と松田調教師は謙遜しておっしゃっていました。

しかし今回の会見から、松田調教師の心の中にあった悔しさと

今回のレースに懸けていた強い想いを感じ取ることができました。

 

ジャパンC_岩田康誠騎手.JPG

 

また鞍上の岩田康誠騎手も

「厩舎スタッフが頑張っていたので

強いブエナビスタを見せたかった」

とコメントされていました。


 

 

 

 

さてブエナビスタはこの後、暮れの大一番・有馬記念

三冠馬オルフェーヴルとの直接対決が待っています。

ブエナビスタはこのレースで現役引退のようですが、

最初で最後の対戦は一体どんなレースになるのか、

考えただけで今からワクワクしてきますね。

 

その有馬記念ですが、ファン投票はすでにお済でしょうか?

2011有馬記念ファン投票バナー01.png 

 

 

 

 

 

第1回の中間発表ではブエナビスタが1位で、

オルフェーヴルが2位になっていますね。

節電対策ECO家電セット有馬記念当日の

中山競馬場招待席ペアチケットなど豪華賞品が当たります。

締め切りは12月4日(日)までとなっていますので、

みなさま、お早めにご投票下さい。


【Maria】

 

ゆうしゅんPOGページにて、11月20日終了時点のポイントランキングと、

11月26、27日出走予定のPOG対象馬を更新しました。

詳細は下記のアドレスを参照ください。

http://www.prcenter.jp/yushun/pog/index.html#01

今日は『優駿』12月号の発売日!

 

シャレータとの再会を楽しみにしているYamaです。

実は凱旋門賞の生パドックでよく見えたのが彼女だったので、

ジャパンCでも注目してみようと思っています。

シャレータblog.jpg

決して女の子のお尻を狙って撮ったわけではありませんが、

手前の馬がシャレータです! 

 

 

さて、今日より『優駿』12月号が発売開始となりました。

本当にしつこいですが、特集は「オルフェーヴル 三冠達成の真実」と、

ジャパンC&ジャパンCダートの展望を含む「世界とつながる日本」。

そのジャパンCも金曜日発売していますので、

土日に馬券を買う時間がないという方、

ウインズ新橋ウインズ後楽園ウインズ難波ウインズ梅田の4ウインズへお急ぎください。

19時までです! 

 

 

それにしても見どころたっぷりのジャパンC

昨年までの30回では、日本馬が16勝、外国馬が14勝とわずかに日本馬が勝ち越していますが、

ほぼ互角ともいえます。

今年は凱旋門賞の1、2着馬が参戦してきましたし、

日本馬vs外国馬の推理を楽しむという意味では、実に興味深い一戦となりました。

 

競馬週刊誌の誌上パドックには外国馬の立ち写真は載っていなかったので、

日本馬限定という条件付きですが、

私にはヴィクトワールピサの馬体がよく見えます。

ドバイワールドC以来の実戦ながら、一流馬ならではの芸術品のような馬体はさすがです。

 

しかし、凱旋門賞の覇者とドバイワールドCの覇者の対決が日本で観戦できるなんて、

まるでFIFAクラブワールドカップ(旧トヨタカップ)みたいですね! 

 

 

<おまけ>

今週末から、2012年優駿卓上カレンダーが発売開始となります。

優駿カレンダーblog.jpg

卓上カレンダーは、オルフェーヴルの三冠達成を記念した「歴代三冠馬特集」です。

 

また、優駿フォトコレクションの新作も発売開始!

三冠馬オルフェーヴルの3種をはじめ、

カレンチャントランセンドトーセンジョーダンアヴェンチュラ各1種の計7種です。

こちらはターフィー通販クラブでお買い求めいただけます。

以上、『優駿』関連商品のご案内でした。

 

では、また。

【Yama】

ようこそジャパンCへ

  デインドリームとの再会を楽しみにしているTBTです。

 凱旋門賞では2頭の日本馬に目を向けていてほかの馬をよく見ていなかったので、

 今度はじっくりと外国馬たちを見ようと思っています。

 

 さて、『優駿』12月号の発売日が明日に迫りました。

 毎日のようにしつこいですが、特集は「オルフェーヴル 三冠達成の真実」と、

 ジャパンCの展望を含む「世界とつながる日本」。

 ジャパンCはすでに枠順が決まり、どんなレースが繰り広げられるのか期待が高まります。

 

 それにしてもジャパンCは見どころが盛りだくさんですね。

 同じ年のドバイワールドCと凱旋門賞の優勝馬が日本で対決するというだけですごいですし、

 しかもそのうちの1頭が日本馬!

