ページの先頭です

ゆうしゅんPOGページにて、4月24日終了時点のポイントランキングと、

4月30日、5月1日出走予定のPOG対象馬を更新しました。

詳細は下記のアドレスを参照ください。

http://www.prcenter.jp/yushun/pog/index.html#01

近くて遠くない中国

今年も"中国取材"に行ってきました。

いやー上海は凄いですね。

というのはウソで、中華人民共和国ではなく、ジャパンの"中国地方"。

そう、この時期恒例の、鳥取の大山ヒルズと岡山の栄進牧場2歳馬を取材してきました。

 

先週の木曜に大山ヒルズ、金曜日に栄進牧場の予定でした。

初日は天気もよく無事に終了しましたが、翌日は朝から雨模様。

15時取材予定でしたが、11時過ぎに栄進牧場さんから「今日は無理ですね」とお電話をいただき、その時点で中止が決まりました。

幸い、翌土曜日の午後は晴れそうでしたので、取材自体はスライドしていただきました。

 

そうなると、金曜は時間があいちゃうじゃないですか。

宿泊は米子だったので、時間をつぶすには境港しかないわけです。

そういえば、「水木しげるロード」なるものがあったような...。

そもそも米子空港は「米子鬼太郎空港」という愛称が正式採用されていますので、

せっかくだから覗いてみたほうがいいですよね、一応!?

 

とはいえ。

正直に言います。

行く前はまったく期待していませんでした。

まさに"時間つぶし"程度に思っていました。

が、行ってみると、本気で楽しい!

境港駅前から本町アーケードの約800㍍(徒歩約15分)に、全部で139体の妖怪達が生息(?)しています。

鬼太郎本物.JPG

 

 

 

げげげっ!

本物の鬼太郎がいました!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鬼太郎像.JPG 

 

こちらは鬼太郎と目玉のおやじのブロンズ像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小僧.JPG

 

 

 

鬼太郎のしょんべん小僧

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポスト.JPG

 

 

 

ポストの上にも鬼太郎が...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

塗り壁.JPG

 

 

 

 

 

 

ぬ、ぬ、ぬ、ぬりかべ!

 

 

 

 

 

 

 

ということで、近くに行かれた際には、ぜひ足を伸ばしてみてください。

羽田から米子までは飛行機で1時間半もかかりませんので、

興味を持たれた方は、これ目当てで行ってもよいかと思います。

後悔はさせません。たぶん。

http://www.sakaiminato.net/site2/page/guide/point/miru/mizuki/mizuki/

 

※2歳馬ファンのみなさん、こんな内容ですみません。

肝腎の大山ヒルズ&栄進牧場については、来週以降に触れたいと思います。

ちゃんと取材もしてきましたので。

【Kon】

 

5月1日の天皇賞・春は4歳馬が席巻するという前評判ですが、

特別登録を見ると、4歳馬は24頭中、12頭もエントリーしています。

取捨選択が難しいですね。

過去の歴史を見ると、割と上位人気で決着することが多いのですが、

2000年以降は人気薄が台頭するケースが目立っています。

 

そしてなにより気になるのが外国馬、ジェントゥーの存在です。

日本がこういう状況の中で、遠征してきたのは素晴らしいことだと思いますし、

それだけ勝負になるという手応えが、陣営にあるのではないでしょうか。

良馬場でのスピード勝負に対応できるのか未知数なところはありますが、

GⅠ2勝しているのはこの馬だけですし、格の違いをみせつけるかもしれません。

ジェントゥーの様子は、JRAホームページ内のJRAニュースで見ることができます。

 

【Asa】

『優駿』5月号発売!

昨日は東京競馬場皐月賞が行われました。

ゴール板.JPGのサムネール画像          

 

天候にも恵まれ、

久しぶりの関東圏での

競馬開催を待ちわびた

多くのファンで

賑わいました。

 

 

 

 

 

 

皐月賞の結果はご存じの通り、オルフェーヴルが優勝しました。

ターフビジョン.JPGのサムネール画像

 

 

オルフェーヴルは

ゆうしゅんPOG

対象馬で、

450名もの方が

指名されていました。

おめでとうございます。

 

 

 

 

       

   池江泰寿調教師は「この血統の馬で東京競馬場の芝2000㍍のGⅠを

勝てたことがうれしい」と仰っていました。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

池添謙一騎手は「相当な潜在能力がある。折り合えれば、

(日本ダービーで)あと400㍍伸びても大丈夫」とコメントされていました。

  池添謙一J.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なお最終レース終了後には東日本大震災被災地支援活動の一環として、

ジョッキーによる募金活動が行われていました。

      騎手募金活動.JPG

 

多くの善意が

寄せられたようで、

大変嬉しく

思いました。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また昨日より発売されましたWIN5

みなさんの成績はいかがだったでしょうか?