 ヴィクトワールピサのドバイ制覇後の初レースでもあります。


 
 天皇賞・秋を驚異のレコードタイムで勝ったトーセンジョーダン、

 その天皇賞・秋、そして昨年の雪辱を期すブエナビスタにも当然注目が集まります。

 3歳馬としてただ一頭参戦するウインバリアシオンが古馬相手にどういう結果を残すのかも、

 このあとに待つオルフェーヴル対古馬を考えるうえで興味深いです。

 この豪華メンバーによるジャパンC、1番人気がどの馬になるかも気になるところ。

 国内ではデビュー以来19戦連続1番人気というブエナビスタの記録は、今回も続くのでしょうか。

 明日発売の『優駿』12月号を片手にレースを待ちましょう。

 


~おまけ(1)~

デインドリーム(凱旋門賞).JPG 凱旋門賞でのデインドリームです。
 写真は撮っていたものの、パドックでは小さい馬だなあぐらいの印象しか受けませんでした。
 一応、前日からの流れで多少は注目していたのですけど。

  

シャレータ(凱旋門賞).JPG こちらは凱旋門賞2着のシャレータ
 写真はありましたが、あまり印象に残っていないです。
 ほとんど注目していなかったもので...。

 

 ~おまけ(2)~

 有馬記念ファン投票の第1回中間結果が発表されました。
 三冠馬、ドバイワールドC優勝馬をおさえて1位になっているのはブエナビスタ。
 この様子だと、連続1番人気記録はジャパンCでも続く?

 ファン投票は12月4日(日)まで受け付けています。

  2011有馬記念ファン投票バナー02.pngのサムネール画像 【TBT】

今週はジャパンCです。

『優駿』12月号の発売が間近に迫ってまいりました。

25日(金)発売の最新号の特集は、三冠達成となったオルフェーヴルの菊花賞を詳報しています。

また、直前に迫ったジャパンCの展望をお届けいたします。

今回は展望記事以外にも、「世界と日本」をキーワードにした記事がたくさん入ってます。

こちらのほうも是非お楽しみにしてください。

ブログ用12月号表紙.jpg

表紙はもちろんオルフェーヴルの菊花賞です。

4コーナーを、楽な手応えで上がっていくところですね。

 

さて、そのジャパンCですが、天皇賞・秋の上位組、アルゼンチン共和国杯の上位組、

外国馬、そして、ドバイワールドC以来の出走となるヴィクトワールピサと、

国際レースの元祖であるジャパンCにふさわしいメンバー構成となりました。

相手関係もさることながら、各ステップレース分析も難解です。

今年の天皇賞・秋は"超"のつくハイペースでしたが、ジャパンCではおそらくそうはならないでしょう。

フランスのシャレータが逃げるのでしょうか? それともキングトップガン?

縦長のバラけた展開は考えづらいですね。

好位勢から私が注目しているのは、エイシンフラッシュです。

天皇賞・秋はあの"超"がつくハイペースを3番手につけて6着でした。

先行馬が総崩れした中で、エイシンフラッシュだけ最後まで粘りを見せたと思います。

昨年のダービー以来、タイトルから遠ざかっておりますが、

先週の"エイシン"&池添謙一騎手のコンビでございますので、勢いがあります。

 

【Asa】

ゆうしゅんPOG対象馬の新規馬名決定

「ゆうしゅんPOGノート選手権2011~2012」対象馬で競走馬登録された馬をお知らせいたします。

063番ティリオブストラッフォードの09→サラファン(美浦・大竹正博厩舎)

066番アナバシュドチャームの09→コウエイミラー(栗東・松元茂樹厩舎)

 

主役を宣言できるか

昨日はマイルチャンピオンシップの取材で

京都競馬場まで行ってきました。

マイルCS入場門.JPG 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レースは人気面から見ても混戦が予想されていましたが、

エイシンアポロンが粘るフィフスペトルとの競り合いを

クビ差制してGⅠ初制覇となりました。

マイルCSエイシンアポロン.JPG 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

元々、エイシンアポロンは

2009年朝日杯フューチュリティSでローズキングダムの2着、

2010年弥生賞でもヴィクトワールピサの2着という実績があった馬。

長期休養があったためにライバルたちからはキャリアで遅れをとってしまいましたが、

素質馬がここにきていよいよ軌道に乗ってきた印象があります。

ハイレベルな4歳世代にまた一頭、楽しみな馬が名乗りをあげました。


                     

マイルCS松永昌調教師.JPG管理する松永昌博調教師は 

転厩後3戦目にしての

GⅠタイトル奪取と

なりましたが、

「今後はマイル路線で

いきたい」とコメント。

 

 

 


マイルCS池添騎手.JPG 

鞍上の池添謙一騎手は

「以前よりも精神的に

大人になった」と

話されていました。


 

 

 

 

 

現在のマイル路線は絶対的な主役不在の状態。

エイシンアポロンがこの後どこまで実績を積み重ねていくのか、

楽しみに見守りたいと思います。

 

※おまけ①

ゆうしゅんPOGノート選手権2011-2012」にご参加のみなさん、

成績はいかがでしょうか。

今シーズンの1番人気937人もの方から指名を受けている

クランモンタナが昨日の京都競馬で、デビュー2戦目を迎えていました。

 

クランモンタナ.JPG 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レースでは直線よく粘っていましたが、ゴール前でハナ差交わされ、

惜しくも2着に終わりました。

しかし、クラシックまでにはまだ時間があります。

焦らずに信じて、じっくり応援していただきたいと思います。

 

※おまけ②

12月25日(日)に中山競馬場で行われる有馬記念ファン投票

今年もいよいよ始まりました。

節電対策ECO家電セットや有馬記念当日の中山競馬場招待席ペアチケットなど

豪華賞品が当たりますので、みなさまどしどしご投票下さい。


2011有馬記念ファン投票バナー02.png

 

 

 

 

 

 

なお11月22日(火)17:00頃~翌23日(祝・水)23:00頃まで、

JRAホームページがシステムメンテナンスのため

ご投票できませんので、お気をつけ下さい。

【Maria】

 

ライアンについて

 

先週末のエリザベス女王杯は、ライアン・ムーア騎手騎乗のスノーフェアリーが優勝。

ライアンといえば女優のメグ・ライアンを思い出すYamaです。

 

ムーアといえばロジャー・ムーア(3代目ジェームズ・ボンド)を思い出すことは

昨年のこの時期に当ブログで披露した通りですが、

今年も懲りずに同様の問い「ライアンといえば?」を編集部で投げかけてみたところ、

ダジャレの教室を担当しているイニシャルNからは「メジロライアンに決まってるでしょ!

という冷ややかな視線を浴びせられました。

 

ごもっとも!

 

たしかに競馬の世界でライアンといえば、メジロライアンの右に出るものはありません!

しかし、競馬にお詳しい『優駿』読者の皆さんに、

ここでメジロライアンのプロフィールを並べるのも何かが違うと思うので、

あえて"ロマンティック・コメディの女王"ことメグ・ライアンの話を続けます。

 

メグ・ライアンの代表作品といえば、

『恋人たちの予感』 『めぐり逢えたら』 『フレンチ・キス』 『ユー・ガット・メール』

などが挙げられますが、

『フレンチ・キス』で共演した俳優のジャン・レノが、

実写版ドラえもんCMでまさかのドラえもん役を演じていることが、

本日、テレビやネット上で大きな話題となっています。 

アンビリバボーなキャスティングに賛否両論あるようですが、

私は支持します!

   

すみません。

 

自分の中で俄かにドラえもんブームがきているもので、ついつい...(苦笑)。

そろそろ競馬の話をしましょう。

 

今週末はマイルチャンピオンシップが行われます。

 

海外からは、3年連続出走のサプレザと、

前々走のジャックルマロワ賞で名牝ゴルディコヴァを破ったイモータルヴァースが参戦!

両馬とも層の厚い欧州マイル戦線でトップクラスの馬ですから、

スノーフェアリーに引き続き、今週末も圧巻のパフォーマンスを見せてくれるかもしれません。

 

日本馬もGⅠホース4頭をはじめ、楽しみな馬たちが顔を揃えました。

某競馬週刊誌に載っていた立ち写真の雰囲気がよかったので、

私は安田記念の覇者リアルインパクトに注目しています。

あくまでも馬体の印象による個人の感想ではありますが、

史上初の3歳馬による古馬混合マイルGⅠ春秋制覇にも期待したいところです。

 

余談ですが、JRAのGⅠ新聞広告はいつもカッコいいなと思いませんか。

マイルチャンピオンシップの広告のキャッチコピーはコレ。

 

過ぎる時間か、過ごす時間か。

 

大事なのは過ごした時間の長さじゃなくて、その質!

まったくもって同感です。

 

 

<最新号のお知らせ>

11月25日発売の『優駿』12月号は、

オルフェーヴル 三冠達成の真実」と

世界とつながる日本」の二大特集をお届け!

とくに後者は、ジャパン・インターナショナルのこの時期にピッタリの企画です。

ぜひご一読ください。

『優駿』表紙_2011年12月号.jpg

表紙は三冠馬オルフェーヴル!

 

では、また。

【Yama】 

ゆうしゅんPOGページにて、11月13日終了時点のポイントランキングと、

11月19、20日出走予定のPOG対象馬を更新しました。

詳細は下記のアドレスを参照ください。

http://www.prcenter.jp/yushun/pog/index.html#01

来年も待ってま〜す。

 2012年が迫っていることにびっくりしているTBTです。

 12月号の編集作業が終わり次の準備に入っているのですが、

 次は「2012年1月号」。まだ冬支度もしていないというのに新春号。

 来年の話をしても鬼が笑ってくれない季節です。

 笑わせようと思ったことはないですけども。

 

 さて、先週のブログで「外国馬の走りに期待」と書いたら、スノーフェアリーがやってくれました。

 期待に違わぬどころか、期待以上の走りでしたね。

 このブログのエントリーを振り返ってみると、

 わたしは去年のエリザベス女王杯後のスノーフェアリーについてこんなことを書いていました。

 

   あの末脚にさらに磨きをかけて再来日してほしいものです。
   (あれに磨きがかかるとどうなるんでしょうか?)