各レースで勝った馬の単勝人気順を見ていくと

京都10R 番人気 (350円)

東京10R 番人気 (610円)

新潟11R 番人気 (550円)

京都11R 番人気 (510円)

東京11R 番人気(1080円)

これだけ見ていると81万円だった配当も

ゲットできそうな気もしますが、実際は...

 


さて本日は『優駿5月号の発売日です。


『優駿』表紙_2011年5月号.jpegのサムネール画像

 

メイン特集は先日行われた

ドバイワールドC詳報」で、

内容は先日Yamaが

申し上げた通りですが、

その他にも「WIN5攻略法」など

大変充実した1冊となっておりますので、

ぜひお手に取ってみて下さい。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 【Maria】

 

4月25日は『優駿』5月号の発売日です!

 

お久しぶりです、

7週間ぶりのYamaです。

 

あの日を境に休止していた編集部ブログですが、本日より再開しました。

月曜日→Maria
火曜日→Asa
水曜日→Kon
木曜日→TBT
金曜日→Yama

編集部員5名、今後は通常通り上記の曜日担当で更新していきます。

 

再開するにあたってさまざまな思いはありますが、

当ブログは、皆さんに競馬や編集部の雰囲気を楽しんでいただくことを目的としていますので、

以前と変わらぬノリで展開しようと思っています。

どうか不快に思われませんように...。

 

来週月曜日は優駿5月号の発売日ということもあり、

本日は内容をご紹介します。

こちらが表紙。

『優駿』表紙_2011年5月号.jpeg

当初の予定を大幅に変更して、

ヴィクトワールピサが優勝したドバイワールドCの大特集を組んでいます。

タイトルが野暮ったいですか?

もしそう思われたとしてもそれはタイトルだけですから、ご安心ください。

写真の美しさが売りの『優駿』、誌面は感動的なシーンのオンパレードです。

 

例えば、このページ。

デムーロ.jpg

喪章に祈りを込めるデムーロ騎手。

 

また、現地で取材した軍土門隼夫さんのリポートも涙なしでは読めません(実際、私がそうでした)。

さらに、DVDにはドバイワールドCのレース映像も収録しており、

あの感動を何かのカタチで残しておきたいという方にはオススメの一冊となっています。

 

[2号連続特集]2歳馬情報Part1も見逃せない人気企画。

社台ファーム、ノーザンファームほか育成牧場別注目馬122頭を紹介していますので、

こちらもどうぞお楽しみに!

 

しかし、私がいくらここでアピールしたところでうまく伝わらない部分もあると思います。

"百聞は一見に如かず"と言いますから、

競馬場内のショップや全国の書店でぜひ一度お手にとっていただけたら幸いです。

きっとこのブログの内容に嘘偽りのないことがおわかりいただけるはず。

 

再開初日ですし、今日はここまでにしておきます。

では、また。

【Yama】

ゆうしゅんPOGページにて、4月17日終了時点のポイントランキングと、

4月23、24日出走予定のPOG対象馬を更新しました。

詳細は下記のアドレスを参照ください。

http://www.prcenter.jp/yushun/pog/index.html#01

ゆうしゅんPOGページにて、4月3日終了時点のポイントランキングと、

4月9、10日出走予定のPOG対象馬を更新しました。

詳細は下記のアドレスを参照ください。

http://www.prcenter.jp/yushun/pog/index.html#01

ゆうしゅんPOGページにて、3月27日終了時点のポイントランキングと、

4月2、3日出走予定のPOG対象馬を更新しました。

詳細は下記のアドレスを参照ください。

http://www.prcenter.jp/yushun/pog/index.html#01

ページ上部へ