 

 磨きがかかると、ああなるんですか。いやー、笑ってしまうほどすごかった。

 

 今週のマイルチャンピオンシップには、

 Asaがブログで紹介しているようにサプレザイモータルヴァースの2頭の外国馬が出走します。

 サプレザを管理するのはロドルフ・コレ調教師。

 イモータルヴァースはロベール・コレ調教師。

 コレコレ親子(ロベールが父)のワンツー・フィニッシュなんてこともあるんでしょうか。

 来週のジャパンCに向けては、

 凱旋門賞馬デインドリームをはじめとした外国馬たちも日本に到着したようで、

 国際色あふれる楽しみなレースが続きます。

 ジャパンCの展望は25日(金)発売の『優駿』12月号をどうぞ。

 レース2日前の発売なので、発売日に書店へ行かれることをオススメします。

 

 こうして「ジャパン・オータムインターナショナル」の

 外国馬に注目が集まるGⅠが続くなか、

 ふと来日馬たちのプロフィールを見ていて気がついたのは、

 ジャパンCに出走予定のミッションアプルーヴド(牡7歳)以外、

 みんな牝馬だということ(エリザベス女王杯出走馬は当然ですが)。

 日本馬では、先週のエリザベス女王杯で3着だったアパパネの香港遠征(香港マイル)が決まりました。

 同期の女友達(?)カレンチャン(香港スプリント)と一緒に香港へ渡るとのこと。

 人間の場合、「旅行が趣味」という人は女性に多い気がするのですけど、

 馬も牝馬のほうが遠征好き? そんなわけはないか。

 でも、スノーフェアリーが京都好きなのは間違いないと思います。

 今年もジャパンCは見送るとのことですが、来年も京都にやって来るのを待ちましょう。
 

 【TBT】

 

『優駿』12月号(11月25日発売)も、編集部での作業はすべて終了し、

あとは印刷され、製本され、納品されるのを待つばかりとなりました。

 

12月号のトップの記事は、オルフェーヴル三冠制覇を振り返る内容です。

その中で、池添謙一騎手のインタビューを担当しました。

皐月賞のあとは栗東トレセン付近で、ダービーのあとは東京の某スタジオの一室で、

菊花賞のあとは京都のホテルで、それぞれお話を伺いましたが、3度とも、とても楽しい取材となりました。

ビッグレースで勝利したあとに取材させていただくと、こちらまで嬉しくなってしまいます。

 

もちろんそれだけでなく、誌面では菊花賞全体を振り返る記事なども掲載しています。

三冠達成の真実がここに......。

12月号の発売をお楽しみに!

 

 

さて、今日は趣向を変えて、クイズなどの読者ハガキにある質問や要望について、いくつかお答えしようと思います。

 

・プレゼントの図書カードですが、表面にある「図書カード500円」という文字は要りません!

→これは、図書カードを作るときのルールですので、入れないといけないんです。

入れる際の文字の最小サイズの指定があるんですが、もちろん、最小にしています。

プラス、なるべく目立たないような色にするよう心がけています。

 

・読者ハガキはちゃんと目を通していますか?

→はい、もちろん。

そうか、そういう考え方もあるんだなぁ、と思わされるご意見もあります。

ハガキには、ぜひご意見やご感想、ご要望などを書いてください!

 

・写真が綺麗ですね。なんでですか?

→フリーランスのトップカメラマンさんにご協力いただいているからです。

『優駿』は、それら写真のクオリティが損なわれないよう、

グラビア印刷といって、写真などが綺麗に印刷される方式を採っています。

 

・オルフェーヴルは有馬記念で古馬に勝てますかね?

→こればっかりは、やってみないと......。

ただ、今年の有馬記念は、レースの発走直前までそれを考えるのが楽しいと思います。

個人的には、体調万全で出てくれば、必ずいい勝負をしてくれると思います。

 

・クイズ、もう少しやさしくしてください。

→がんばります。

 

・クイズ、もっと難しくしてください。

→がんばります。

 

・クイズ、今ぐらいの難易度でちょうどいいと思いますよ。

→ありがとうございます。とても嬉しいお言葉です。

 

【Kon】

今週はマイルチャンピオンシップです。

 

mashumaro①.JPG

女「いや~!あの馬めっちゃしろ~い!」

男「そやなぁ~。しろいなぁ~」

日曜日、京都競馬場6レースのパドックでは、こんな会話をたくさん耳にしました。

そうです。

先週のブログでも軽く触れましたが、白毛馬のマシュマロのデビュー戦があったのです。

画像をご覧いただければ分かるように、写真を撮るお客さんでにぎわっておりました。

mashumaro②.JPG

気のせいかもしれませんが、お客さんの近くを通っていただいていたような気がします。

厩務員さん達も、熱い視線がそそがれていると分かっているでしょうから、

表情を崩さずに歩くのは普段以上に神経を使ったのでは?

馬体も真っ白でしたので、手入れも大変だったと思います。

  mahumaro③.JPG

鞍上は川田将雅騎手。

お兄さんのホワイトベッセルの初勝利も川田騎手が騎乗してました。

mashumaro④.JPG

マシュマロの単勝オッズは直前まで1倍台だったのですが、結局3.6倍の2番人気でした。

でもレースのほうは、楽な手応えで抜け出すと、後続を放す一方。

場内の歓声も大きかったです。

レース後の川田騎手は、オーナーへの第一声が「かわいいですね」と笑顔を見せていました。

次走はどこになるか分かりませんが、姉ユキチャンのような活躍を見せてほしいですね。

 

さて、今週はマイルチャンピオンシップです。

スノーフェアリーに続いて、外国馬がここでも力を発揮するのでしょうか?

3年連続の出走となるフランスのサプレザは、

前走のサンチャリオットS(英GⅠ)をなんと3連覇しているんですね!

これも凄い記録です。

そのサプレザをジャックルマロワ賞で破っているのがイモタールヴァースなんです。

そこではゴルディコヴァも負かしているので、実力があることは確かです。

日本馬で、個人的に気になるのはシルポートです。

天皇賞・秋はあまりにも飛ばして逃げていたので、最後はバタバタになってしまいました。

今回は距離も短くなりますし、相性の良い京都コースです。

単騎で自分のペースをつかめれば、京都金杯、マイラーズCの再現ができるかもしれません。

 

【Asa】

ゆうしゅんPOG対象馬の新規馬名決定

「ゆうしゅんPOGノート選手権2011~2012」対象馬で競走馬登録された馬をお知らせいたします。

014番エヴリウィスパーの09→トーセンホマレボシ(栗東・池江泰寿厩舎)

068番ペトラの09→ミッキーシャイン(美浦・久保田貴士厩舎)

109番サンデーミッチーの09→ノボドリーム(栗東・松永昌博厩舎)

208番チアフルスマイルの09→インプロージョン(栗東・加用正厩舎)

 

世界の強さ、再び

昨日は京都競馬場でエリザベス女王杯が行われ、

スノーフェアリーがゴール前で差し切り、連覇を達成しました。

昨年勝った時もレースぶりは際立っていましたが、

今回も改めてその強さを実感させられましたね。

直線に向いた時、スノーフェアリーは先頭まで

まだかなりの距離を残す苦しい展開。

しかしそこから、今年も外には出さずにインコースから追い上げを図ると、

ゴール前でホエールキャプチャとアパパネの間を割って抜け出し、

アヴェンチュラの追い上げも封じて優勝しました。

とにかく馬群を割って先頭に出る時の迫力は、すさまじいものがありましたね。


残念ながらスノーフェアリーはこの後、

今年もジャパンCを回避して香港に回るようです。

日本のトップホース相手に、府中の舞台でどんな末脚を発揮するのか、

見たかったところですね。


さて、そのジャパンC展望を特集に盛り込んだ

『優駿』12月号の校了も大詰めを迎えています。

12月号の特集は「世界とつながる日本」と題して、

この他にも外国で活躍する日本人ホースマンの特集など、

様々な読み物をご用意しました。

さらに巻頭にはオルフェーヴルの三冠達成企画もあります。

見逃せない内容が盛りだくさんですので、

どうぞご期待下さい。


【Maria】

 

Back to the 2 minutes ago !


本日2011年11月11日は、1がたくさん並ぶ日。

せっかくだからと、

11年11月11日11時11分11秒にブログをアップしようと企んでみたはいいものの、

その時点ですでに11時13分だった"後の祭り"野郎ことYamaです。

 

悔しいですが、

どうしても2分前の世界に戻りたいと後悔するほどのことでもないので、

次なる目標、12年12月12日12時12分12秒に向けて、今からスタンバイしようと思います。

ただし、この日は水曜日! 担当はKon! 残念!

 

 

くだらない前振りはここまでとして、

2011年も残すところあと50日と迫った今日11月11日は、

『優駿』編集部にとって校了2日目。

過去にどんな出来事があったのか調べてみたら、

皇帝シンボリルドルフが無敗の三冠馬に輝いたのが、

今から27年前の1984年11月11日でした(菊花賞はその昔、11月に行われていたんです)。

 

そのシンボリルドルフについては、

現在発売中の『優駿』11月号に追悼特集を掲載していますので、

まだご覧になられていない方は、

全国の書店、JRA競馬場のターフィーショップ等でぜひお手にとってみてください。

 

そして現在校了中の12月号では、オルフェーヴルの三冠特集を担当しました。

これまで三冠馬はわずか7頭しか誕生していません。

つまり、平均すると10年に1頭の割合となるわけでして、

その滅多にお目にかかれない偉業達成の瞬間を、

様々な角度から振り返っていますので、お買い求めいただけたら幸いです。

11月25日の発売日が近づいてきたら、改めて紹介しようと思います。

校了作業を優先し、今日はこのへんで!

【Yama】

ゆうしゅんPOGページにて、11月6日終了時点のポイントランキングと、

11月12、13日出走予定のPOG対象馬を更新しました。

詳細は下記のアドレスを参照ください。

http://www.prcenter.jp/yushun/pog/index.html#01

 2週間ぶりのブログになりました、TBTです。

 先週11月3日は文化の日。

 文化的なことをしなくちゃなと、JBCを見に大井競馬場へ行っていました。

 競馬はこの世でもっとも文化的な娯楽のひとつですからね。
 

 

 さて、先週は中央のGⅠはお休みでしたが、今週から有馬記念まではノンストップの7週連続GⅠです。

 なかでも、今週のエリザベス女王杯、マイルチャンピオンシップ、ジャパンC、ジャパンCダートは、

 「ジャパン・オータムインターナショナル」というシリーズを成しています。

 シリーズ一発目のエリザベス女王杯には、昨年の優勝馬スノーフェアリーが出走。

 さらに、今年の英オークスとディアナ賞(独オークス)を制したダンシングレインもやって来ます。
 
 凱旋門賞や英・愛チャンピオンSなど一連の欧州ビッグレースを戦ったあと、

 当然のように連覇を目指して再来日するスノーフェアリー。

 かたや、8月7日のディアナ賞を制した時点で、

 秋の目標をエリザベス女王杯に定めたというダンシングレイン。

 次週のマイルチャンピオンシップに出走予定の外国馬もすでに来日していますし、

 一連の「ジャパン・オータムインターナショナル」は、

 世界の競馬カレンダーに組み込まれるようになってきたのでしょうか。

 

 そんな国際色豊なシーズンを迎えて制作している『優駿』12月号では、

 世界がテーマの特集を組んでいます。

 この企画に沿う流れができたらいいなと、今週は外国馬2頭の走りに期待しているのですが、

 迎え撃つ日本馬も錚々たる顔ぶれですね。

 内外合わせてオークス馬が5頭、その他にもGⅠ馬2頭。

 どんなレースが見られるか楽しみです。

 

 【TBT】

ビッグレースが目白押し

先週は、世界中が注目するレースがいくつか行われました。

 

パティナックファームクラシック(豪GⅠ、フレミントン競馬場、芝1200m)

→グローバルスプリントチャレンジの第8戦でもある同レースが11月5日に行われ、15戦無敗のブラックキャビアが出走しました。

果たして連勝を伸ばせるのか......というのがレース前に注目されていたわけですが、終わってみればまさに"杞憂"。

好スタートから先行し、勝負どころで他馬が必死に追い出しても、ブラックキャビアはほぼ持ったままで後続を引き離します。

最後は少し差を詰められましたが、最後まで鞍上は追っておらず、まったくの楽勝。

これはもう、次元の違う強さです!

来年はイギリスのロイヤルアスコットに遠征するプランもあるようですし、その動向はさらに注目を集めそうです。

 

メルボルンC(豪GⅠ、フレミントン競馬場、芝3200m)

メルボルン06.jpg

 

 

 

 

豪州最大のレースだけあって、かなり盛り上がります(写真は2006年のゴール前=デルタブルースとポップロックのワンツー)

 

 

 

 

→11月1日に、出走馬23頭を集め行われました。

近年、日本での18頭以下を見慣れているからか、23頭いるとすごくゴチャゴチャしているように感じます。

結論から言いますと、勝ったのはクリストフ・ルメール騎手騎乗のドゥナーデンでした。

ルメール騎手は、馬群の後方でしっかりと折り合いをつけ、直線でも焦ることなく徐々にギアを入れるなど、終始冷静にレースを進めました。

スムーズなレースを心がけたことで、最後の最後、大接戦の末にハナだけ前に出たんでしょう。

動画サイトなどで見られる方は、ぜひレースをご覧ください。

 

このレースについては、次号の『優駿』で詳報しますが、そこにはジョッキーたちのドラマが......。

こちらもぜひご一読いただければと思います。


ブリーダーズC(米・チャーチルダウンズ競馬場)

チャーチル.jpg

 

 

 

 

 

今年も去年と同じくチャーチルダウンズ競馬場で行われました(写真は去年のイメージ)。

 

 

 

 

→11月4、5日に今年もチャーチルダウンズ競馬場で行われたブリーダーズC。

何といっても注目はメインのクラシックですが、波乱の結果に終わりました。

こちらも次号で詳報しますので、ここでは詳細を避けますが、

去年、惜しくも2着に敗れたゼニヤッタと似たようなレースぶりでドロッセルマイヤーが勝利を収めたんです。

鞍上はマイク・スミス騎手――そう、ゼニヤッタのパートナーです。

いやいや、スミス騎手の胸の内を思うと、なんとも感慨深いではありませんか。

正直、今年は超大物不在の感は否めませんでしたが、終わってみれば今年も熱いレースだったと思います。

アメリカ競馬は底辺が広く層が厚いですし、毎年、いろんなドラマを見せてくれます。

 

ということで、上記レースの詳報もお楽しみに!

【Kon】

今週はエリザベス女王杯です。

レインダンスとダンシングレイン。

どこか似てませんか?

昨年の春先まで中央競馬に所属していたレインダンスと、

今週のエリザベス女王杯に出走予定のイギリス・ダンシングレインのことです。

レインダンスは、父がダンスインザダークで重賞勝ちはありませんでしたが、

2007年の秋華賞ではダイワスカーレット(1着)とウオッカ(3着)の間にいた馬です。

かたや英・独オークスを勝ったダンシングレインは、父デインヒルダンサー、母レインフラワーと、

父母それぞれの名前が与えられました。

ダンシングレインは英オークスを勝った時に、

このエリザベス女王杯が選択肢としてあがってきたそうです。

 

昨年の覇者スノーフェアリーは7月からすでに5戦を消化、

勝ち切れないレースが続いていて、臨戦過程が気になります。

それとアパパネですよね。前走は一体どうしたのでしょう?

休み明けは勝っていないとはいえ、負けすぎ(14着)なのが気がかりです。

個人的には、ここまできたのですから牝馬GⅠを完全制覇してほしいという気持ちがあります。

 

またエリザベス女王杯当日は、アパパネと同じ勝負服の白毛馬、マシュマロが出走予定です。

昨年末に引退した、あのユキチャンの全弟になります。

目のまわりにほくろがあるところは、ユキチャンに似ているような気もします。

こちらも注目の一戦です。

先週デビューした同じ2歳の栗毛馬マロンクンと、一緒に走ってほしいですね。

 

【Asa】

ゆうしゅんPOG対象馬の新規馬名決定

「ゆうしゅんPOGノート選手権2011~2012」対象馬で競走馬登録された馬をお知らせいたします。

012番マンデラの09→ワールドエース(栗東・池江泰寿厩舎)

055番シルバーコーストの09→ピースオブアイ(美浦・手塚貴久厩舎)

168番オカノハーモニーの09→フェアブレシア(美浦・斎藤誠厩舎)

 

次の夢舞台

昨日は京都競馬場でみやこSが行われ、

エスポワールシチーが貫録の勝利を収めました。

エスポワールシチーは昨秋、アメリカ・ブリーダーズCクラシックに挑戦して以降、

今年3月に名古屋大賞典での勝ち星はあったものの、

今一つ本調子には戻りきれていないように見受けられました。

しかし前走のマイルチャンピオンシップ南部杯では見せ場十分のレース。

さらに今回の完勝劇によって、先日のJBCクラシックで1・2着を

果たしたスマートファルコントランセンドとの再戦が

非常に楽しみになってきました。

3頭ともに先行脚質だけに、どんなレース展開になるんでしょうか。

馬券面でも二強による"ガチンコ対決"よりも、夢の"三強対決"の方が

期待値は大きいですよね。


ところでみなさん、最近のWIN5の成績はいかがでしょうか。

先週は5レース中4レース1番人気馬が勝利し、

WIN5開始以来の最低配当となる1万3720円という払戻金でした。

先週で"WIN5・初当たり"という方もいらっしゃったと思います。

的中していても最高配当の2億円と比べると

安いな~」と感じたかもしれませんが、

とにかく参加しないことには夢馬券にはたどり着けませんから、

引き続き頑張っていきましょう。


最後に、昨日東京競馬場で行われた、子供たちによるポニー競馬

ジョッキーベイビーズ」はご覧になられましたでしょうか。

今年で第3回とすっかり定着した感もありますが、

子供たちの緊張した面持ちとひたむきな姿、最高の笑顔と悔し涙は、

私自身どこかに忘れてきたものを思い出させてくれました。

全国の予選会を含め、参加されたみなさん、おつかれさまでした。

そして次の夢に向かって、この気持ちを忘れずに頑張って下さい。


ジョッキーベイビーズ・タイトル.JPG

ジョッキーベイビーズ・優勝者.JPG【Maria】

 

競馬と出会えてよかったなと感じ入る瞬間

 

「今年も残すところあとわずか!」ということを伝えたくて、

『日経トレンディ』12月号の恒例企画「2011年のヒット商品ベスト30」を

2年連続で引用してしまったYamaです。

 

 1位 スマートフォン
 2位 Facebook
 3位 "節電"扇風機
 4位 GOPAN
 5位 日清カップヌードルごはん
 6位 ミラ イース &デミオ 13-スカイアクティブ
 7位 マッコリ
 8位 だれとでも定額
 9位 ロキソニンS
10位 仮面ライダーオーズ 変身ベルト DXオーズドライバー

 

ブログが長すぎるとの声もあるので、今回は10位までにとどめました。

私自身、この中ではスマートフォン以外に縁がないのでよくわかりませんが、

こういったものが発表されるということは、

世の中の大きな流れとしてはもう年末モードに突入しているということ。

一方、競馬はこれからがクライマックスですから、1年間を振り返るにはまだ早すぎます!

 

そこで、ここでは先々週先週について振り返ってみます。

皆さんご存じの通り、先々週はオルフェーヴルの三冠達成に、

先週は豪華メンバーの天皇賞・秋にそれぞれ沸きました。

運よくどちらのレースも現地で観戦できたので、当日の様子を写真で紹介します。


京都パドック.JPG

2011.10.23 京都競馬場(菊花賞のパドック) 

東京スタンド.JPG

2011.10.30 東京競馬場(天皇賞・秋の発走直前)

 

ご覧の通り、すごい混雑ぶりですよね?

実際、レース終了後の街もかなり賑わっていて、

京都、府中ともにお目当ての店は満席で、すぐには入れませんでした!

 

話を少し戻します。

私が"競馬と出会えてよかったな"と感じ入るのは、

競馬場でGⅠファンファーレの演奏を迎えた瞬間です。

賛否両論あるでしょうが、あの一体感、たまりません! 

 

世の中が便利になりすぎて競馬場から足が遠のいている皆さんも、

たまにはライヴ観戦されてみてはいかがでしょうか?

やっぱり現場は楽しいですよ!

では、また。

【Yama】

ゆうしゅんPOGページにて、10月30日終了時点のポイントランキングと、

11月5、6日出走予定のPOG対象馬を更新しました。

詳細は下記のアドレスを参照ください。

http://www.prcenter.jp/yushun/pog/index.html#01

「青い衝撃」と「ニッポン、馬!馬!馬!」

明日11月3日(木・祝)は、「イベントの日」と言ってもいいでしょう。

 

http://www.mod.go.jp/asdf/iruma/kouhou/231007/index.html

これ、本気と書いてマジでオススメです。

 

あれは今から7、8年ぐらい前のこと。

当時の『優駿』編集長「Mr.F」から、イベントの招待券をもらったんです。

飛行機や戦艦といった系統には疎いので、正直、どこまで楽しめるかわかりませんでしたが、

終了後に青梅に住んでいる友人に会う約束をしたりして、勇躍、入間基地内へと乗り込んだんです。

すると、まさに「お祭り!」という感じで、かなり活気があって楽しい雰囲気。

まずは出店で買ったものを飲んで食って......なんてのは"おあそび"みたいなもの。

メインイベント(?)の、航空自衛隊によるブルーインパルスの航空ショーは、まさに圧巻!!!

そもそも鉄のカタマリが空を飛ぶこと自体凄いですが、それが何機も隊列を組んで自由自在に飛び回る......。

一緒に行ったYamaと、「おおっ~!」「きた~っ!!」「これはすごい!!!」と大騒ぎでした。

この迫力は、生で見ないと分からないと思いますので、ぜひ足を運んでみてください。

ブルーインパルス.JPG 

 

 

 

ちなみにこれは、そのときにもらったブルーインパルスのネクタイ。

"ここぞ!"というときのために、会社の机の中に仕舞っています。

私がこのネクタイを締めているのを見かけたら、「今日はいつになく気合が入っているな」とご判断いただいてかまいません。

 

 

 

 

 

 

 

もちろん夜は、大井競馬場で行われる「JBC」です。

http://www.keiba.go.jp/jbc2011/

いまオッズを確認したところ、トランセンドスマートファルコンの馬連複はなんと1.0倍!

やはり2頭の人気が抜けていますね。

スタートからゴールまで、2000m途切れることなくガリガリと競り合うようなレースが見られれば幸せです。

 

JBCレディスクラシックは18時40分、JBCスプリントは19時25分、

メインのJBCクラシックは20時10分、それぞれ発走予定となっています。

なお、入間基地(稲荷山公園駅)から競馬場(大井競馬場前駅)へは、

乗り換え時間も含めて電車で1時間半ぐらいのようですよ。

【Kon】

木曜日はJBCです。

今週の木曜日、文化の日は大井競馬場でJBCが開催されます。

今年から牝馬限定のレースも組まれ、3つのビッグレースがたてつづけに行われます。

ここで私が勝手に、見解をまとめてみたいと思います。

 

<JBCレディスクラシック>

前哨戦・レディスプレリュードの上位馬、ミラクルレジェンドとラヴェリータに人気が集中しそうです。

前走もその組み合わせで馬連は230円。今回のオッズがどれだけつくのか注目です。

この2頭に割り込めそうな気がするのは、

1600万条件を勝ち上がったばかりのパールシャドウとウェディングフジコかなと思っていますが、

上位2頭の力は抜きん出ていると思います。

 

<JBCスプリント>

こちらは混戦模様な感じがします。

前年の覇者サマーウインドは休養明け初戦というのが気になりますし、

東京盃も勝ったスーニは強いと思いますが、内がうまく空いたという印象もあります。

セレスハントは、同条件の東京スプリントの覇者ですので、面白そうな存在かと。

また、セイクリムズンは前走1番人気で4着に敗れてますが、

それだけで評価を落とすのは早計だと思います。

 

<JBCクラシック>

7枠に入ったトランセンド、スマートファルコンのマッチレースになるのでは、

いや、なってほしいと期待しております。

 

レディクラシックは18時40分、スプリントは19時25分、クラシックは20時10分と、

ナイター競馬ですのでじっくり検討できますね。

 

【Asa】

ページ上部へ